51、ChakraとRagaの関係

Meditation time

Chakraの数には「7」の他にも、「12」を説く流派もあれば、古代科学音楽にあって廃れたのだとしたら「22」も在ったのでは? と述べましたが、ここでは、基本であり、ある意味究極かも知れない「7種」を基にお話させて頂きたいと思います。

まず、それぞれのChakraは、その位置に比較的近い臓器の働きに当然のように深く関わっています。その一方で、西洋医学の感覚からすれば直ぐには分かりにい「全身的」な関わりや、心や精神との関わりも説いています。
例えば、会陰部にある「第1Chakra:Muladhara」が、生命力や生気、情熱に関わるとは、西洋医学的な感覚では分かりにくいのではないでしょうか? しかし、昔の人が「胆力」と言っていたように、下半身が丈夫で健康でないと根気、気力も持久力もわきませんし、実生活でも下半身に支障が生じた時には、やる気も集中力もわかない経験をされた方は少なくないはずです。
問題は、それが、口まわりでも同じだったりすることです。歯痛や口内炎などでも同じように、やる気も集中力もわかない経験をされたことはないですか?  アーユルヴェーダや中医・漢方弁証論治の「全身療法」の考え方では、これらは、深く関わり繋がっているから、意識、気力に似たような影響が出るのは当然なのです。
つまり、一つ一つのChakraには、専門的な性質や役割がありますが、それらは互いに深くかかわり合っている、ということです。
もしこれらに、西洋科学の合理主義的なエビデンスが得られれば、なんと喜ばしく、堂々と語り、多くの人々が心底信じ切って安心出来ることでしょうが、現状そうでもないところが悔しいところです。

しかし、人間の数千年の歴史のスケールで見れば、西洋医学・解剖学で、血管の他に、リンパ管、神経という脈絡があることが発見されたのは、それこそ「つい先日のこと」かも知れません。なら、将来、「気」や「経絡」「Nadi」などが実態として認識され医学の概念が根底からくつがえされる時代も来るかも知れないわけです。

今回からしばらく、このような幾つかのことを念頭において、古代インド科学音楽の療法について、考えてみたいと思います。

ひとつは、今述べました「Chakraの専門性と相互関係」というテーマですが、そこで大切なことは、やはり「恒常性」との関係性だと考えます。

私たち現代人は、意識や感覚では「曖昧、柔軟」を好みつつも、心や体の健康や安全安心に関しては、意外に「白黒付けたがる」傾向にあるとは思いませんか? 要するに、「これは有害、これは無害、これは有益」と、けっこう厳しく選別しているように思われます。
しかし、「恒常性」にとっては、「両極端のどちらも必要」なはずです。故に、どちらかを選別してしまうということ自体が「恒常性」を壊す行為とも言えるわけです。

もちろん、急を要する対処が必要不可欠の場合は、「恒常性」と、それによる「自然治癒力」が壊れかけているからに他なりませんから、それを補う、是正することをせねばなりません。中医・漢方弁証論治にも「急則治其標」という有名な言葉があり、「急を要する場合は、標治(表出された急性の症状に対処療法を施すこと)せよ」と教えています。
しかし、東洋医学の目的は「バランスを整える」であり、それは「変えること」ではなく「元(自然治癒力)に戻すこと」であるはずですから、緊急の対処法、は、正常な状態からみれば「極端」であり、「対処療法」は、あくまでも「緊急避難措置」なはずなのです。

また、明らかな「有害物質」が、「恒常性のための両極端」の一方であるはずはありません。しかし、心と体に摂り込むべきものは、「善悪、白黒」的に言うならば、「両極端をセットで摂るべき」、という基本があるということを忘れてはならないはずです。
もちろん「有害なものも摂るべきだ」という意味ではありません。しかし、「美味しい不味い」「甘い苦い」「分かり易い分かりにくい」となってくると、ついつい「利害」の感覚を当てはめてはいないでしょうか? 例えば、言葉や忠告などともなれば、ものすごく多くの人が「耳に優しい=良い(有益)」「耳が痛い言葉(や話)=悪い(無益どころが有害)」的に感じてしまうクセがついているのではないでしょうか?

