スピリチュアルインド雑貨SitaRama

フェスティバル

ダンヴァンタリ神の誕生

dhanwantari1

インド中が光に包まれ、およそ5日間にわたって盛大な祝福が続くディーワーリー祭。その始まりとして祝福されるのは、富の祝祭として知られるダンテーラス(ダントラヨーダシー)です。新しいものや価値あるものを購入したり、新しい事業を始めたりする吉兆な日として知られ、インドの街中が大賑わいとなります。ディーワーリー祭を盛大に祝福するために、この日から煌びやかな飾り付けも始まります。

このダンテーラスは、医神であり、アーユルヴェーダの父として崇められるダンヴァンタリ神の降誕を祝福する日でもあります。ヴィシュヌ神の化身として知られるダンヴァンタリ神は、神々へとアムリタを運ぶため、乳海撹拌の間に誕生したと信じられます。それがこのダンテーラスの日であったと伝えられます。

乳海撹拌は、不死の霊薬であるアムリタを得るため、神々と悪魔が協力し海を撹拌したと伝えられる神話です。乳海撹拌では、ラクシュミー女神をはじめ多くの宝が生み出されるも、猛毒もまた生み出され、神々の大変な苦労の後に、ダンヴァンタリ神がアムリタの入った壺を手にしてあらわれたと信じられます。

この乳海撹拌は、私たちが歩むべく霊性修行の道のりが記された神話であると伝えられることもあります。それは、生きる日々に溢れるさまざまな喜びや苦難を通じ、学びを深め、真の解脱というアムリタを得るための道のりに他ありません。

ダンテーラスにおいては、ある若妻が、死の運命を持つ夫の若王を自らの深い気づきによって死の神ヤマから遠ざけ、死から救ったという神話も伝えられます。私たちにとって、健康とは何にも代えられない宝であり、富の一つです。自分自身の心と体を見つめながら、一瞬一瞬に深い気づきを持つことは、日々を健やかに生き、幸せへと至るシンプルな術のひとつかもしれません。

富とは何なのか、この時に改めて見つめ直すと共に、自分自身の内なる世界にアムリタという宝を運ぶため、ダンヴァンタリ神を生み出すことができるよう、学びを深めながら日々を大切に生きたいと感じています。

(文章:ひるま)

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3

RECOMMEND

RELATED

PAGE TOP