スピリチュアルインド雑貨SitaRama

雑記帳

ナヴァラートリ祭

本日9月30日から10月8日まで、ナヴァラートリ祭が行われます。
ナヴァラートリ祭は、季節の変わり目に年に2回行われる、女神をお祝いするお祭りです。
もとは収穫祭の意味もあったようですが、絶え間なく恵みを与える太陽に、生命を育む水や大地に、その他の自然のすべてに感謝するため、シャクティに象徴されるエネルギーを司る女神が礼拝されます。
ナヴァラートリの9日間は、ドゥルガー(カーリー)、ラクシュミー、サラスワティーの3女神を3日間にわたって礼拝します。
・1日目〜3日目
自身の内面に潜む欠点や悪い習慣、想いなどを打ち壊すために破壊の女神であるドゥルガーが礼拝されます。
・4日目〜6日目
ドゥルガーの礼拝によって内外両面のさまざまな悪を打ち払ったあとは、精神的・物質的に豊かな恵みをもたらすためのラクシュミー女神が礼拝されます。
・7日目〜9日目
技能や能力、知識を身につけ、社会に立派に貢献できるよう、サラスワティー女神が礼拝されます。
そしてナヴァラートリの10日目にあたる日は、ダシャラー祭とよばれるお祭りが行われます。ダシャラーは、ラーマ王子がラーヴァナという悪魔を倒した吉日とされています。
このナヴァラートリの期間は、夏から冬への移行期間であり、自然界も少しずつ冬支度を始めてきます。年々繰り返される自然のサイクルに従って、わたしたちも冬支度を始めると共に、内面にたまった垢や汚れもこの時期に整理するとよいでしょう。
きっと健康で心健やかな日々が送れることと思います。
参照:
ナヴァラートリ祭, https://blog.sitarama.jp/?eid=119359
ナヴァラートリ, https://blog.sitarama.jp/?eid=309298

コメント

この記事へのコメントはありません。

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3

RECOMMEND

RELATED

PAGE TOP