10年目の春

褪せた自然が色を帯びていく美しい春の季節。
インドの地で、そんな喜ばしい自然の移り変わりを、繭の中にいるような心地で享受していた時のことでした。
破壊神として世界を新たな秩序へ導くシヴァ神に、ただ祈りを捧げ続けた東日本大震災が起きたことを思い起こします。

生き生きと芽吹く草木から溢れる光を感じていたその春は、一転して、憂悶と暗く心の休まらない時となりました。
誰もが直面した深い悲しみの中で、世界をひとつに繋ぐかのように広がるお互いを思い合う気持ちが、何よりもの救いであったことが忘れられません。
あれから10年の節目となる今年の3月11日は、シヴァ神を讃えるマハーシヴァラートリーに重なります。

シヴァ神は、妃であるカーリー女神の足下に横たわって描かれることがあります。
悪を倒したカーリー女神が勝利に酔い、大地が粉々に砕けるほどの踊りを始めた時のことでした。
世界が破壊されないように、シヴァ神は身を投げ出してカーリー女神の下敷きなります。
夫であるシヴァ神を踏んだことで我に返ったカーリー女神は、踊りを止め、世界には平和が戻りました。

私たちは、人生という舞台において、目の前で起こる出来事の数々に踊らされ続けています。
時に荒れ狂うその舞台では、破壊を経験することも少なくありません。
未曽有の大震災を通じては、誰しもの心が、喪失や悲嘆、苦悩や絶望など、何らかの破壊を経験したしたことと思います。

しかし、その心が得た気づきは、世界をひとつに繋ぐ祈りを生み出しました。
あたかも、破壊の中で我に返ったカーリー女神が、その踊りを止め、世界に平和が広がっていく過程を見ているかのようでした。
形を失う中で、真実を得ていく美しさを、休まらない心のどこかで感じていたことを思い出します。

破壊される世界を守るために、身を投げ出した慈悲深いシヴァ神は、私たちの意識です。
人生に踊らされ、破壊を伴う多くの苦難に直面する私たちは、常にそんなシヴァ神に気づいている必要があります。
その気づきは、私たちを本質に結びつけ、そこにある真の至福へと導いてくれるはずです。

再びこの季節を迎える今、あの時の思いを胸に刻み、気づきを持ってこの瞬間を生きることを努めたいと感じます。
それが、今を生きる私たちにできる唯一のことであり、そこから生まれる新たな世界には、真の平和が広がるに違いありません。
皆さまにとって、この春が穏やかでありますように、心よりお祈り申し上げます。

(文章:ひるま)

新型コロナウィルス緊急アンナダーナ活動報告(その44)

新型コロナウィルス緊急アンナダーナにご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

昨年の3月25日に始まった新型コロナウィルス感染拡大防止のためのインド全土の封鎖は、6月以降、段階的な措置の緩和が行われています。
インド全体では感染拡大のピークを過ぎるも、これまでに累計感染者数は1115万人、死者数は15.8万人を超えました。

食事の奉仕は、2月27日に500皿(第79回目)、3月2日に500皿(第80回目)を配ることができました。
メニューはどちらもダール・チャーワル(豆のカレーとご飯、1皿45ルピー)です。
引き続き週2回のペースで、経済的に困窮する人々が暮らす地域を中心に、車両で移動しながらの奉仕となっています。

食事の奉仕を行う首都のデリーでは、昨年の3月2日に初めて新型コロナウィルスの感染者が確認されてから、1年が過ぎました。
その正体が分からず、多くの人々が底知れない恐怖を感じていた中で、昨年は3月9日と10日にホーリー・フェスティバルが祝福されています。
その後、感染が少しずつ広がりを見せ、インド全土で累計感染者数562人、死者数9人だった3月25日に、全土封鎖が始まりました。

現在は、一時期の感染拡大を過ぎ、社会経済活動の多くが再開していますが、まだ封鎖の緩和の段階にあります。
ここに来て再び感染者数が急増し始めている地域があり、封鎖の措置を延長する地域も見られ始めています。
デリーでも、100人台の日が続いていた1日の新規感染者数は、200人を超える日が続いています。