また、ついつい対処療法的に、「○○の調子が悪いから」と、ある部分(目的)のためだけの処方を試みようとしてしまいがちではないでしょうか?
もちろん、これも「急則治其標」です。しかし、長期に渡って「そればかり」に偏ってしまっては「全身療法」から遠ざかってしまいます。
この辺りを今一度振り返ってみないと、「心と体が摂り込むもの」と同様に、体を健康(本来のニュートラルな状態)」に戻すためのYogaもRagaも、偏ってしまうかも知れないのです。
例えば、「寝付かれない、睡眠の質が悪い」という現代人は少なくないですが、全て「リラックス、癒す」が効奏するとは限りません。体の臨戦態勢が亢進した結果の興奮状態と、内面の奥底の力(例えば第1Chakraなど)が弱まった結果の「急鼠猫を噛む」的な興奮では全くその質が逆さまです。このことは、神経科のお医者さんならばある程度はご理解されているはずです。
この意味でも、Ayurvedaの「質(傾向や状態)を診る」及び中医・漢方弁証論治の「証を診る」という概念は、極めて理に叶ったものであると言えましょう。

(文章:若林 忠宏

‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥
若林忠宏氏によるオリジナル・ヨーガミュージック製作(デモ音源申込み)
‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥

2016年9月の主な祝祭

slideshow_img_63197c

2016年9月の主な祝祭をご紹介いたします。

9月は世界中で愛されるガネーシャ神の降誕祭が、およそ10日間に渡って盛大に祝福されます。その後は、先祖供養の期間がおよそ2週間入り、続いていた大きな祝祭がひと段落する時を迎えますが、先祖供養のための儀式が熱心に執り行われます。

9月1日 新月
9月4日 ヴァラーハ・ジャヤンティ
9月5日 ガネーシャ降誕祭
9月6日 リシ・パンチャミー
9月9日 マハーラクシュミー・ヴラタの始まり/ラーダー・アシュタミー(日本時間では10日)
9月13日 オーナム祭/ヴァーマナ・ジャヤンティ/エーカーダシー
9月15日 アナンタ・チャトゥルダシー(ガネーシャ降誕祭最終日)
9月16日 満月/ヴィシュヴァカルマン・プージャー(日本時間では17日)
9月17日 ピトリ・パクシャ(先祖供養の2週間の始まり)
9月23日 マハーラクシュミー・ヴラタの終わり
9月26日 エーカーダシー
9月29日 シヴァラートリー
9月30日 新月(先祖供養の2週間の終わり)(日本時間では10月1日)

*地域や慣習によって、祝祭の日にちには差異が生じることがあります。

1年を通じた祝祭、またその詳細について、インド暦カレンダーでご紹介しております。

参照:http://www.mypanchang.com/hindufestivals2016.php
http://www.drikpanchang.com/panchang/month-panchang.html

スタッフ日記:変身するシヴァリンガム

12のジョーティルリンガの一つがあるマハーカーレーシュワラ寺院(マディヤプラデーシュ州ウッジャイン)のシヴァリンガム。友人の知人の方が熱心にお参りをされるようで、皆さんにと写真を送ってくださいました。

これは8月15日の独立記念日のシヴァリンガム。なんとティラカがインドの国旗。

2

これは先日のクリシュナ降誕祭のシヴァリンガム。なんとクリシュナ神の象徴であるフルートにクジャクの羽。ティラカもヴィシュヌ派に。

3

インドにはたくさんの神々がいますが、おおもとは皆ひとつ。

祭壇にたくさんの神様を祀ったらいけないかも、とか、複数の神様を同時に崇めたらいかないかも、と思ってしまいますが、インドではそんなことはありません。シヴァ神もクリシュナ神に変身したり。おおらかなインドの慣習がとても好きです。

