シュラヴァナ月のシヴァラートリー

シヴァ神を礼拝する重要なひと月であるシュラヴァナ月が続いています。シュラヴァナ月のシヴァラートリーは、シヴァ神を礼拝するこの上ない吉祥な時です。2017は7月22日です(インドでは21日となります)。シュラヴァナ月のシヴァラートリーには、ガンジス川の聖水を用いたシヴァリンガムへのアビュシェーカが欠かせません。

このシュラヴァナ月に盛んになる巡礼に、カーンワル・ヤートラーがあります。カーンワルと呼ばれる水壺のついた天秤棒を担いでガンジス川流域へ赴き、ガンジス川の聖水を水壺に入れ、故郷へと戻る巡礼です。ガンジス河流域は、サフラン色の装束を身にまとい、天秤棒を担いで歩く巡礼者の熱気に包まれます。

首都のデリー近郊から聖地のハリドワールまで、巡礼者のために道路が規制される地域もあります。決して地面につけてはならないとされる天秤棒を下げるための柵もあちこちに設けられます。全行程を裸足で行う巡礼者も多く、とても過酷な歩みであっても、ガンジス河の聖水を自分の生まれた町へと持ち帰る重要な役割であり、巡礼者に選ばれることはとても名誉なことだと言われています。

皆様もどうぞ神聖なシヴァラートリーをお迎えください。

参照:http://www.drikpanchang.com/festivals/sawan/sawan-shivaratri-date-time.html?l=11960&year=2017