封鎖が始まった当初の混乱は落ち着いているように見えますが、このコロナ禍でもっとも困難に直面した経済的に弱い立場の人々の生活は、依然として混乱したままです。
たくさんのご協力に支えられ、こうした困難な状況にある人々へ、これまでに40,000食の奉仕を行うことができました。
皆様の温かなお気持ちが詰まった1食に、救われた人もいることと思います。
こうしてお互いを思い合いことで生まれる温かな繋がりは、必ず良い変化を生み出してくれるはずです。
この状況に学びを深め、より良い社会のために、今後も奉仕を継続していく予定です。

この度の温かいご協力に、心より御礼申し上げます。
次回の奉仕後、改めて、ご報告をさせていただきます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

2021年マハーシヴァラートリーにおけるニシータ・カーラ・プージャー時間

2021年は3月11日に、シヴァ神を讃える1年でもっとも吉祥なマハーシヴァラートリーを迎えます。

マハーシヴァラートリーは、パールグナ月またはマーガ月(2月〜3月)のチャトゥルダシー(満月から13日夜/14日目)にあたります。この日は、1日を通じて断食を行い、夜通しバジャン(讃歌)を歌ったり、マントラを唱えたり、瞑想やプージャーを行って過ごすことが勧められています。

マハーシヴァラートリーのプージャーは、夜の4プラハラに従って行われます。プラハラは時間の単位で、1日(24時間)を約3時間単位で区切ります。日中に4プラハラ、夜に4プラハラ、1日に合計で8プラハラがあります。

そして、このマハーシヴァラートリーの夜の中でも、もっとも神聖な時間帯は、ニシータ・カーラ(निशीथ काल niśītha kāla)と呼ばれています。ニシータは「真夜中」、カーラは「時間」を意味し、このニシータ・カーラの時に、シヴァ神はシヴァリンガとして地上に顕現すると考えられています。

また、断食を終える時間はパーラナと呼ばれ、夜のプージャーを終え身を清めた後、この時間帯に断食を終えることが勧められています。断食を終える時間帯は、日の出からチャトゥルダシーが終わるまでの間、またはチャトゥルダシーが終わってからという考え方もあります。

場所によって時刻には若干差異が出ますが、2021年のマハーシヴァラートリーについて以下にご紹介します。

【インド(ニューデリー)】

・チャトゥルダシー:2021年3月11日14時39分〜3月12日15時02分
・ニシータ・カーラ:2021年3月11日24時06分(12日午前0時06分)〜24時55分(12日午前0時55分)
・パーラナ:3月12日6時34分〜15時2分

・夜の1番目のプラハラ:18時27分〜21時29分
・夜の2番目のプラハラ:21時29分〜24時31分(12日午前0時31分)
・夜の3番目のプラハラ:24時31分(12日午前0時31分)〜27時32分(12日午前3時32分)
・夜の4番目のプラハラ:27時32分(12日午前3時32分)〜30時34分(12日午前6時34分)

【日本(東京)】
・チャトゥルダシー:2021年3月11日18時09分〜3月12日18時32分
・ニシータ・カーラ:2021年3月11日23時26分〜24時15分(12日午前0時15分)
・パーラナ:3月12日5時57分〜14時48分

・夜の1番目のプラハラ:17時45分〜20時48分
・夜の2番目のプラハラ:20時48分〜23時51分
・夜の3番目のプラハラ:23時51分〜26時54分(12日午前2時54分)
・夜の4番目のプラハラ:26時54分(12日午前2時54分)〜29時57分(12日午前5時57分)

仕事のために、夜通しシヴァ神を讃えることができなくても、ニシータ・カーラの時間帯にシヴァ神に意識を向け、讃えることで、シヴァ神の大きな祝福に恵まれると考えられています。

シヴァ神の祝福に満ちたマハーシヴァラートリーを迎えられますよう、心よりお祈り申し上げます。

参照:2021 Maha Shivaratri for Tokyo

カーマデーヴァ・ガーヤトリー・マントラ


・ॐ कामदेवाय विद्महे पुष्पबानाय धीमहि ।
तन्नो अनङ्गः प्रचोदयात्‌ ॥
・om kāmadevāya vidmahe puṣpabānāya dhīmahi |
tanno anaṅgaḥ pracodayāt ||

