クラウンチャのアーサナ

シヴァ神の教えが記されたヨーガの聖典、ハタ・ラトナーヴァリーの中に、クラウンチャと呼ばれるアーサナがあります。
クラウンチャのアーサナは、水鳥のサギのように見えることから、広くサギのポーズと呼ばれます。
このクラウンチャは、インドの神話において、ある山を示す名前でもあります。
この山にまつわる神話からも、クラウンチャのアーサナが持つ意味を学ぶことができます。

クラウンチャのアーサナでは、まず背筋を伸ばし、両足を前に伸ばして座ります。
そして、左足は伸ばしたまま、右膝を曲げて足先を後方に向け、お尻の脇あたりで右足の甲を床につけます。
次に、左の膝を曲げ、左の足裏を両手で掴み、息を吸いながら左の膝を少しずつ真っ直ぐに伸ばし、顔の方へ近づけます。
背筋は伸ばしたまま、この姿勢を保持した後、息を吐きながら伸ばした左足をゆっくり下ろします。
右側も同様に行います。

クラウンチャのアーサナは、この真っ直ぐに伸ばした片足がサギの首に見えることから、サギのポーズと呼ばれてきました。
一方で、それはクラウンチャ山の聳え立つ絶壁のようだとも捉えられることがあります。

クラウンチャ山には、カールッティケーヤ神にまつわる神話があります。
ガネーシャ神の兄弟であるカールッティケーヤ神は、霊的探求の守り神であり、軍神として崇められてきました。
そんなカールッティケーヤ神が悪魔と戦っていた時、悪魔がクラウンチャ山に隠れ入ります。
すると、カールッティケーヤ神は手にしていた鋭い槍で、山を二つに切り裂きました。
そこで悪魔は倒され、山から悪魔を解放したと伝えられます。
そうして切り開かれたクラウンチャ山には、聳え立つ絶壁が生まれました。

クラウンチャのアーサナは、血流の改善、柔軟性の向上、姿勢の矯正など、さまざまな恩恵が伝えられます。
その実践を通じては、左右の心身と意識的に向き合う中で、左右のエネルギー・バランスに調和や均衡が生まれることを実感することができます。

私たちの身体に見られる左右の違いは、清浄と不浄、陰と陽、精神と物質、男性と女性など、相反するものの象徴です。
その相反するものが対立する時、内なる世界には悪質が生まれ、さまざまな困難に直面すると伝えられてきました。
その結合が究極の解脱としても捉えられてきたように、このアーサナを通じて得る、自身の内の相反するエネルギーの穏やかな調和と均衡は、私たちに内なる幸せを経験させてくれるものでもあります。

カールッティケーヤ神が山を切り開いて悪魔を倒したように、自分自身がカールッティケーヤ神となり、自らの身体を意識的に開いて、内なる悪質を倒す術を実践することが大切です。
そこで悪質は解放され、常に困難に打ち勝ち、真っ直ぐに道を歩むことができるはずです。

(文章:ひるま)

第103回グループ・ホーマ(ピトリ・パクシャ)無事終了のお知らせ

第103回グループ・ホーマ(ピトリ・パクシャ)にお申込みいただきました皆様、誠にありがとうございました。

先祖供養のための第103回グループ・ホーマは、9月21日に無事に終了いたしました。

プージャーの写真を以下に掲載させていただきます。

神々の祝福と、より良い体験がありますよう、心よりお祈り申し上げます。
第103回グループ・ホーマの実施内容はこちらよりご覧いただけます。

新型コロナウィルス緊急アンナダーナ活動報告(その73)

新型コロナウイルス緊急アンナダーナにご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

昨年の3月25日に始まった新型コロナウイルス感染拡大防止のためのインド全土の封鎖は、段階的な緩和が行われ、9月に第1波の感染拡大のピークを迎えました。
9月以降は減少傾向が続いていましたが、今年の3月以降に第2波が深刻となり、現在は改善するも油断はできない状況が続いています。
これまでに累計感染者数は3353万人、死者数は44.5万人を超えました。

食事の奉仕は、9月18日に500皿(第137回目)、9月21日に500皿(第138回目)を配ることができました。
メニューはどちらもダール・チャーワル(豆のカレーとご飯、1皿45ルピー)です。
引き続き、経済的に困窮する人々が暮らす地域を中心に、車両で移動しながらの奉仕を行っています。

