スピリチュアルインド雑貨SitaRama

フェスティバル

ラタ・サプタミー2024:太陽の恵みを讃える神聖な日

ラタ・サプタミーの意義

2024年2月16日はラタ・サプタミーの吉日です。
ラタ・サプタミーはヒンドゥー教の伝統的な祭日で、マーガ月(1月~2月)のシュクラ・パクシャ(新月から満月へ向かう半月)の7日目(サプタミー)にあたります。
この日は、太陽神スーリヤを崇拝し、その偉大な恩恵を讃えるための特別な日です。
スーリヤ神は生命、光、活力の象徴として、ヒンドゥー教徒にとって非常に重要な神格です。

スーリヤ神の乗り物

ラタ・サプタミーの日、スーリヤ神は7頭の馬に引かれる自身の輝かしい乗り物、ラタ(戦車)を北方へ向けると信じられます。
この方向転換は、季節の変化と自然界への影響を象徴しています。
スーリヤ神が乗るこのラタは、宇宙の秩序と動きを表しており、スーリヤ神の旅は生命の維持と繁栄に不可欠です。

暁の神アルナ:スーリヤ神の御者

アルナ神は、スーリヤ神のラタの御者であり、「赤い」という意味を持つ名前が与えられています。
アルナ神は太陽が空を赤く染める輝きの神格として崇められ、夜明けの光を象徴しています。
光と闇の境界を管理する重要な役割を果たすのがこのアルナ神です。

神話に見るアルナ神の誕生

アルナ神の誕生物語は、ヒンドゥー教の豊かな神話の中でも特に興味深いものです。
アルナ神は聖仙ダクシャの娘であるヴィナターの卵から生まれましたが、ヴィナターは息子の誕生を待ち切れずに卵を割ってしまいます。
この早まった誕生のため、アルナ神は太陽のような明るさを持つことができませんでしたが、後にスーリヤ神の御者となり、重要な役割を果たすことになります。

7つの色と宇宙の秩序

アルナ神が操る7頭の馬は、太陽の光が生み出す7つの色を象徴しており、それは虹の色や私たちの身体の7つのチャクラの色にも見られます。
これらの馬は、自然界と人間の精神性を結ぶ重要なシンボルです。
毎朝、アルナ神はこれらの馬を導き、世界に光をもたらします。

光への導き:ラタ・サプタミーの教訓

ラタ・サプタミーは、太陽の恵みを受けるための吉祥な時です。
この祭日は、太陽が私たちの生活に及ぼす影響と、宇宙の大きなサイクルの一部であることを認識する機会を与えてくれます。
太陽の光の導きに従うことで、私たちの歩みは常に前向きで、希望に満ちたものとなるでしょう。

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3

RECOMMEND

RELATED

PAGE TOP