・オーム カーマデーヴァーヤ ヴィッドゥマヘー プシュパバーナーヤ ディーマヒ
タンノー アナンガハ プラチョーダヤートゥ
・意味:我らがカーマデーヴァ(愛の神)を知り、花の矢を持つ方(プシュパバーナ)を瞑想できるように
アナンガ(肉体のない方)よ、我らを導き給え

カーマデーヴァは欲望に基づいた愛の神として伝えられ、ヴァサンタ(春の神)を親友とし、春の季節に活発になると言われます。
そんなカーマデーヴァは、チャンパカ、ロータス、ジャスミン、マンゴー、アショーカの5つの花の矢を持つと伝えられます。
美しい香りを放つカーマデーヴァの矢は、私たちの感覚を魅了します。
豊かな感情を生み出すその力は、時に、心の平安を奪うものとして捉えられることがあるも、春を引き連れ美しい花を運ぶカーマデーヴァの矢は、死や腐敗に包まれ荒廃していた世界に、命や再生をもたらし、再び繁栄を呼び覚ましました。

一説に、カーマデーヴァはシヴァ神に愛の矢を放ち、その第3の目を開かせたと伝えられます。
最初の妻であるサティーを亡くしたシヴァ神は、悲しみのあまり、深く長い瞑想を続けていました。
サティーがパールヴァティーとして姿を現し再び結ばれる時を迎えるも、シヴァ神は目を開けることはありません。
そんなシヴァ神を目覚めさせようと、カーマデーヴァが愛の矢を打ち放ちます。
しかし、怒ったシヴァ神の第3の目から出た閃光によって、カーマデーヴァは焼き尽くされ、灰となりました。

焼き尽くされてしまったカーマデーヴァをひどく悲しみ、妃であるラティ(快楽の女神)は夫を蘇らせようと苦行を始めます。
カーマデーヴァが灰になったとされるヴァサント・パンチャミーから、ホーリー・フェスティバルまでの約40日間、ラティは厳しい苦行を行い、心のイメージとしてカーマデーヴァを蘇らせました。
カーマデーヴァは肉体のない者=アナンガと呼ばれるように、ラティはそこで、肉体的ではない精神的な深い愛と喜びを見つけたといわれます。

ジャーナキー・ジャヤンティー2021

sitarama6
2021年は3月6日に、インドの一部の慣習においてジャーナキー・ジャヤンティーが祝福されます。

ジャーナキー・ジャヤンティーは、シーター女神の降誕祭として祝福される祝祭です。
パールグナ月(2月〜3月)のクリシュナ・パクシャ(満月から新月へ向かう半月)のアシュタミー(8日目)がその日にあたります。

シーター女神は、ヴィシュヌ神の7番目の化身であるラーマ神の妃であり、ラクシュミー女神の化身とも言われ、高潔さや純真さの象徴として崇められます。
ジャナカ王の娘として生まれたシーター女神は、ジャーナキーという別名があります。
また、大地の女神であるブーミを母に持つシーター女神の名は、「畝(うね)」という意味があり、畑の畝の間から生まれたと信じられています。
土地の肥沃さや農作における豊穣の女神として崇められるも、ラーマ神の妃として生きたシーター女神の生涯は苦難に満ちたものでした。

ラーマ神とシーター女神の歩みが綴られたラーマーヤナは、私たちに霊性を育む多くの教えを示すとともに、さまざまな問いを投げかけます。
その壮大な物語を通じては、日々を幸せに、ダルマの中で生きる術を学ぶことができるでしょう。

※シーター女神の降誕祭は、ヴァイシャーカ月(4月〜5月)のシュクラ・パクシャ(新月から満月へ向かう半月)のナヴァミー(9日目)に祝福される慣習もあります。

参照:2021 Janaki Jayanti

第89回グループ・ホーマ(ラリター・ジャヤンティ)無事終了のお知らせ

第89回グループ・ホーマ(ラリター・ジャヤンティ)にお申込みいただきました皆様、誠にありがとうございました。

ラリター女神を礼拝する第89回グループ・ホーマは、2月27日に無事に終了いたしました。

プージャーの写真を以下に掲載させていただきます。

神々の祝福と、より良い体験がありますよう、心よりお祈り申し上げます。
第89回グループ・ホーマの実施内容はこちらよりご覧いただけます。

クリシュナ神とプータナー

春の心地よい満月の日に祝福されるホーリー・フェスティバルは、ドゥランディーと呼ばれるカラフルな色粉や色水の掛け合いが有名な祝祭です。
華やかな色彩を放つ神々が見守るインドの地で、人生を彩り、日々を至福で満たすことの意味をはっきりと見せてくれたのは、このホーリー・フェスティバルかもしれません。

