聖なる4ヶ月

2017年は7月4日のエーカーダシーより、聖なる4ヶ月間といわれるチャトゥルマースが始まります。この4ヶ月間は、断食や瞑想といった霊性修行を実践するのに適した時となり、神々を讃える大祭が続きます。

チャトゥルマースの4ヶ月間は、インドでは雨季であるモンスーンにあたります。その最初の1ヶ月間であるシュラヴァナ月は、シヴァ神に捧げるとりわけ神聖な月とされ、多くの人々が霊性修行に努めます。モンスーンは、さまざまな病が媒介する季節です。この間、神々への瞑想や断食を実践することで、病から遠ざかり、心を穏やかに、健やかな日々を過ごすことができると伝えられます。

チャトゥルマースは、太陽が北より南へ動く(夏至より冬至に向かう時)ダクシナーヤナにあたり、夜が長くなり、人々の心に大きく作用する冷たい月の影響が出てくる時でもあります。この間は神々の夜ともいわれるように、モンスーンの恵みの雨が降り注ぐ一方で、さまざまなネガティブなエネルギーが満ちる時と信じられてきました。この間に続く大祭は、私たちを神々へ近づけ、その中で実践される善行が、ネガティブなエネルギーを払拭し、ポジティブなエネルギーを生み出すといわれます。

この間には、次のような大祭が続きます。

7月4日:エーカーダシー(チャトゥルマースの始まり)
7月9日:グル・プールニマー
8月7日:ラクシャ・バンダン
8月14、15日:クリシュナ・ジャヤンティ(降誕祭)
8月25日:ガネーシャ・チャトゥルティー(降誕祭)
9月21~29日:秋のナヴァラートリー祭
9月30日:ダシャラー祭
10月17日:ダンテーラス
10月19日:ディーワーリー祭
10月31日:エーカーダシー(チャトゥルマースの終わり)
※上記は2017年の日程です。インドの祝祭の多くは月齢に従うため、毎年日時に差異が生じます。
※チャトゥルマースの始まりは、グル・プールニマーの満月とする慣習もあります。

この間にヴラタ(戒行)を怠ると、私たちはタマスやラジャスのエネルギーに飲み込まれ、さまざまな悪行を生み出すともいわれます。神々を礼拝する行いは、サットヴァなエネルギーを生み出す、何よりも優れた行いです。その実践は、自分自身を神聖に保つとともに、幸せと健康を授けてくれるものとなるに違いありません。

日本でも梅雨に入り、その後は暑い夏を迎えます。この時、食事に気をつけたり、いつもより少し深く瞑想をしたりすることで、心身は健やかに保たれるはずです。皆様にとっても、これからの4ヶ月間が恩寵に満ちた時でありますよう、心よりお祈りしております。

(文章:ひるま)

参照:http://www.drikpanchang.com/calendars/hindu/hinducalendar.html