インドでは、一部の慣習において、9月21日からおよそ2週間ほど続く先祖供養の期間が始まりました。
この先祖供養の期間には、助けを必要としている人に、進んで手を差し伸べることが勧められ、貧しい人には寄付を行うことが勧められています。
こうした善行は、自分自身だけでなく、社会全体をより良い道へと導く大切な意味があり、インドではその伝統が今でも大切に受け継がれています。

インド全体では感染状況は落ち着いており、社会経済活動の再開が進んでいますが、困窮する人々の生活は困難を極めています。
大変な状況が続きますが、こうした機会に学びを深め、今を生きる私たちにできることを努めたいと感じます。

食事の奉仕を行う首都のデリーでも、新規感染者数の増加は見られず、生活は日常を取り戻しているようにも見られます。
しかし、困窮し大きな不安の中で生きる人々は多く、こうしたアンナダーナの活動を通じて、少しでも温かい気持ちを広げることができればと思います。
社会の平和を願いながら、皆様のお気持ちとともに今後も積極的に活動することを心がけたいと感じます。

この度の温かいご協力に、心より御礼申し上げます。
次回の奉仕後、改めて、ご報告をさせていただきます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

マハートマー・ガーンディー生誕祭

広大でさまざまな思想や宗教が入り混じるインドでは、それぞれの暦に応じて多くの祝日があります。そんなインドにおいて、国全体が祝日となる国民の休日は、年に3日しかありません。そのうちの1日が、10月2日のマハートマー・ガーンディーの生誕祭です。

バガヴァッド・ギーターを指針とし、非暴力と不服従を基にインドの独立を率いたガーンディーは、偉大な魂として現代でも多くの人々から崇められています。

「見たいと思う世界の変化に、あなた自身がなりなさい。」
―マハートマー・ガーンディー

“Be the change that you wish to see in the world.”
― Mahatma Gandhi

世界に平和があるように心よりお祈り申し上げます。

今期3回目の山羊座での同居

9月15日から、山羊座での土星と木星の同居がまた始まりました。
世界的なコロナ禍とも関係があるとも言われるこの配置は、今回は11月21日くらいまで続き、世の中に大きな影響を与えます。
そして一連のこれらの影響はしばらく(場合によってはかなり長い期間)続くとも考えられます。

私ガネーシャギリは2019年の秋に、今期山羊座でのダブルトランジット(同居)を念頭に「(2020年以降)しばらくインドには行けないかもしれない。」と書かせていただいたのですが、それが当たるどころか、世界が想像をはるかに超える酷い状況になり、開いた口が塞がりませんでした。

前回のダブルトランジットは、昨年12月にグレートコンジャンクションと言われるタイトな距離の同居をしましたが、今回はそれほど近い距離にはならないようです。
しかしながら土星が力をもち、木星が力を失う山羊座での同居はやはり相当気になります。
今期最後のこの同居がどのような事象を起こすのか静観したいと思います。

こういう強力な星の配置はもちろん個人の運命にも大きな影響を与えます。
良い影響を受ける出生図の持ち主の方は、こういう時期に普段では難しい大きな飛躍をされる場合もあるかもしれません。
一方で悪い配置にある方は本当に厳しい時期になる場合もあります。
ダシャーというもともとの星回りが悪い場合、その悪影響は甚大なものになる可能性もあります。
そうでなくても今期過去2回のダブルトランジットは世の中に、ある意味致命的ともいえる影響を与えているのです。
ダメ押しのようなダメージにならないことを祈りたいです。

でもそんな時こそ、神に縋り心から祈ることが大きな救いになる可能性もあるのです。
普段から祈りを欠かさない方であれば大難から逃れられるかも知れません。
厳しい状況にありながらも。どのような方々にとっても神々の祝福が降り注ぎますよう、お祈りしております。
負けずに頑張りましょう。

(文章:ガネーシャ・ギリ)

‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥
ガネーシャ・ギリ氏共著 『インド占星術と運命改善法』

ガネーシャ・ギリによるインド占星術鑑定

ガネーシャ・ギリによるヨーガクラス
‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥

ラクシュマナの心

季節が巡り大きな変化を感じる時、インドでは9日間に渡って女神を讃えるナヴァラートリーが祝福されます。
変化の時に迎えるこの9日間は、自分自身の内面に潜む不浄な傾向を浄化するために、非常に重要な期間とされてきました。
そして、この9日間の終わりに祝福されるのが、悪に対する善の勝利を象徴するダシャラーです。