そんなホーリー・フェスティバルの前夜には、ホーリカー・ダハンと呼ばれる火を焚く儀式が厳かに行われます。
ホーリカー・ダハンは、プラフラーダとホーリカーに見られる神話以外にも、霊性を育むさまざまな言い伝えがあります。
そのひとつが、プータナーにまつわる神話です。

魔女であったプータナーは、悪王であるカンサに、生まれたばかりのクリシュナ神の命を奪うことを命じられます。
プータナーは、美しい女性の姿となって、赤子のクリシュナ神に近づきました。
そして、猛毒を塗った乳房をクリシュナ神に吸わせ、その命を奪おうとします。

しかし、すべてを見抜いていたクリシュナ神は、その乳房からプータナーの生命力を吸い尽くしました。
プータナーは苦しさのあまり、もとの魔女の姿に変わり果て、そのまま息絶えます。
魔女の身体を見て驚いた村人たちは、薪に火をつけ、プータナーの身体を焼いたと伝えられます。
それがホーリーの日であったと伝えられ、人々は見上げるような焚き火を囲みながら、悪を払う祈りの儀式を行います。

プータナーにまつわるさまざまな解釈のひとつでは、プータナーが冬を象徴し、その死は冬の終わりを意味すると伝えられます。
冬が終わり、春が始まる時。
この時は、冬の間に溜め込んだ不純物が排出され、心身だけでなく、自然にも好ましくない質が満ちると信じられてきました。
欲望や感覚が不安定になり、個々の内でも悪質が高まるとされるのがこの時です。

そんな悪質を象徴するプータナーが焼かれた時、その煙からは芳しい香りが放たれたといわれます。
クリシュナ神に吸い尽くされたことで、あらゆる罪が浄化され、プータナーが天界に登ったからでした。
魔女であり、クリシュナ神の命を奪おうとしたプータナーですら、クリシュナ神の前では清められ、救済に導かれました。

季節が移り変わる変化の時、燃え上がる炎を囲みながら神々に心を定めれば、心身や周囲の環境が浄化され、純粋な喜びを享受できるに違いありません。
そこでは、色とりどりの花の香りが満ちる春のような、芳しい至福が広がるはずです。

(文章:ひるま)

参照:History of Holi: Holi Story, Importance of Festival Celebrations

新型コロナウィルス支援募金活動報告(その27)

新型コロナウィルス支援募金にご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

3月25日に始まった新型コロナウィルス感染拡大防止のためのインド全土の封鎖は、6月以降、段階的な措置の緩和が行われています。
昨年9月の感染拡大時には、1日の新規感染者数が10万人に迫る勢いでしたが、現在は1万人台で推移しています。
しかし、2月中旬以降、感染者数が急増している地域があり、懸念される状況に警鐘が鳴らされています。

2月23日に、身寄りのない高齢者や孤児が暮らす福祉施設へ、第15回目の物資の支援を行いました。
もっとも消費される食料品や生活必需品を中心に物資を集め、配送料を含めた合計は、Rs.32570(約48000円)です。
今回は、前回の支援から約4週間での支援となりました。

寒い冬が続いていた北インドでは、あっという間に春が訪れ、30度を超える日も出てきています。
これまでは、施設を訪問しても寒さのために多くの方々が部屋に籠っているようでしたが、今回訪れた際には、外で過ごす方の姿が多くありました。
少し間があきましたが、今回もあたたかく迎え入れられ、定番となった甘いお菓子のラッドゥーを大喜びしてくださる姿に、毎回こちらも嬉しい気持ちでいっぱいになります。

