パラシュラーマ神の苦行

世界に危機が生じた時、特別な姿となってあらわれ世界を救うと信じられるヴィシュヌ神。
そんなヴィシュヌ神の6番目の化身として崇められるパラシュラーマ神の降誕祭が、2021年は5月14日に祝福されます。

パラシュラーマ神の降誕祭は、願われた物事が朽ち果てることなく続いていくと信じられる1年の大吉日、アクシャ・トリティーヤーに重なります。
パラシュラーマ神は、司祭階級のブラフミンの生まれであったとされますが、武士階級のクシャトリヤの質を備えていたといわれます。
シヴァ神を師として仰ぎ、厳しい苦行を行うと、シヴァ神は斧(パラシュ)を授けるとともに、武道を伝授しました。

そうして得たパラシュラーマ神の力は、この世の中の混乱を鎮めるために発揮されます。
武士階級のクシャトリヤがその力を乱用し、世の中を混乱に陥れていた時のことでした。
パラシュラーマ神はシヴァ神から授けられた斧で、数々のクシャトリヤを倒し、世の中に平和をもたらしたと伝えられます。

そんなパラシュラーマ神は、ハヌマーン神とともに、7人のチランジーヴィー(不死者)に数えられる存在です。
悪を滅ぼす術を会得したパラシュラーマ神は、カリ・ユガの最後、ヴィシュヌ神の10番目の化身であるカルキ神があらわれ世界の悪を滅ぼす時、カルキ神の師になると信じられています。

チランジーヴィー(不死者)として、パラシュラーマ神は今どこにいるのでしょうか。
一説に、パラシュラーマ神はマヘーンドラ山脈(オリッサ州)で苦行を続けているとされますが、パラシュラーマ神がいるのは、私たちの内なる世界でもあります。

欲望に目がくらみ、自分自身の役割や本質をいとも簡単に見失う私たちは、日々の中で繰り返し混乱を経験します。
真の幸福に至るためには、本質に定まり、自分自身の内に潜む混乱を鎮める術を学ぶ必要があります。
パラシュラーマ神は、シヴァ神への長い苦行の賜物として、その術を獲得し、世界に平和をもたらしました。

私たちが神々に心を定め自分自身の役割をまっとうする時、それは何よりもの苦行となり、世界は真の幸福に向かって巡っていきます。
不滅を意味するアクシャ・トリティーヤーに、パラシュラーマ神の存在を明確にし、永遠の幸福に留まる術を学びたいと感じます。
そうして個々の内にパラシュラーマ神が生き、世界に平和がもたらされることを心より願っています。

(文章:ひるま)

新型コロナウィルス緊急アンナダーナ活動報告(その53)

新型コロナウイルス緊急アンナダーナにご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

昨年の3月25日に始まった新型コロナウイルス感染拡大防止のためのインド全土の封鎖は、段階的な緩和が行われ、9月に第1波の感染拡大のピークを迎えました。
9月以降は減少傾向が続いていましたが、今年の3月以降に急速な勢いで感染の再拡大が進み、現在は第2波が深刻となっています。
これまでに累計感染者数は2107万人、死者数は23.0万人を超えました。

食事の奉仕は、5月1日に500皿(第97回目)、5月4日に500皿(第98回目)を配ることができました。
メニューはどちらもダール・チャーワル(豆のカレーとご飯、1皿45ルピー)です。

食事の奉仕を行う首都のデリーでは、都市封鎖が行われていますが、奉仕を行うチームは通行許可(外出許可)を得ているため、奉仕を継続することができています。
5月1日には、これまで継続してきた経済的に困窮する人々が暮らす地域を中心に奉仕を行い、5月4日には、医療用酸素を待つ人々が集まる場所での奉仕を行いました。
感染が深刻な勢いで拡大しているデリーでは、医療用酸素の供給が滞り、病院では病床があっても受け入れられないなどの逼迫した状況が続いています。
入院先を見つけられなかった患者の家族や病院職員までもが、医療用酸素を求めて長い列を作っています。

現在、インドは昨年のような厳しい全土封鎖は行っていませんが、各州で封鎖や外出禁止などの措置がとられています。
5月中には第2波のピークを迎えると予測されていますが、連日30万人を超える新規感染者数に不安を拭えない状況が続きます。
何よりも、この状況中でさまざまに苦しい思いをされている方が多くいます。
食事の奉仕を通じて、少しでも皆様の温かいお気持ちが届くように、今後も可能な限り活動を続けていく予定です。

