スピリチュアルインド雑貨SitaRama

フェスティバル

ドゥルガー・アシュタミー2023

ドゥルガー・アシュタミーは、ドゥルガー女神を礼拝する吉日です。

ドゥルガー女神は全宇宙の母なる女神として、また、シヴァ神の妃として崇められ、パールヴァティーやチャンディーなどさまざまな神格となり姿を現します。
その唯一の目的は悪を滅ぼすことであり、ドゥルガーは無敵を誇る「シャクティ(神聖なエネルギー)」となりました。
力、勇気、正義、恐怖心を克服した者、英知、光輝の象徴となり、悪を打ち負かす無敵の戦士かつ女神として多くの人々を惹きつけます。

アシュタミーは、月の満ち欠けの8日目となるアシュタミー・ティティを意味します。
ドゥルガー・アシュタミーは、シュクラ・パクシャ(新月から満月へ向かう半月)の8日目となり、一説に、悪魔との戦いの中で、ドゥルガー女神の額からカーリー女神が生まれた時と信じられています。

神々への礼拝は、こうした月の満ち欠けによる暦に従って行うことが勧められます。
こうした時は、瞑想や断食を実践することが勧められ、これらの行いはヴラタ(戒行)といわれます。

ドゥルガー女神は、私たちの心の中に潜む不純物や悪徳、欠点を破壊する強力な戦士でもあります。
ドゥルガー女神を礼拝する人々からは、あらゆる恐怖や困難が取り除かれ、幸福が授けられると信じられています。

2023年のドゥルガー・アシュタミー(日本時間・東京)は以下のようになります。
(地域によって若干の差異が生じる場合があります。)

ドゥルガー・アシュタミーの日アシュタミーのティティヒンドゥー暦(月)
1月29日(日) 28日 12:13 – 29日 12:35マーガ
2月27日(月) 27日 04:28 – 28日 05:51 パールグナ
3月29日(水) 28日 22:32 – 30日 00:37チャイトラ
4月28日(金)  27日 17:08 – 28日 19:31ヴァイシャーカ
5月28日(日)27日 11:12 – 28日 13:26ジェーシュタ
6月26日(月)26日 03:55 – 27日 05:34アーシャーダ
7月26日(水)25日 18:38 – 26日 19:22シュラーヴァナ
8月25日(金)24日 07:01 – 25日 06:40アディカ・シュラーヴァナ
9月23日(土)22日 17:05 – 23日 15:47バードラパダ
10月22日(日)※122日 01:23 – 22日 23:28アーシュヴィナ
11月20日(月)20日 08:51 – 21日 06:46カールッティカ
12月20日(水)19日 16:36 – 20日 14:44マールガシールシャ

※1 ドゥルガー・アシュタミーは、毎月の新月から満月へ向かう8日目に行われますが、秋のナヴァラートリが祝福されるアーシュヴィナ月のドゥルガー・アシュタミーがもっとも重要とされています。

参照:2023 Masik Durgashtami Fasting Dates

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3

RECOMMEND

RELATED

PAGE TOP