ナラクーバラとマニグリーヴァ

神々しい遊戯を通じて私たちを魅了してやまないクリシュナ神。
特に、幼少の頃のクリシュナ神にまつわる神話には、私たちの霊性を育むさまざまな深い教えを学ぶことができます。
ナラクーバラとマニグリーヴァの神話もそのひとつです。

ナラクーバラとマニグリーヴァは、財宝の神として崇められるクベーラ神の子どもでした。
財産に恵まれ、贅沢に溺れる生活を送っていたある日、酩酊していた二人は、聖仙であるナーラダに無礼を働いてしまいます。
ナーラダ仙は反省を促すべく、二人に呪いをかけ、その姿を木にしてしまいました。
身動きが取れなくなった二人は、自分たちの行いを恥じ、深く嘆きます。
しかし、100年後にクリシュナ神に謁見し呪いが解かれるという恩寵を与えられた二人は、それからクリシュナ神を想い続けました。

一方、クリシュナ神は幼少の頃、さまざまないたずらをし、育ての母であるヤショーダーを困らせることがありました。
ヤショーダーはそんなクリシュナ神の安全を守るため、身体をロープで臼に結びつけます。
しかし、クリシュナ神は臼を引きずって歩いてしまうほどでした。

そんなクリシュナ神が二本の木の間を通った時、臼が木の間に引っ掛かります。
木はクリシュナ神の怪力に耐えきれず、二本とも根こそぎ倒れてしまいました。
これにより呪いが解けると、100年の間に偉大な人格となったナラクーバラとマニグリーヴァが、倒れた木から輝く光とともに現れたと伝えられます。

肉体を持って生まれた私たちは、日々を生きる中で、刺激的な喜びを求める欲望に突き動かされることが少なくありません。
そうして道を踏み外し、苦難に直面することも往々にあります。
それはまるでナラクーバラとマニグリーヴァのようです。
ナーラダ仙は、ナラクーバラとマニグリーヴァを木の姿にするも、不変の喜びであるクリシュナ神に心が向かうように彼らに恩寵を与えました。

遍在するクリシュナ神の恩寵は、私たちの周囲に満ちています。
たとえ苦難に直面したとしても、それを学びの糧として、クリシュナ神を想い続ける時、私たちは神性を昂揚させ不変の喜びに至ることができるはずです。
そんな恩寵に恵まれた人生を豊かに生きることができるように、クリシュナ神を想うことを忘れずにいたいと感じます。

(文章:ひるま)

新型コロナウィルス緊急アンナダーナ活動報告(その65)

新型コロナウイルス緊急アンナダーナにご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

昨年の3月25日に始まった新型コロナウイルス感染拡大防止のためのインド全土の封鎖は、段階的な緩和が行われ、9月に第1波の感染拡大のピークを迎えました。
9月以降は減少傾向が続いていましたが、今年の3月以降に第2波が深刻となり、現在も予断を許さない状況が続いています。
これまでに累計感染者数は3152万人、死者数は42.2万人を超えました。

食事の奉仕は、7月24日に500皿(第121回目)、7月27日に500皿(第122回目)を配ることができました。
メニューはどちらもダール・チャーワル(豆のカレーとご飯、1皿45ルピー)です。
7月24日はグル・プールニマーの吉日となり、恩寵を分かち合うことができましたこと、とても嬉しく思います。

食事の奉仕は、経済的に困窮する人々が暮らす地域を中心に、車両で移動しながらの奉仕が続いています。
奉仕を実施する首都のデリーは、東京都の約3分の2の面積に2000万人超の人口が居住し、第2波のピーク時には1日の新規感染者数が2万8千人を超えました。
現在は50人前後の日が続き、感染状況はだいぶ改善しています。
これまで続いていた公共交通機関の運行の制限は解除され、閉鎖されていた映画館や劇場なども収容率50%の制限のもとで再開されるようになりました。

社会経済活動の多くが再開し始めていますが、教育機関はまだ閉鎖が続いています。
奉仕の際は、毎回、子どもたちの元気な姿に救われる思いですが、1日も早く学びを再開できることを願ってなりません。

