カンドーバ神の寺院

前回のインドツアーでは、カンドーバ神のお寺にも参拝しました。
日本ではほとんど名前を知られていない神様ですが、シヴァ神(バイラヴァ)の化身とも言われるこの神様は マハーラーシュトラ州では絶大な人気があるそうです。
ツアーにも参加されたインド系アメリカ人の方の提案で、この旅の企画段階から巡礼地に加えていました。
予備知識がない状態で詣でたのですが、結論から申し上げますとこの寺院を訪れたことは大正解でした。
ハルディ(うこん)の粉で、すべてが黄色く染まったこの寺院へは、長い石段を登らなくてはなりません。
ハルディのためつるつる滑り、また手すり等もないため、危険が伴いました。
しかし、寺院に到着した時には、その静謐さに圧倒されました。たくさんの善男善女が集まり、また式を終えたばかりと思われる新郎新婦も何組かいて、かなりの喧騒なのに、「場」が素晴らしく静謐なのです。
数十分並び、撮影禁止の御本尊に参拝しましたが、シヴァリンガムや他の神々の像もありどれがカンドーバ神なのか判別が難しかったのです。
おそらく一番奥の像がそうだと思われました。
個人的な印象ではまるで日本の閻魔大王のような風貌に感じました。
また、いわゆる本堂には馬に乗った神の像もあり、もともとは騎馬民族の礼拝する神だったのかもしれません。
外国人が珍しいのだと思います。僧侶の方には特に親切にしていただき、実はカンドーバ神のご本尊よりもメインに祈られるらしい、シヴァリンガムなどにに触れる許可もいただきました。手で触れ額を着け祈りました。
空中に漂うハルディの粉で最後は服も髪も黄色に染まりましたが、心の芯から癒された感じがしました。

(文章:ガネーシャ・ギリ)

‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥
ガネーシャ・ギリ氏共著 『インド占星術と運命改善法』

ガネーシャ・ギリによるインド占星術鑑定

ガネーシャ・ギリによるヨーガクラス
‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