スピリチュアルインド雑貨SitaRama

フェスティバル

ビーシュマ・アシュタミー2024:英雄ビーシュマの教え

ビーシュマ・アシュタミーの意義

2024年2月17日は、ビーシュマ・アシュタミーの吉日です。
ビーシュマ・アシュタミーは、毎年、マーガ月(1月~2月)のシュクラ・パクシャ(新月から満月へ向かう半月)の8日目に祝われます。
この日は、古代インドの叙事詩「マハーバーラタ」において重要な役割を果たす英雄、ビーシュマを称える特別な日として知られています。
ビーシュマはその卓越した戦士としての勇気と、高潔な道徳観で尊敬を集める存在です。

英雄ビーシュマの最期

ビーシュマの最期は、その忠誠心と禁欲の生涯を象徴しています。
戦いで深刻な傷を負った後、ビーシュマはウッタラーヤナ、すなわち太陽が北に向かう時期が訪れるまで、矢でできた臥床の上でその時を待ちました。
ビーシュマが死の時を自ら選べたのは、生涯を通じて守った禁欲と忠誠の結果、父から与えられた特別な恩恵によるものです。

ウッタラーヤナと解脱の教え

ウッタラーヤナは、マカラ・サンクラーンティ後、太陽が北方へ回帰を始める時期を指します。
インドの伝統では、ウッタラーヤナに肉体を離れることが、魂の究極の成就へと繋がる重要なステップとされています。
この信念は、「バガヴァッド・ギーター」にも反映されており、特に第8章第24節で、ウッタラーヤナの期間中に逝去する者は究極の解脱、すなわちブラフマンに至ると述べられています。

現代におけるビーシュマ・アシュタミーの意義

ビーシュマ・アシュタミーは、ビーシュマの忠誠心と生涯を通じた禁欲の精神を称える日として、今日でも多くの人々に崇められています。
この吉日は、ビーシュマの英雄的な忍耐と犠牲の価値を現代に伝えることで、古代の伝統を今につなげる重要な役割を果たしています。
それは、現代の私たちにとっても、目標に向かって進む際の道徳的指針となり得ます。
ビーシュマ・アシュタミーは、ウッタラーヤナの精神的な意義を伝えるとともに、私たちの人生における義務と忠誠の重要性を思い出させ、内なる成長と高次の目的への道を模索する機会を与えてくれています。

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3

RECOMMEND

RELATED

PAGE TOP