雨季を迎えたインドでは、恵みの雨が降り注ぐ時となりますが、大雨による被害も伝えられ始めています。
まだまだ不安定な状況が続きますが、皆様の温かいお気持ちを通じて、社会に少しでも明るい力を生み出すことができるように、今後も活動をしていきたいと思います。

この度の温かいご協力に、心より御礼申し上げます。
次回の奉仕後、改めて、ご報告をさせていただきます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

クリシュナ降誕祭

2021年8月30日、31日はクリシュナ神の降誕祭です。

クリシュナ降誕祭には、クリシュナ・ジャヤンティ、クリシュナ・ジャンマーシュタミー、ゴークラーシュタミー、クリシュナーシュタミーなどさまざまな名称があります。

クリシュナ降誕祭は、地域や教派によって行われる日程が異なります。
これは、伝統的なインド占星術によると、クリシュナ神の誕生日が、シュラヴァナ月の2回目の満月から新月に向かう8日目(アシュタミー)で、月の星座(ラーシ)がヴリシャバ(牡牛座)、ナクシャトラがローヒニーであることに由来します。

クリシュナ降誕祭は、上記すべての条件が揃う必要がありますが、多くのヒンドゥー教派の暦では、すべてが一致することがほとんどありません。

教派によっては、満月から新月に向かう8日目(アシュタミー)を重視するところもあれば、ナクシャトラがローヒニーであることを重要視する教派もあります。そのため、ヒンドゥー教派ごとに、独自の基準を設けて、クリシュナ神の降誕祭を祝うため、地域や教派によって、日程に違いが生じるようです[1]。(2021年は、8月30日、もしくは31日に祝福が行われます。)

ところで、クリシュナ降誕祭の日に、もっとも重要とされるマントラは、「オーム ナモー バガヴァテー ヴァースデーヴァーヤ」といわれます[2]。この日は、バジャンやキールタン、また瞑想や断食を行い、クリシュナを念想しながら神聖な1日を過ごします。
またこの日にできるもっとも簡単で偉大なクリシュナ神への礼拝は、バガヴァッド・ギーターを読むことであるといわれます。
バガヴァッド・ギーターを読むことは、クリシュナの偉大な教えを私たちに思い起こし、クリシュナを讃える最高の礼拝方法であるとされています。

また以下のような簡潔なクリシュナ・プージャーを行う事もできます[3]。

1.身体を洗い清め、静かで清浄な場所を用意します。
2.クリシュナ神とガネーシャ神の像や絵画を設置します。
3.ランプと花・果物・お菓子をお皿に用意します。
4.ガネーシャ神に祈りを捧げます。
5.心を落ち着かせるために、数分間瞑想します。
6.ランプに火を灯します。
7.クリシュナ神への瞑想または祈りを捧げます。
8.花を捧げ、お香を焚きます。トゥラシーの葉があればベストです。また花を捧げるときに、ベルを鳴らしても良いでしょう。
9.「オーム・ナモー・バガヴァテー・ヴァースデーヴァーヤ」あるいは「オーム・ナモー・ヴァースデーヴァーヤ・ナマハ」のマントラを唱えます。
10.このとき、用意した果物やお菓子、食物を捧げます。その後、聖水をふり撒いても良いでしょう。
11.この後、数分間瞑想するか、バガヴァッド・ギーターを読んだりして、神聖な時を過ごします。

プージャーの後は、果物やお菓子は、プラサード(神のお下がり)として、皆でいただくことができます。

クリシュナは、ギーターの中で、行為のすべてを彼に捧げ、彼を信愛することの大切さを説いています。魅力溢れる彼の人生を学び、クリシュナへの想いで、この神聖な1日を過ごすことができれば、クリシュナはきっとその想いに応えてくれるに違いありません。
皆さまにクリシュナ神の祝福がありますように。

[1]”Why is Sri Krishna Jayanti celebrated on two different days?”, http://www.hindu-blog.com/2007/08/why-is-sri-krishna-jayanti-celebrated.html
[2]”Significance of Sri Krishna Jayanti”, http://www.hindu-blog.com/2007/09/significance-of-sri-krishna-jayanti.html
[3]”How to do a Simple Shri Krishna Puja?”, http://www.hindu-blog.com/2008/08/how-to-do-simple-shri-krishna-puja.html