ダシャラーは、ラーマ神が魔王であるラーヴァナに打ち勝った日と伝えられます。
それは、私たちが自分自身の内面に潜む不浄な傾向を克服したことを祝福する時でもあります。
ラーヴァナを倒すラーマ神の歩みは、叙事詩であるラーマーヤナにおいて壮大に綴られています。
その歩みには多くの支えがありましたが、そのひとりであるラクシュマナの存在を忘れることはできません。

ラーマ神の弟であるラクシュマナは、ラーヴァナの息子であるインドラジットを倒したことで有名です。
インドラジットは魔術に長け、14年間に渡って眠らずにいた者にしか倒されないという恩恵を手にしていました。
そのような者はいないと思えたところに現れたのが、ラクシュマナです。

ラクシュマナは、王国から追放されたラーマ神とシーター女神を守るために、2人の付き添いとなることを自ら志願しました。
その追放は、14年という長きに渡るものでした。
この14年という期間には、ラーマ神を王位に復帰させないための意図があったと伝えられます。

当時、14年の間に音沙汰がない場合、その者は死んだことを意味すると考えられていたとされます。
14年という期間は、人の心と体を変容させる十分な期間であると考えられていたためです。
王としてのラーマ神の心と体も、それを慕う人々の心と体も、14年の間に変容すると考えられていました。

しかし、この14年の間、ラーマ神とシーター女神を守るために、一睡もせずに過ごしたのがラクシュマナでした。
ラクシュマナの代わりに、妻であるウールミラーが14年間を眠って過ごしたともいわれます。
そこには、ラーマ神に対する決して揺らぐことのない思いがありました。

私たち自身、何かに夢中になると、眠ることさえ忘れて過ごすことがあります。
ラクシュマナはその目的が、主であるラーマ神でした。
その思いを14年間に渡って変わらずに持ち続けたラクシュマナの心は、強力な悪魔を倒す偉大な力になり、ラーマ神の王位への復帰を導きました。

私たちもラクシュマナのように主を思う心を変わらずに持ち続けることができれば、どんな強敵にも打ち勝つことができるはずです。
季節の変わり目は心身が不安定になり、とりわけ困難に直面しやすい時でもあります。
この時に、ラクシュマナの姿を思い、その偉大な力を賜りたいと感じます。

(文章:ひるま)

新型コロナウィルス緊急アンナダーナ活動報告(その72)

新型コロナウイルス緊急アンナダーナにご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

昨年の3月25日に始まった新型コロナウイルス感染拡大防止のためのインド全土の封鎖は、段階的な緩和が行われ、9月に第1波の感染拡大のピークを迎えました。
9月以降は減少傾向が続いていましたが、今年の3月以降に第2波が深刻となり、現在は改善するも油断はできない状況が続いています。
これまでに累計感染者数は3334万人、死者数は44.3万人を超えました。

食事の奉仕は、9月11日に500皿(第135回目)、9月14日に500皿(第136回目)を配ることができました。
メニューはどちらもダール・チャーワル(豆のカレーとご飯、1皿45ルピー)です。
引き続き、経済的に困窮する人々が暮らす地域を中心に、車両で移動しながらの奉仕を行っています。

食事の奉仕を行う首都のデリーでは、2ヶ月以上に渡って、新規感染者数が100人を下回る日が続いています。
感染状況についてはしばらく落ち着いていますが、9月に入ってからはモンスーンの雨が強まり、先週末には冠水してしまう地域が多く出ました。
食事の奉仕も天候を見ながらの実施となりましたが、定期的に奉仕を行っている地域の人々は、大雨も気にせずに食事を待ち続けていたようです。

社会経済活動は再開されつつありますが、不安定な就労状態にあった経済的に弱い立場の人々は、生活の再建が容易ではありません。
改善の兆しがなかなか見えず、無力感に包まれることも少なくありませんが、皆様の温かいお気持ちから生まれる行為は、社会に必ず良い変化を生み出してくれることと信じ、活動を行っています。

感染状況は、インド全体でも7月以降は落ち着いているように見られ、社会経済活動の再開が進んでいます。
しかし、第1波のピークから第2波のピークの間隔が半年以上あったため、気を緩めることはできません。
今後もしばらくは、これまでと同様に食事の奉仕を継続していく予定です。

この度の温かいご協力に、心より御礼申し上げます。
次回の奉仕後、改めて、ご報告をさせていただきます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

ダシャラー祭(ヴィジャヤ・ダシャミー)