(スタッフ:ひるま)

ヨーガ・スートラ第1章第26節

Hindu God Yoga Sutra of Patanjali Statue on Exterior of Hindu Temple


पूर्वेषामपि गुरुः कालेनानवच्छेदात्॥२६॥
Pūrveṣāmapi guruḥ kālenānavacchedāt||26||
プールヴェーシャーマピ グルフ カーレーナーナヴァッチェーダートゥ
太古のグルたちにとってもグルである、時間によって制限されていないから。

簡単な解説:前節において、至高神には全てのことを知る最高の力の源があると説かれました。本節では、その至高神は時間によって制限された存在でないため、太古のグルたちにとってもグルであり、それは人類最初のグルであり、今もなおグルとして存在していると説かれます。

女神の教え

Hindu Goddess Durga right view close up.

女神を讃える9間の夜、ナヴァラートリ祭に見られるように、インドでは女神への礼拝が日々の中で欠かせません。女神たちの多くは、神々が世界を創造する時の力を具現したものとして、日常の一瞬一瞬において崇められています。山や川、木や花、大地、食物など、この世界のあらわれはすべて女神であり、礼拝の対象として存在しています。それを深く教えられたのは、ガネーシャ神と母であるパールヴァティー女神のある例え話を通じてでした。

ある時、ガネーシャ神は外へ遊びに出かけた際、一匹の猫を見つけ戯れ始めました。猫が小さかったのをいいことに、引っ張ったり突いたり、しまいに猫は、ガネーシャ神から逃げてしまいます。家に帰ったガネーシャ神は、母であるパールヴァティー女神を見て驚きます。パールヴァティー女神の髪は乱れ、体には痣、顔には引っ掻き傷がありました。

ガネーシャ神が「誰がそんなことをしたの?」と尋ねると、パールヴァティー女神は「今まであなたは猫と遊んでいましたね。どんな風に接しましたか?」と答えます。ガネーシャ神は思い出し、「猫の飼い主が仕返しにしにきたの?」と尋ねます。パールヴァティー女神は答えました。「いいえ。あなたは、全世界が私のあらわれであることを忘れたのですか。あなたが猫にしたことは、私にしたことに変わりないのです。」パールヴァティー女神は、虐げられた自らの姿を通じ、その事実をガネーシャ神に教えました。

私たちのまわりにあるものは、自分自身を含め、すべて神々の力のあらわれです。それを知り崇める時、私たちは大きな世界をより深く、愛することができるはずです。しかし、自分自身の内で欲望や自尊心といった悪質が強くなる時、私たちは大きな世界との調和を見失い、自らさまざまな困難に苦しみます。

大自然の移り変わりにあたるナヴァラートリ祭は、とりわけ女神の力が大きくなる時といわれます。ナヴァラートリ祭の最終日は、ドゥルガー女神が悪神を倒したことを祝福するダシャラー祭が祝福されます。ダシャラー祭で倒される魔王ラーヴァナは、10の頭を持ち、それは私たちの内に渦巻く悪質の数々を象徴しているといわれます。

ナヴァラートリ祭を通じた女神への礼拝は、自分自身の内の悪質を倒し、大きな世界と調和するこの上ない吉兆な時です。自分自身も神々の力のあらわれに他ならないことを忘れずに、大きな世界を愛し、自身の内と外に平和を見出せるよう、ナヴァラートリ祭を迎えたいと感じています。

(文章:ひるま)

スタッフ日記:クリシュナ降誕祭の様子

昨日はインド各地で盛大なクリシュナ降誕祭が祝福されたようです。昨日ご案内させていただいた、アンナダーナを実施する寺院も、こんなにライトアップされてとてもきれい。

2016082501

こちらは年間プージャーを実施する寺院の様子です。たくさんの人だかり!舞台が設けられて寸劇なども。

2016082503

ベビークリシュナも華やかに。

2016082502

ラーダーとクリシュナもいつになく美しいです。

2016082505

あと10日もすれば、今度はガネーシャ降誕祭です。皆さまに大きな恩寵がありますように。

(スタッフ:ひるま)