現在、施設では400名以上の入居者が暮らしていますが、コロナ禍で入居を希望する人が絶えず、今後も可能な限り、受け入れを行っていきたいとお話にありました。
多くの人が大変な思いをされている中、皆様から継続して温かいお気持ちをいただいておりますこと、心からの感謝をお預かりしています。
こうした温かな繋がりが社会に広がることを心から願ってやみません。

インドはまだ封鎖の緩和の段階にありますが、社会経済活動の多くが再開しています。
しかし、ここで感染者数が急増し始めている地域があり、再び厳しい対策が取り入れられるなど、予断を許さない状況にまだまだ不安は拭えません。
先が見えず大変な状況が続きますが、皆様の温かなお気持ちを通じてこの時を乗り越えることができるように、今後も活動していきたいと思います。

この度の温かいご協力に、心より御礼申し上げます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

2021年3月の主な祝祭

2021年3月の主な祝祭日をご紹介いたします。

春の到来を感じる3月には、その穏やかな気候の中で、シヴァ神を讃えるもっとも神聖な夜、マハーシヴァラートリーが祝福されます。その後の満月には、インドの各地が歓喜に包まれるホーリー・フェスティバルが盛大に祝福されます。

3月2日 サンカタハラ・チャトゥルティー
3月4日 ヤショーダー・ジャヤンティー
3月6日 ジャーナキー・ジャヤンティー
3月9日 エーカーダシー
3月10日 プラドーシャ
3月11日 マハーシヴァラートリー
3月13日 新月
3月14日 ミーナ(魚座)・サンクラーンティ
3月17日 ヴィナーヤカ・チャトゥルティー
3月25日 エーカーダシー
3月26日 プラドーシャ
3月28日 ホーリカー・ダハン/パングニ・ウッティラム
3月29日 満月/ホーリー・フェスティバル
3月31日 サンカタハラ・チャトゥルティー

※地域や慣習によって差異が生じます。

1年を通じた祝祭、またその詳細について、インド暦カレンダーでご紹介しております。

参照:Month Panchang

新型コロナウィルス緊急アンナダーナ活動報告(その43)

新型コロナウィルス緊急アンナダーナにご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

3月25日に始まった新型コロナウィルス感染拡大防止のためのインド全土の封鎖は、6月以降、段階的な措置の緩和が行われています。
インド全体では感染拡大のピークを過ぎるも、これまでに累計感染者数は1102万人、死者数は15.7万人を超えました。

食事の奉仕は、2月20日に500皿(第77回目)、2月23日に500皿(第78回目)を配ることができました。
メニューはどちらもダール・チャーワル(豆のカレーとご飯、1皿45ルピー)です。
引き続き週2回のペースで、経済的に困窮する人々が暮らす地域を中心に、車両で移動しながらの奉仕となっています。

インド全体では、昨年の9月以降、新型コロナウィルスの新規感染者数は減少傾向が続き、一部の地域では集団免疫を獲得したとの見方も出ていますが、ここに来て再び感染者数が急増し始めている地域があります。
大都市ムンバイのあるマハーラーシュトラ州では、今後の状況によって再び厳しい封鎖を行う可能性があることが示唆されました。

食事の奉仕を行う首都のデリーでは、1日の新規感染者数は100人台の日が続き、感染者数の急増は見られていませんが、感染が再拡大する地域もあり、楽観できない状況が続きます。
デリーでの生活はほぼ平常に戻っているようにも見られますが、特に日雇い労働などの不安定な就労状態にあった経済的に弱い立場の人々は、貧困層が暮らす地域で感染が拡大したこともあり、仕事を拒まれるなど生活の再建は簡単ではないとされています。

一方、インドでは1月16日からワクチン接種が始まりましたが、これまでに、最前線で働く人々の42%が1回目を接種し終えたと伝えられました。
不安定な状況に一喜一憂してしまいますが、状況の変化に心を揺さぶられることのないよう、こうして与えられた日々に学びを深めたいと感じます。
そして、光のある方に進むことができるように、今後も皆様の温かいお気持ちを活用させていただきたいと思います。

この度の温かいご協力に、心より御礼申し上げます。
次回の奉仕後、改めて、ご報告をさせていただきます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)