シーズインディア支援事業より、クリスマスのご挨拶

シーズインディア支援事業へご協力をいただいております皆様、温かいご支援をいただき誠にありがとうございます。
シーズインディアより、クリスマスのご挨拶が届きました。
今年は、豪雨災害後に蘇った田んぼの写真が添えられていましたので、掲載をさせていただきます。

8月に起きた豪雨災害後、農地は瓦礫や割れたガラス、プラスチック片などが溢れ、土壌もひどく汚染されていました。

女性8人で結成されたチームでの作業によって、現在は稲作が出来るまでに蘇りました。
2月過ぎには始まる夏の間に、雨水をうまく利用できるよう、用水路も作っています。

お米を主食としているケーララ州は、絵になるような田んぼが広がり、とても自然の美しいところです。
復興には長い時間がかかりますが、こうして母なる自然をいたわることから歩みを進めています。
田んぼが広がる美しい自然の中で暮らす子どもたちの姿も、再び見られるかもしれません。

シーズインディアのあるケーララ州は、今年は豪雨災害に見舞われ、厳しく大変な一年となりました。
しかし、皆様の温かいご支援に支えられ、より良い社会のために歩みを進めています。
現地より、皆様への心からの感謝と、皆様の新しい一年が幸せに満ちるよう、祈りをお預かりしております。

いつも温かいご支援を頂き、改めまして心より御礼申し上げます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。