バガヴァッド・ギーター第3章第42節

インド古典中もっとも有名なバガヴァッド・ギーターの原典講読です。
インドの霊的文化の支柱となる本書を、サンスクリット語の学習をしながらお楽しみください。

इन्द्रियाणि पराण्याहुर्
indriyāṇi parāṇyāhur
インドリヤーニ パラーニヤーフル
人々は、諸感官は優れたものであると言う

indriyāṇi【中性・複数・主格 indriya】[〜は、〜が]神の力;支配;偉大な行為;活力;体力;精力;感官;感覚
parāṇi【中性・複数・主格 para】最高の;より優れた、より高い、より良い、より悪い;最上の、卓越した、最善の;最大の
āhus【三人称・複数・パラスマイパダ・完了 √ah】[彼らは〜した、それらは〜した]話す、言う;表示する、呼ぶ、宣言する

इन्द्रियेभ्यः परं मनः ।
indriyebhyaḥ paraṁ manaḥ |
インドリイェービヤハ パラン マナハ
思考器官(マナス)は諸感官より優れている

indriyebhyas【中性・複数・従格 indriya】[〜から、〜より]神の力;支配;偉大な行為;活力;体力;精力;感官;感覚
param【中性・単数・主格 para】最高の;より優れた、より高い、より良い、より悪い;最上の、卓越した、最善の;最大の
manas【中性・単数・主格 manas】[〜は、〜が]心、内的器官、知性、理性、精神、良心、思考、意向、気分

मनसस् तु परा बुद्धिर्
manasas tu parā buddhir
マナサス トゥ パラー ブッディル
しかし、理性は思考器官より優れている

manasas【中性・単数・従格 manas】[〜から、〜より]心、内的器官、知性、理性、精神、良心、思考、意向、気分
tu【接続詞】しかし、一方(虚辞としても使用)
parā【女性・単数・主格 para】最高の;より優れた、より高い、より良い、より悪い;最上の、卓越した、最善の;最大の
buddhis【女性・単数・主格 buddhi】[〜は、〜が]知能、理解力、理性、知性、精神;識別、判断;沈着、機知;知覚;会得;意見、見解;信仰、確信;想定

यो बुद्धेः परतस् तु सः ॥
yo buddheḥ paratas tu saḥ ||
ヨー ブッデーヘ パラタス トゥ サハ
しかし、理性より優れたもの、それが彼(個我)である

yas【男性・単数・主格、関係代名詞 yad】〜であるもの、〜である人
buddhes【女性・単数・従格 buddhi】[〜から、〜より]知能、理解力、理性、知性、精神;識別、判断;沈着、機知;知覚;会得;意見、見解;信仰、確信;想定
paratas【副詞】最高の;他に属する;遙かに、今後、その後;高く;(従格)より上に高く、(力や身分を)超えた
tu【接続詞】しかし、一方(虚辞としても使用)
sas【男性・単数・主格、指示代名詞 tad】[〜は、〜が]これ、あれ、彼

इन्द्रियाणि पराण्याहुरिन्द्रियेभ्यः परं मनः ।
मनसस् तु परा बुद्धिर्यो बुद्धेः परतस्तु सः ॥४२॥

indriyāṇi parāṇyāhurindriyebhyaḥ paraṁ manaḥ |
manasas tu parā buddhiryo buddheḥ paratastu saḥ ||42||
人々は、諸感官は優れたものであると言う。
思考器官(マナス)は諸感官より優れ、理性(ブッディ)は思考器官より優れている。
しかし、理性(ブッディ)より優れたもの、それが彼(個我)である。