スピリチュアルインド雑貨SitaRama

フェスティバル

ガーンディー・ジャヤンティー2023

広大で多様な文化が入り混じるインドでは、さまざまな思想や慣習が共存し、それぞれの伝統や祝日が存在します。
インドは多文化の融合の場であり、多くの哲学や観念が交差する独自の色彩と魅力を持っています。
そんなインドには多くの祝日がありますが、国全体が休日となる祝日は年に3日しかありません。

その特別な日のひとつが、10月2日のマハートマー・ガーンディーの生誕祭です。
この日はガーンディー・ジャヤンティーとして、インドの各地で広く盛大な祝福が行われます。

マハートマー・ガーンディーは、1869年10月2日にインド西部のグジャラート州で生を受けます。
イギリスで法廷弁護士になるための勉強をした後、南アフリカで弁護士として活動をしながら、インド哲学への学びを深めていきます。

ガーンディーは、古代インドの聖典である「バガヴァッド・ギーター」を生き方の指針とし、非暴力と不服従の原則を掲げてインドの独立運動を指導しました。
その精神と行動は、ガーンディー自身が「大いなる魂(マハートマー)」と讃えられる原動力となっています。

「見たいと思う世界の変化に、あなた自身がなりなさい。」
―マハートマー・ガーンディー

“Be the change that you wish to see in the world.”
― Mahatma Gandhi

ガーンディーの言葉は、今日でも世界中の多くの人々に影響を与えています。

ガーンディー・ジャヤンティーは、このガーンディーの精神が今日でも生き続けていることを祝います。
この祝福の瞬間には、ガーンディーの精神が人々の心を満たし、世界に対する新しい理解と平和の願いを生み出します。

ガーンディーの精神と行動は、私たち一人一人が自分自身の姿勢を通じて、世界に前向きな影響を与えることができるという強力なメッセージを私たちに送り続けています。
この日、ガーンディーの教えを思い起こし、心に灯りをともすことで、世界がより平和で愛に満ちた場所となるよう願います。

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3

RECOMMEND

RELATED

PAGE TOP