ヤジニャの素晴らしさ

Brahmin reading hindu mantra in Nepal

インドのヒンドゥー文化ににおける、いわゆる精神世界の中心技法は、ヨーガではなく、ヴェーダやそのマントラ使った儀式(ヤジニャ、つまりプージャーやホーマなど)になると考えられます。
ヨーガは、世界的には有名ですが、インドでこれほどまでに市民権を得たのは割と最近のことです。
ヴェーダとヨーガの関係性は、以前書かせていただいたように、日本における剣道と空手の関係性に良く似ているのかもしれません。日本の武道の中心技法は、歴史的にみて剣道に受けつがれていると言っていいと思いますが、世界的には空手の方がはるかに有名です。
しばらくコラムに書くかどうかをためらっていた話なのですが、実は先日、数年前にインド占星術の鑑定させていただいた方の訃報をお聞きしました。
お会いしたのはその1度だけだったのですが、まだお若い方でした。自分が接したことのある方の訃報は本当に残念でなりません。心からご冥福を祈らせていただきました。
実はこの方のホロスコープには、かなり良くない星の配置があったため、あるヤジニャをお勧めしたのですが、結果的におやりにならなかったそうです(もちろん、いろいろ事情があったのだと思います)。
でも、もしヤジニャをやられていたら、違う結果につながった可能性がおおいにあったと思います。もちろんヤジニャをやったから絶対大丈夫、などと言うことは申し上げられません。
しかしながら、そのような星からのエネルギーを増大させるサポートを得て、生命力を開花させたなら、もしかしたら結果が変わったかもしれません。
ヤジニャにはそのように定められた運命を自然の法則に逆らうことなく、変えることができる可能性があるのです。
それ(ヤジニャ)はインドの悠久の歴史の中で中心的な役割を果たしてきたものなのです。
そして、この技法が仏教を通じて日本にも伝わってからも長い年月が流れました。
ここ現代の日本でも、ヤジニャに流れを汲む護摩は盛んに行われていますし、皇族の儀式にもその影響がみられると聞きます。
それらはやはり大きな効果があるから続いているのだろうと考えられます。
私たちは、八方ふさがりでどうにもならないとき、未来に暗雲が立ち込めていると感じたとき、ヤジニャの力を借りるのはよいことだと思います。
必要があれば、与えられた命に加え、神々のサポートのいただき、最高の人生を築き上げたいものです。

(文章:ガネーシャ・ギリ)

‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥
ガネーシャ・ギリ氏共著 『インド占星術と運命改善法』

ガネーシャ・ギリによるインド占星術鑑定

ガネーシャ・ギリによるヨーガクラス
‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