宇宙階層構造の幾何学

Digital Illustration of Spiral Galaxy

私たちの住む世界は、3次元空間です。しかし、原子よりも小さなミクロの世界、あるいは銀河系や銀河団よりも大きなマクロの世界に目を向ければ、そこに3次元空間が続いているとは限りません。統一理論として期待されている超弦理論では、9次元や10次元空間という、高次元の理論に基づいています。

また、自己相似やフラクタルと呼ばれる数学では、非整数の次元が登場します。非整数の次元は、どのような世界なのか想像しづらいですが、自然界で頻繁に観察される次元であり、海岸線、川、銀河の空間分布などは、1.2次元前後と報告されています[1]。1次元は直線、2次元は面であることから、1.2次元は、直線よりも複雑であり、面よりは単純な図形と捉えることができます。

筆者の提唱する自己相似対称(SSS)モデル[2]は、プランクから宇宙スケールまで、宇宙における階層構造は、1.2次元の相似次元で支配されていることを示しています。大統一、電弱統一、原子、中性子星、太陽系、銀河系の6つの階層は、宇宙マイクロ波背景放射(CMB)の相似形として表現することができます。CMBは、刻一刻と変化しているため、それに応じて、宇宙の階層構造も変化すると考えられます。

これは、物理の未解決問題のひとつである階層性問題に対して、解決の糸口を与えることになるかもしれません。階層性問題とは、たとえば重力と弱い力の間には、なぜ1032倍もの差があるのかという、階層間の大きな差を問題としています。これを解決するためには、数学的に不自然な補正を行わなければならないため、ファインチューニング問題(微調整問題)としても知られています。

SSSモデルにもとづけば、各階層間の差は、プランク温度とCMB温度の差に起因しています。すなわち、重力と弱い力の間に1032倍もの差があるのは、プランク温度とCMB温度に1032倍の差があるためといえます。今後、宇宙膨張とともにプランク温度とCMB温度の差が大きくなるにしたがって、重力と弱い力の差も大きくなると予想されます。

算数や数学の図形問題で、補助線を1本引くだけで、問題がとても簡単になることを経験したことがあるでしょう。宇宙の階層構造を幾何学的に捉えると、多くの未解決問題が、シンプルに解決できる可能性があります。

参考文献
[1] 高安秀樹 (1986) 「フラクタル」 朝倉書店
[2] Sonoda T (2016) Self-Similar Symmetry Model and Cosmic Microwave Background. Front. Appl. Math. Stat. 2:5. doi: 10.3389/fams.2016.00005

2016年秋のナヴァラートリ祭

Indian goddess

ナヴァラートリとは、ドゥルガー、ラクシュミー、サラスワティー女神をお奉りするヒンドゥー教の三大祭典のひとつです。「ナヴァ」はサンスクリット語で9をあらわし、「ラートリ」は夜を意味します。したがって、ナヴァラートリとは、9日間の夜となります。この祭典は、春と秋の年2回、9日間にわたって行われます。ヒンドゥー教のカレンダーでは、月齢にしたがっているために毎年開催時期が多少前後しますが、2016年は10月1日から10月10日(日本時間では10月2日から10月10日)まで行われます。

ナヴァラートリの9日間は、礼拝する神さまに応じて、3日間ずつに分けられます。はじめの3日間は、わたしたちの心の中に潜む不純物や悪徳、欠点を破壊するため、強力な戦士でもあるドゥルガー女神を礼拝します。次の3日間は、すべての帰依者に尽きることのない富と幸福を授けるといわれるラクシュミー女神を礼拝します。そして、最後の3日間は、創造主ブラフマーの妻であり、学問と芸術、そして叡智を授ける女神であるサラスワティー女神を礼拝します。わたしたちは人生のさまざまな局面で、神々からの祝福を求めて、3つの側面をもつそれぞれの女神さまにお祈りを捧げます。そのために、この祭典には9日間が費やされます。