2021年8月の主な祝祭

2021年8月の主な祝祭をご紹介いたします。

8月は1年のうちでとりわけ神聖なシュラヴァナ月が続き、蛇神を讃えるナーガ・パンチャミーなど重要な祝祭が続きます。そのシュラヴァナ月は、満月に行われる兄弟姉妹の絆を祝福するラクシャ・バンダン、ガーヤトリー女神の降誕を祝福するガーヤトリー・ジャヤンティをもって終わりを迎えます(主に北インド)。しかし、その後もクリシュナ降誕祭などが祝福され、吉祥な時が続きます。

8月4日 エーカーダシー
8月6日 シヴァラートリー/プラドーシャ
8月8日 新月/アーディ・アマーヴァシャー
8月9日 シュラヴァナ月の始まり(主に南インド)
8月11日 ハリヤーリー・ティージ
8月12日 ヴィナーヤカ・チャトゥルティー
8月13日 ナーガ・パンチャミー/カルキ・ジャヤンティ
8月15日 独立記念日
8月17日 シンハ(獅子座)・サンクラーンティ
8月18日 エーカーダシー
8月20日 ヴァラ・ラクシュミー・ヴラタ/プラドーシャ
8月21日 オーナム・フェスティバル
8月22日 満月/ラクシャ・バンダン/ガーヤトリー・ジャヤンティ/シュラヴァナ月の終わり(主に北インド)
8月25日 サンカタハラ・チャトゥルティー
8月28日 バララーマ・ジャヤンティ
8月30日 クリシュナ降誕祭/カーリー・ジャヤンティ
8月31日 クリシュナ降誕祭/ダヒー・ハーンディー

*地域や慣習によって、祝祭の日にちには差異が生じることがあります。

1年を通じた祝祭、またその詳細について、インド暦カレンダーでご紹介しております。

参照:Month Panchang

ナーガ・パンチャミー2021

7月に入ると、暑季が続いていた広大なインドの大地に、恵みの雨が降り注ぎます。
乾いた大地が潤い始めるこの時は、シュラヴァナ月(7月~8月)と呼ばれ、1年の中でもっとも神聖な月とされています。
一説に、天地創造の神話である「乳海撹拌」は、このシュラヴァナ月に起きたと伝えられます。

この神聖なシュラヴァナ月における祝祭のひとつに、ナーガ・パンチャミーと呼ばれる蛇神を讃える祝祭があります。
ナーガ・パンチャミーはシュラヴァナ月の新月から5日目に祝福され、2021年は8月13日に迎えます。
雨季に入り、さ迷い出る蛇の被害を受けないよう、祈りを捧げたことがこの祝祭の始まりだと伝えられます。

インドでは広く、蛇は多産や豊穣の象徴とされ、また脱皮を繰り返す姿が輪廻と不死の象徴として崇められてきました。
宇宙を維持するヴィシュヌ神は、永遠を意味する「アナンタ」という大蛇に横たわり眠っています。
私たちの内に存在する根源的な生命エネルギーもまた、尾てい骨に蛇のようにとぐろを巻いて眠っていると言われます。
「クンダリニー」と称されるそのエネルギーは、古代より、多くの探求者がその覚醒に努めてきたものに他ありません。

一方で、シヴァ神は首にぐるりと三周巻きついた蛇と共に描かれます。
三周の蛇は、過去、現在、未来の三つのサイクルを象徴していると伝えられ、それを身につけるシヴァ神は、心の動きによって生じる「時」を超越した、永遠の存在であることを示しているのだと言います。

そんなシヴァ神は、乳海攪拌の過程において生み出された猛毒ハラーハラを飲み、世界を救いました。
一説に、シヴァ神が飲んだ猛毒ハラーハラの一部はこの地にこぼれ落ち、今でも蛇がその毒を宿しているといわれることがあります。

