スピリチュアルインド雑貨SitaRama

フェスティバル

ギーター・ジャヤンティー2023:バガヴァッド・ギーターの叡智を祝う日

バガヴァッド・ギーターの降誕の日

2023年は12月22日に、ヒンドゥー教における重要な祭日、ギーター・ジャヤンティーを迎えます(日本時間では12月23日となります)。
ギーター・ジャヤンティーは、クリシュナ神によってバガヴァッド・ギーターがこの地にもたらされた喜ばしい日を祝うものです。
この日はマールガシールシャ月(11月~12月)のシュクラ・パクシャ(新月から満月へ向かう半月)の11日目にあたり、神聖なる光の降誕として讃えられます。

ヒンドゥー教の核心である聖典

バガヴァッド・ギーターは、ヒンドゥー教の核心をなす聖典であり、全世界において高い哲学的価値を持つ古典として尊重されています。
サンスクリット語で「神の詩」という意味を持つこのテキストは、ウパニシャッドの要約としても認識され、ギートーパニシャッドと呼ばれることもあります。
この聖典は、聖仙ヴィヤーサによって記された大叙事詩マハーバーラタの一部であり、その深遠な教えはヒンドゥー教徒にとって不可欠なものとされています。

教えの普遍性と影響力

バガヴァッド・ギーターの教えは、人生の困難に立ち向かう智慧を提供し、魂を浄化し、内なる平和を育む力を持っています。
原典はサンスクリット語で書かれているものの、その普遍的な叡智は世界中に広まり、多くの偉大な思想家たちに影響を与えてきました。
神の本質、究極の真実、生と死、行為と結果、永遠の魂、解脱、人生の目的、存在の意味といった深淵なテーマが探求されています。

ヴェーダとウパニシャッドの精髄

ヴェーダとウパニシャッドの精髄であるバガヴァッド・ギーターは、ヨーガ、バクティ、ヴェーダーンタ、カルマといった概念に関する高尚な知識と実践的な教えが含まれています。
また、一元論と二元論の複雑な関係を並立させながら統合し、異なる起源と目的を持つ教えを調和させる深い洞察が含まれていることもその価値のひとつです。

現代生活におけるギーターの役割

バガヴァッド・ギーターに触れること、その教えを吸収し、実践することは、現代社会の喧騒を超えた、確固たる人生観を築くための鍵となり得ます。
この聖なるテキストは、私たち一人ひとりの内なる旅を支え、人生を豊かにするための智慧を提供してくれるでしょう。

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3

RECOMMEND

RELATED

PAGE TOP