ナヴァラートリの期間中、真摯な帰依者の中には、断食をしながら、健康や繁栄を願って祈りを捧げる人々もいます。じぶん自身の日々の生活を見つめ直して、人生の向上につながる新しい習慣をはじめるには、昔からナヴァラートリはこの上ない吉祥の日であるといわれています。

10月11日に行われるナヴァラートリの第10日目は、ダシャラー(Dussehra)と呼ばれる吉日です。この日には、ラーヴァナという悪魔をかたどった像が燃やされ、ラーマに主導される善の勢力が、悪に打ち勝った日として盛大に祝われます。

ナヴァラートリは、自身の内面に潜む不浄な傾向を克服するために、非常に重要な期間とされています。この神聖な期間を活かして、かつてラーマが悪鬼ラーヴァナに勝利したように、わたしたちの内面に潜む悪魔を討ち滅ぼすことができるよう日々を過ごされてみるとよいでしょう。

参照
[1] “Navaratri” from Wikipedia, Free encyclopedia, http://en.wikipedia.org/wiki/Navratri

スタッフ日記:アンナダーナのお誘い

今日はクリシュナ降誕祭。喜びあふれる日にアンナダーナ(食事の施し)のご案内を掲載しました。

アンナダーナ(2016年9月4日(日)実施)

インドではあちらこちらでアンナダーナが頻繁に行われています。バンダーラと言われたりもして、アーシュラムでは毎日のように行われていたりもします。

アンナダーナを行うことは、1000の象と馬、1千万の牛を寄付するよりも大きな恩寵があるといわれ、プージャーを実施するより恩恵高いと教えられたこともありました。感謝の気持ちを表したい時、喜びを分かち合いたい時、幸せを願う時、救いが欲しい時、苦難にある時、インドではたくさんの人々がアンナダーナを実践しています。

105880137

シヴァ神に食事を捧げるアンナプールナー女神。女神の名は「食物に満たされた者」の意味を持ちます。

アンナダーナは座る場所や席を設けたりする場合もありますが、人数が限られてしまうので、今回は立食で配るだけを予定しています。日時はガネーシャ降誕祭の前日。祝日はアンナダーナを実施する人が多く、また断食をする人も多いため、なるべく多くの人に行きわたるように、特に祝日などではない日に実施することとなりました。初めて手配をしているので、いろいろと不安な部分もありますが、今後も定期的に実施していきたいと思っています。

ご寄付額は1,000円からご参加いただけます。どうぞよろしくお願いいたします。

物質界を解脱して真の自由を願う者は
物質次元の報果を期待することなく
聖語“タット”を唱えて
供犠 修行 布施を行え
(バガヴァッド・ギーター 17章25節 神の詩―バガヴァッド・ギーター田中 嫺玉 (著, 翻訳))

(スタッフ:ひるま)

50、20世紀の伝説的な太鼓奏者

A young boy playing on traditional Indian tabla drums.

第二次世界大戦が終わり、パキスタンとの分離独立によって共和国となり、宮廷音楽が終焉を迎えてもなお、その後十年二十年に渡っても、インド音楽楽壇における太鼓奏者の地位は、決して高いものではありませんでした。

カースト制度で知られる身分制度(実際は単なる身分、貴賎ではありませんが)があるインドに対し、「神の前の平等」を説いたイスラム教諸国でさえも、ある程度の身分の貴賎はあり、とりわけ音楽家に対する卑下の念は近年まで根強いものがあったと言われます。故に、イスラム王朝時代のインドにおいて、イスラム教徒の音楽家の中でも、イスラム教に改宗した後でさえ、身分の貴賎、優劣はつきまとっていたと言われます。

