スピリチュアルインド雑貨SitaRama

アンナダーナ活動報告

アンナダーナ・プロジェクト(食事の奉仕)活動報告(その10)

アンナダーナ・プロジェクト(食事の奉仕)にご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

今週の食事の奉仕は、1月31日に500皿(第10回目)を配ることができました。
メニューはダール・チャーワル(豆のカレーとご飯、1皿45ルピー)です。
奉仕は引き続き、経済的に困窮する人々が暮らす地域を中心に、車両で移動しながら行っています。

奉仕を行う首都のデリーでは、一時期の厳しい寒さが和らぎ、少しずつ春が近づいています。
新型コロナウイルスの感染状況も安定しており、暑い夏が始まるまでの束の間の過ごしやすい時を迎えています。

状況は落ち着いていますが、経済的に困窮する家庭は物価高によって困難な生活が続いています。
2022年は、インド中央銀行の許容範囲とされる7%を上回るインフレ率が続き、困窮する家庭にとってはとりわけ厳しい状況が続いていました。
2023年は5%台と予測されており、物価の上昇は落ち着くように見えますが、生活必需品の価格は高止まりしたままで、人々の生活を苦しめています。
例えば、インドでは欠かすことのできない乳製品は特に高騰が続いており、2022年の3月から12月の間に、牛乳は一部の製品において1リットルあたり57ルピーから67ルピー(約90円から約106円)に上昇しました。
大家族で暮らし、稼いだ日銭でその日をやっと過ごす人々にとっては、1ルピーの上昇でも大きな負担になることから、日々の生活に大きな影響が生じています。

食事の奉仕は週に1度の実施になりますが、生活の再建に励む現在、途切れることのない皆様の温かいお気持ちは、こうした日々に大きな力を与えてくれることと思います。
お互いを思い合う豊かな精神からは、社会にも明るいエネルギーがもたらされるはずです。
皆様のお気持ちとともに、今後も積極的に、こうした前向きな活動に力を注いでいきたいと思います。

いつも温かいご協力をいただき、誠にありがとうございます。
次回の奉仕後、改めて、ご報告をさせていただきます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

コメント

この記事へのコメントはありません。

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3

RECOMMEND

RELATED

PAGE TOP