2021年は10月7日から15日まで、秋のナヴァラートリーが祝福されます。そのナヴァラートリーを終えると、10月15日には、盛大なダシャラー祭(ヴィジャヤ・ダシャミー)が祝福されます。

ダシャラー祭は、秋のナヴァラートリーを終えた後に祝福され、ドゥルガー女神が悪神マヒシャースラを倒した日として崇められます。また、ラーマ神が魔王ラーヴァナに打ち勝った日として、悪に対する善の勝利を象徴するとても吉兆な日でもあります。街のあちこちでは魔王ラーヴァナをかたどった人形が燃やされるなど、盛大な祝福が執り行われます。

ダシャラー祭に深く関わりがある魔王ラーヴァナは、10の頭を持ち、自らの頭を切り落としながらブラフマー神への苦行を行ったことで有名です。この10の頭に象徴されるものは、色欲、怒り、執着、強欲、慢心、嫉妬、自己中心、偽り、酷薄、自尊心といった、私たちの心を支配する悪質な感情や思考の数々と言われます。一方で、それは4つのヴェーダと6つのシャーストラを象徴し、ラーヴァナが知識に卓越した存在であることを象徴していると言われることがあります。そんなラーヴァナが唯一成し得なかったこと、それは感覚の制御でした。

ラーヴァナの10の頭は、5つの知覚器官と、5つの行為器官であるとも伝えられ、それは、目・耳・鼻・舌・皮膚(視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚)の5つの知覚器官、そして、口・手・足・生殖器官・排泄器官・(発声・操作・移動・生殖・排泄)の5つの行為器官にあたります。ラーヴァナは大きな王国を築くも、こうした常に変化を続ける肉体の知覚や行為を制御することができず、決して幸せに留まることはなかったと伝えられます。

一方で、ラーマ神は、この地において邪悪な力を破壊するために誕生したと言われています。信じがたいほどの超越的な資質に恵まれ、不屈でいて勇敢であり、無比の主として崇敬されています。ラーマ神の人生は、信心深い従順さ、比類のないの純真さ、汚れのない純潔さ、称賛に値する充足、自己犠牲、自我の放棄、そのものであったと言われます。ラーマ神への礼拝を行うことにより、心は守られ、崇高な真実を理解するための備えとなる信念を与えられると信じられています。

肉体をまとう私たちの内には、ラーヴァナの質も、ラーマの質も存在しています。悪質に苛まれる時、人は死の時まで、無数の不安と焦燥に苦しまねばなりません。それが、自分自身の内の無知から生じるものだからです。これらの悪質を滅し、至福に至るための唯一の方法が、自分自身の内にある神性に究極的に気づくということであると古くから示されてきました。ダシャラー祭は、9日間のナヴァラートリーを通じて清められた自分自身の神性を讃える日でもあります。

皆様にとって実りある時となりますよう、心よりお祈り申し上げます。

シーズインディア支援事業の活動報告

シーズインディア支援事業にご協力をいただいている皆様、温かいご支援をいただき誠にありがとうございます。

現在、インドにおける新型コロナウイルスの感染状況は改善し、新規感染者数は第2波のピーク時の10分の1以下となる、3万人前後の日が続いています。
懸念されていた大都市では、これまでに再拡大の兆候は見られておらず、社会経済活動の多くが再開しています。
一方で、感染拡大の収束が見られないのが、シーズインディアがあるケーララ州です。
一時期は3万人を超える新規感染者数が報告され、インド全体の3分の2を占めることもありました。

シーズインディアがある周辺地域も依然として感染者が多く、医療体制が逼迫していることから、多くの地域がレッドゾーンに指定され、外出が厳しく制限されています。
毎月の教育支援を行う子どもたちの家族や、2018年の豪雨災害の被害を受けた家族が暮らす地域の多くがこのレッドゾーンに指定されており、人々は自由に外出することができません。
教育支援を行う子どもたちは、オンラインやテレビを通じた授業で勉学に励んでいます。
定期的に連絡を取りながら、皆の安全や健康を確認しています。

現在は、毎月の支援に加え、必要に応じて不定期で生活物資の支援を行なっていますが、8月にはオーナム・フェスティバルのお祝いを贈ることができました。
オーナム・フェスティバルは、ケーララ州でもっとも大きな祝祭といわれますが、数年前からこの時期に豪雨災害が続いていたところ、コロナ禍が加わり、今年も盛大にお祝いができるような状況ではありませんでした。
しかし、ささやかでもお祝いをすることができるように、それぞれが特定の店舗で物資を購入できるクーポンを1000ルピー(約1500円)、特別に配布し、レッドゾーン地域内に居住する家族へは、近くまで赴いて物資を直接配布しました。
皆様のお気持ちを通じて、このとりわけ厳しい時に、光となる喜びをお届けすることができましたこと、感謝の気持ちでいっぱいです。