特に太鼓奏者は、幾つかの理由が合わさって、おそらく最も卑下された立場にあったと考えられます。

世界的に知られるようになった弦楽器シタールの演奏家が、「Sitar Nawaz、Sitar Wadak」それぞれ「シタールの貴公子、シタールの巨匠」などという輝かしい称号のようなものがあり、全て並べると「Sitar Nawaz KhanSaheb(カーン様) Ustad(先生) ○○ Khan」などというご丁寧な呼称になります。

それに対して太鼓「Tabla(タブラー)」の演奏者には、ごく近年になって、「Tabla Wadak」が見られる程度で、それも当初は多くの楽人が眉をひそめたほどです。それどころか「Tablchi(タブルチー/太鼓野郎)」などという言い方さえあり、この「Chi」が声楽かや器楽奏者に付けられることは決してありません。

そんな、はっきり言えば明らかに冷遇された立場の太鼓奏者ですが、それでもなお、楽壇で一目置かれ、語り継がれ、音楽史にその名を刻んだ偉人的名手が何人か居ます。しかしながら、それでもやはり扱いは低い。シタールの巨匠の数倍の修行と深みと芸術性を持ちながら、同等にさえ扱われないのです。しかも、そのような卓越した太鼓奏者は、太鼓の流派の中でも分家の末端に居たりするので、本家の家元を差し置いて賞賛する訳にもいかない、という世知辛いしがらみもあります。加えて、多くの太鼓奏者が、極めて貧しいだけでなく、そのような清貧な人生に何の疑問も不服も抱いていない、というのもかつての当たり前の姿でした。

もちろん近年になれば、太鼓奏者の立場、地位も上がり、シルクのクルタ(シャツ)に純金のカフスをはめて運転手付きで重役出勤する大先生も現れました。

インド太鼓「Tabla」の主流六大流派のひとつ「Benares-Gharana(Varanasi-Gharana/ベナレス・ガラナ/ヴァラナシ派)」が輩出した、Pandit Anokhelal Misra(1914〜1958)は、インド政府が「封印」をしたという噂さえあるとんでもない名人でしたが、分家の一門下に過ぎませんでした。

伝説的なと或る体育館で行われたコンサートでは、シタール奏者も熱演し、互いにヒートアップし、遂にはシタール奏者の手が動かないスピード迄上がってしまったにも関わらず、Anokhelalは、まるでそのまま昇天するのか? 全く止まる気配を見せずに独奏状態になり、それでもテンポを上げて行ったというのです。しかも、指先で叩く小さな太鼓であるにもかかわらず、そのうねる様な波のようなビートは、体育館の満員の聴衆をひとつにする程の力を持ち、なんと最後は、興奮した聴衆が腰の下のパイプ椅子を両手でつかんで腰と椅子を上下させる大音響が、一つのビートとなって鳴り響いたというのです。

真偽の程は分かりませんが、その時の演奏を記録したテープは、インド政府が「100年公開してはならない」と封印したと聞きました。

インド太鼓奏者には、Anokhelalの他にも、超人的と奇人的が合わさったような常識を超えた技法や名演奏でしられる人物が少なくありません。それでもなお、旋律楽器奏者の多くは、その奇人的な面をやり玉に上げて、少なからず卑下したように言うのです。楽器が違うのだから、嫉妬する必要もなかろうに、と思うのですが、インド音楽における旋律奏者と太鼓奏者の善くも悪くもライバル意識、対峙関係、は、たどれば「RagaとTala」の永遠の確執、二元論にも行き着くのでしょう。

旋律奏者たちの捨て台詞は、「やつら飯喰ってる時でさえパーンを噛んでやがるから、大概頭がイカレてるんだ」でした。

(文章:若林 忠宏

‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥
若林忠宏氏によるオリジナル・ヨーガミュージック製作(デモ音源申込み)
‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