スタッフ日記:第43回アンナダーナ終了しました!

第43回アンナダーナにお気持ちを寄せていただきました皆さま、本当にありがとうございます。
第43回は、ニューデリーのヒンドゥー寺院(ラーマ寺院)にて、滞りなく終えることができました。

現在、インドの各地は1年の中でもっとも暑い時期を迎えています。
アンナダーナを実施した日は、40度の気温となりました。
南インドではもうすぐモンスーンが始まる時となりますが、北インドに到達するまでおよそ1ヶ月かかります。
北インドでは6月にも45度を超える時がある上に、乾燥していた空気が湿ってくるため、身体に堪える暑さがまだしばらく続きます。

アンナダーナを実施する周辺地域でも、暑さのために、電力不足や水不足が問題になる時が多くあります。
当日も準備が滞りなく進むか心配でしたが、大きな問題が生じることはなく、最後までに無事に進めることができました。

現在は、インドの各地において、子どもたちが夏休みを過ごしています。
今回のアンナダーナにおいても、子どもたちの姿が多く見られ、大混雑する時間帯もありました。
その他に、地域住民の方や、出稼ぎに来ている労働者の方の姿が多くありました。
今回も、準備をした1000食分以上を、無事に配り終えています。

経済成長が続くインドでは、消費意欲が活発な中間層が拡大し、夏休みを通じては旅行に出かける家族も多くなりました。
アンナダーナに来る子どもたちは、貧しい家庭の子どもであったり、出稼ぎに来ている労働者の家庭の子どもであったりすることが多いように見られます。
何気ない日常の一瞬の中で得るこうした恵みは、貴重な喜びをもたらしてくれるのではないかと思います。
私たちの行為は、人々に喜びを与え、社会を変える大きな力を持っているということを心に留めながら、行動することを努めたいと思います。

次回も温かいご協力のほど、どうぞ宜しくお願い申し上げます。
アンナダーナを通じ、皆様にも大きな恩寵がありますように。

(スタッフ:ひるま)