霊性修行の道のりが記された神話としても伝えられる乳海撹拌において生み出された猛毒ハラーハラは、強欲や執着、嫉妬や愛憎、怒気や慢心など、私たちの揺れ動く心から生まれるネガティブな質に例えられます。
揺れ動く私たちの心は、まるで、くねくねと動き回る蛇のようであり、この地にこぼれ落ちた猛毒は、私たちの心を通して、面に湧き出てくるのかもしれません。

夏至を過ぎ、冬至に向かい始める今は、夜が少しずつ長くなり、人々の心に大きく作用する冷たい月の影響が出てくるといわれます。
今この時、慈悲深いシヴァ神に心を定めることで、時に猛毒のような苦悩を生み出す心の働きは静まり、あらゆるネガティブな質を制御することができるでしょう。
そうして一人ひとりの心が清らかになる時、シヴァ神が願うように、この世界には平和が満ちるに違いありません。

参照:2021 Nag Panchami

第99回グループ・ホーマ(グル・プールニマー)無事終了のお知らせ

第99回グループ・ホーマ(グル・プールニマー)にお申込みいただきました皆様、誠にありがとうございました。

グルを礼拝する第99回グループ・ホーマは、7月24日に無事に終了いたしました。

プージャーの写真を以下に掲載させていただきます。

神々の祝福と、より良い体験がありますよう、心よりお祈り申し上げます。
第99回グループ・ホーマの実施内容はこちらよりご覧いただけます。

新型コロナウィルス緊急アンナダーナ活動報告(その64)

新型コロナウイルス緊急アンナダーナにご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

昨年の3月25日に始まった新型コロナウイルス感染拡大防止のためのインド全土の封鎖は、段階的な緩和が行われ、9月に第1波の感染拡大のピークを迎えました。
9月以降は減少傾向が続いていましたが、今年の3月以降に第2波が深刻となり、現在も予断を許さない状況が続いています。
これまでに累計感染者数は3125万人、死者数は41.9万人を超えました。

食事の奉仕は、7月17日に500皿(第119回目)、7月20日に500皿(第120回目)を配ることができました。
メニューはどちらもダール・チャーワル(豆のカレーとご飯、1皿45ルピー)です。

食事の奉仕を行う首都のデリーでは、感染状況がだいぶ改善し、今週、およそ半年ぶりに、死者数がゼロになった日がありました。
しかし、まだ感染状況が改善していない地域もあり、第3波は必ず来るといわれていることもあることから、油断は出来ない状況が続いています。
今回は、これまで継続してきた経済的に困窮する人々が暮らす地域を中心に、車両で移動しながらの奉仕を行いました。

皆様からたくさんの温かいお気持ちをいただき、コロナ禍以降、週に2回のペースで、これまでに500食の奉仕を120回(60,000食)ほど実施することができています。
感染拡大を防ぐために、日時や場所を事前に決めずに、車両で移動しながらの奉仕が続いていますが、どこでも配膳を始めればあっという間に準備した食事を配り終えてしまう状況です。
皆様の温かなお気持ちが詰まった1食に、救われた人が多くいることと思います。

およそ4か月にわたる雨季を迎えたインドでは、同時に聖なる4か月といわれる大きな祝祭が続く時を迎えています。
これからは神々を讃える祝祭が続く時となり、喜びが溢れる時となります。
苦しい状況が続く日々において、少しでも喜びを見出すことができるように、食事の奉仕を継続していきたいと思います。

この度の温かいご協力に、心より御礼申し上げます。
次回の奉仕後、改めて、ご報告をさせていただきます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

ハリヤーリー・ティージ(ブランコ祭り)2021

2021年8月11日はハリヤーリー・ティージの祝日です。

ハリヤーリー・ティージは、シュラヴァナ月の新月より3日目に、パールヴァティー女神を礼拝する吉日です。インドでは、新月から3日目は「ティージ」と呼ばれ、このシュラヴァナ月のティージはとりわけ吉兆とされています。

この日は、夫シヴァ神のために大変な苦行を行ったパールヴァティー女神に捧げられ、女性たちは夫の幸せと家庭の繁栄を願い祈りを捧げます。

主に北インドでは、モンスーンを迎え大地が潤い緑が濃くなることから、多くの女性たちが緑色のサリーやバングルを身にまとい祝福を行います。この時はハリヤーリー・ティージとされますが、ハリヤーリーは緑を意味しています。

