バイラヴァ・ガーヤトリー・マントラ


・ॐ क्षेत्रपालाय विद्महे तीक्ष्णदंष्ट्राय धीमहि ।
तन्नो भैरव प्रचोदयात्‌ ॥
・om kṣetrapālāya vidmahe tīkṣṇadaṁṣṭrāya dhīmahi |
tanno bhairava pracodayāt ||

・オーム クシェートラパーラーヤ ヴィッドゥマヘー ティークシュナダンシュトラーヤ ディーマヒ
タンノー バイラヴァ プラチョーダヤートゥ
・意味:我らが地を守る方(クシェートラパーラ)を知り、鋭い歯をもつ方(ティークシュナダンシュトラ)を瞑想できるように
バイラヴァよ、我らを導き給え

バイラヴァ神は、シヴァ神の化身した恐ろしい姿として知られています。
欲望にまみれ驕り高ぶった態度を見せたブラフマー神を罰するために、シヴァ神はバイラヴァ神の姿となり、5つあったブラフマー神の頭を切り落とし苦行を行いました。
それ故、ブラフマー神の頭は4つとなり、一方バイラヴァ神は切り落としたブラフマーの頭を持った姿で描かれます。
シヴァ神のもっとも恐れられる姿にも関わらず、バイラヴァ神への礼拝は限りのない保護と繁栄を授けると伝えられます。
それは、私たちの欲望という最も恐ろしい敵を倒すとともに、優れた精神力を授けてくれるからだと信じられています。