病院での食事の配給も、毎日欠かすことなく続いています。
コロナ禍のため現在も病院の敷地内には入ることができず、シーズインディアで調理した食事を病院へ届け、配膳は病院スタッフが行なっています。
長期にわたって逼迫した状況が続いており、病院スタッフの誰もが疲労困憊しているため、一時はパック詰めをした食事を配給する案もありましたが、シーズインディアの負担も非常に大きくなっていることから、これまで通り、調理した食事を病院に届ける支援を続けています。
食事以外にも、清潔な飲料水や女性用の生理用品などを届けることもあります。

ケーララ州での感染状況が改善しない理由には、以下のようなものが挙げられています。

– 平均寿命がインドでもっとも高く、高齢者が多い上に、糖尿病患者が多い
– 人口密度が高い
– 第1波の感染防止対策がうまくいき、他の地域に比べ抗体を持っている人が少ない
– 海外に出稼ぎに行く人が多く、人の移動が多い
– 都市部と農村部の間に隔たりがあまりない(北インドは都市部を出ると農地が広がり、農村部との間に自然に壁ができている)
Why Kerala accounts for half of India’s new COVID cases

このような状況で仕事の再開の目処が立たない中、生活必需品の価格が上昇しており、大家族で暮らす経済的に困窮する人々の生活は困難を極めています。
日雇いの仕事をしていた人々で外出できる人は、仕事を求めに町に出かけるも、手ぶらで帰ることがほとんどであり、とても厳しい状況が続いています。

生活の向上ためにさまざまな支援計画がありましたが、人々が最低限の生活を送ることができるよう、今後もしばらくは生活物資の支援が中心になる見込みです。
現地で活動を続け続ける中では、皆様のお気持ちが何よりも力強い支えになっています。
今後も地域に根づいた細やかな支援を行うことができるよう、皆様の気持ちを支えに活動をしていく計画です。

いつも温かいご支援をいただき、心より御礼申し上げます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

ガネーシャ・ヴィサルジャン2021

すべての災いを取り除き、全世界に幸福をもたらすガネーシャ神の降誕祭が、2021年は9月10日に祝福されました。
ガネーシャ降誕祭は10日間に渡る祝祭であり、ガネーシャ信仰の厚い地域では、現在もガネーシャ神への熱心な礼拝が続いています。

この10日間、伝統に従う人々は、土でできたガネーシャ神像をそれぞれの家庭に祀り礼拝を行います。
そして、10日間の礼拝を終えると、そのガネーシャ神像を海や川へと流します。
この日は、アナンタ・チャトゥルダシーと呼ばれ、今年は9月20日に祝福されます。
このガネーシャ神像を海や川へと流す行為は、ガネーシャ・ヴィサルジャンと呼ばれ、霊性を育む大切な教えが秘められています。

必滅で有形である肉体を持つ私たちにとって、不滅で無形である神に心をよせることは、非常に困難なことであると、かのクリシュナ神は説いています。
そして、無形の神を念想するよりも、有形の神を念想するほうが、より容易に成就に達することができると説きました。
(バガヴァッド・ギーター12章)

土に水を加えて捏ねながらガネーシャ神の姿を形作る時、私たちはより明確に、障害除去の神としてのガネーシャ神の姿を意識することができます。
ガネーシャ神の姿には、すべての災いを取り除き、幸福をもたらすための叡智が諸所に秘められています。
そうして目に見えるようになったエネルギーを、私たちは10日間にわたって礼拝します。

さまざまな思いを込めて礼拝を行ったガネーシャ神像を最後に手放すことは、決して容易なことではありません。
しかし、この10日間に育まれたガネーシャ神との繋がりは、姿や形に限定されるものではないはずです。
その姿や形がなくなったとしても、私たちはその本質に繋がった心を見失わずにいなければなりません。

姿や形といった目に見える物は、ある時間が来れば消えて無くなるということ。
この祝祭を通じ、身をもってその事実を示すガネーシャ神は、より明確に、私たちを非顕現の真理に導いてくれるはずです。

(文章:ひるま)