一部の地域では木々に吊るしたブランコに乗ってその喜びを表現し祝福することから、このハリヤーリー・ティージはブランコ祭りとしても広く知られています。

この日に行われる祈りや断食は、家庭のさまざまな問題を取り除き、平安をもたらすと特に信じられています。

参照:2021 Hariyali Teej

ダクシナームールティ神の恩寵

破壊神として崇められるシヴァ神には、ヒマーラヤの地で教えを説く崇高な師としての姿があります。
その姿は知識や悟りの化身として崇められ、ダクシナームールティという名前を持ちます。
誰もがグルとして崇めることができる、偉大な姿です。

ダクシナームールティ神の姿はさまざまに異なって描かれることがありますが、炎を手にし、小鬼である悪魔を踏みつぶした姿で描かれることが多くあります。
この悪魔はアパスマーラと呼ばれ、「忘却」の意味があります。
それは、私たちが自分自身の本質を忘れることによって生まれるものであり、その無知という暗闇を象徴しています。

ダクシナームールティ神には、有名な沈黙の教えがあります。
賢者たちが教えを求めてヒマーラヤにあらわれた時のこと、答えれば答えるほどに生まれる賢者たちの疑問に、ダクシナームールティ神は賢者たちの心に静寂がないことに気がつきます。
そして、ダクシナームールティ神は沈黙を保ちました。
賢者たちは、その静寂の中で深い気づきを得た後、あらゆる疑問が晴れ、解脱に至ったといわれます。

忙しなく動く心からふとあらわれる言葉に自分を重ねる私たちは、簡単に自分自身の本質を忘れ、疑いや迷いに苛まれていきます。
一方で、研ぎ澄まされた静寂は、あるがままの自分に気づきを生み出し、永遠の至福であるその本質に安住する力を授けてくれるものです。
しかし、動き回る性質がある心を持つ私たちにとって、静寂を保つことは容易ではありません。

ダクシナームールティ神は、私たちの動き回る心の動きを止めるかのように、アパスマーラを踏みつぶし、静かに座しています。
その手に握られた炎は、私たちの無知という暗闇を焼き尽くし、気づきという光をもたらすようです。

そんなダクシナームールティ神の姿を礼拝することで生じるエネルギーは、私たちの心を静めてくれるものに他ありません。
そうして神々の存在を中心に生きる時、私たちは自分自身の本質を忘れることなく、光の中で生きることができるはずです。

今年は7月24日の満月に、グルを讃えるグル・プールニマーが祝福されます。
この吉祥な時、皆様にも豊かな恩寵が注がれますように、心よりお祈り申し上げます。

(文章:ひるま)

アーディ・アマーヴァシャー2021

2021年8月8日は、アーディ・アマーヴァシャーの吉日です。

アーディ・アマーヴァシャーは、主にタミルナードゥ州において、先祖供養が行われる重要な新月のひとつです。
アーディはタミル暦の4番目の月となり、7月~8月にあたります。

インドでは、新月に先祖供養を行うことが勧められています。
タミル暦では、1年の中で先祖供養を行うとりわけ重要な新月が3回あり、アーディ・アマーヴァシャーはその1回にあたります。
残りの2回は、タイ・アマーヴァシャーとマハーラヤー・アマーヴァシャーになります。

アーディ月は、神々の力が地球を祝福する時と伝えられ、タミル文化においてとりわけ重要視される期間です。
このアーディ月の間に、太陽は北より南へ動き始めます。
夏至より冬至に向かうこの時は、ダクシナーヤナと呼ばれます。
また、インドにおいて、南は死を意味する方角です。
アーディ・アマーヴァシャーは、このダクシナーヤナの最初の新月であるため、先祖の儀式を行う重要な時とされています。

インドでは、私たちは先祖と血縁関係で結ばれているだけでなく、先祖の行いや思いの影響を非常に強く受けていると信じられています。
この聖なる時に、亡くなった魂を想い、先祖供養を行うことで、私たちもまた祝福されると伝えられています。

参照:2021 Aadi Amavasai