スタッフ日記:第16回アンナダーナ終了しました!

第16回アンナダーナにお気持ちを寄せていただきました皆さま、本当にありがとうございます。今回は寺院にて、滞りなく無事に終えることができました。

北インドはまだまだ暑い日が続いていますが、酷暑期と雨季を終え、朝晩は少し穏やかな気候となっています。今回は朝から順調に準備が始まり、11時頃には配り始めることができました。12時半過ぎには半日の学校を終え、お腹を空かせた子どもたちがたくさん集まり、急に賑やかになりました。学校へ行く前から、いつものギーを使った美味しい食事の準備が始まっていることに気づき、心待ちにしている子どもたちも多かったようです。

その他、寺院での実施には、地方から働きに来ている労働者の方々や、近くの貧しいコミュニティの方々、ご近所の方々など、幅広い層の人々に食事を配ることができます。始めた当初は、アンナダーナの案内の掲示を出した方が良いかも、と話をしていましたが、美味しい香りが漂い、準備の段階から待っていて下さる方達も多く、今回も1000食分以上を準備し、14時半頃には全て配り終えることができました。

今回のアンナダーナは、先祖供養の期間であるピトリ・パクシャ中の実施でした。インドでは食事の施しがあちこちで日常的に行われていますが、この期間中の食事の施しは特に重要とされ、実施される場所も多くなります。こうした行いを通じては、人と人との繋がりやその中に感じる喜びを通じて、心が温まる瞬間がとても多くあります。豊かさとは、どれだけ多くを所持しているかではないということをその度に教えられますが、こうした機会が日常的にあるインドの文化には、いつも多くを気づかされています。

皆様の温かいお気持ち、改めまして心より御礼申し上げます。こうした機会があることにまず感謝をし、一人でも多くの方の心が温かくなり、社会に平和が行き渡りますよう心から願っています。

次回は、孤児院でのアンナダーナを予定しています。次回も温かいご協力のほど、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

アンナダーナを通じ、皆様にも大きな恩寵がありますように。

(スタッフ:ひるま)