この度の温かいご協力に、心より御礼申し上げます。
次回の奉仕後、改めて、ご報告をさせていただきます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

アクシャヤ・トリティーヤーのプージャー時間(2021年)

2021年は5月14日にアクシャヤ・トリティーヤーの大吉日を迎えます(日本時間では15日)。

アクシャヤ・トリティーヤーは、願われた物事が、朽ち果てることなく永遠に幸運や成功を運び続けると伝えられる吉日です。この日は、ダーナ(布施)を行うもっとも吉祥な時でもあり、他者を想い、心からの寄付や贈与を行う人々の姿も多く見られます。この日に行われた物事は、輝きと共に永遠に続いていくと伝えられるように、他者を思いやる心は、時間とともに人々の心を育み、その幸福は社会全体に平和を生み出します。

アクシャヤ・トリティーヤーのティティは、2021年5月14日午前9時8分〜5月15日午前11時29分(東京時間)となります。このアクシャヤ・トリティーヤーは、惑星のあらゆる悪影響を受けない時とされ、ムフールタに関係なく、吉祥な時間に満ちていると伝えられます。中でも、以下の時間帯は、プージャーに適した時間であるとされています。皆様の祈りを通じて、世界に平和が広まりますように、心よりお祈り申し上げます。

・2021年5月15日午前4時36分〜午前11時29分(東京時間)

価値ある品物を購入する適した時間帯は、以下の通りになります。

・2021年5月14日午前9時8分〜5月15日午前11時29分(東京時間)

※ヒンドゥー教の暦には、48分単位で刻まれるムフールタと呼ばれる時間の概念があり、このムフールタによれば、1日の中にも吉兆な時間とそうでない時間があり、特定の行為に対して適切な時刻が定められています(ムフールタについて)。

参照:2021 Akshaya Tritiya Date for Tokyo

新型コロナウィルス支援募金活動報告(その30)

新型コロナウィルス支援募金にご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

4月29日に、身寄りのない高齢者や孤児が暮らす福祉施設へ、第17回目の物資の支援を行うことができました。
もっとも消費される食料品や生活必需品を中心に物資を集め、配送料を含めた合計は、Rs.27030(約40000円)です。

前回の支援から約1ヶ月後のお届けを計画していましたが、福祉施設に近い首都のデリーでは、感染拡大を受け都市封鎖が行われており、手配が難しい状況でした。
しかし、デリーから施設に向かう州境を超える許可も得られたことから、予定通り、前回の支援から約1ヶ月後にお届けすることができました。

都市封鎖の影響により、休業している店舗が多く、今回はいつもより少なめの物資となっています。
定番となった甘いお菓子のラッドゥーの手配もできませんでしたが、とりわけ重要な食料品は手配できたことに安堵しています。

インドの各地は40度を超えるもっとも暑い時期を迎えていることから、施設を訪れた際、外で過ごしている方はあまり見られませんでした。
しかし、いつものように喜んで迎え入れてくださり、また今回も率先して重い荷物の運搬を手伝ってくださったりと、施設の中は平和で、安らぎをいただいたような気持ちです。

福祉施設では、昨年の全土封鎖の際に、各方面からの支援が完全に途絶え、大変厳しい状況に直面しました。
400名を超える入居者がいる現在、最低限かつ基本的に必要とされるものに困る状況ではありませんが、都市封鎖が長引けば、再び困難な状況に直面する可能性があります。
世界中で大変な状況が続く中で、継続して温かいご支援をいただいていることが大変心強く、皆様への心からの感謝をお預かりしています。

インドは現在、第2波の感染拡大により、大変困難な状況に直面していますが、市中に惨憺たる光景が広がっているわけではありません。
しかし、病院や火葬場は溢れる人で混乱し、苦しい思いをされている方が多くいます。
お互いを思い合いながらこの困難を乗り越えることができるように、私たちも可能な限り、できる活動を続けていきたいと思います。

この度の温かいご協力に、心より御礼申し上げます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

ディヤーナ・ムドラー

泥沼のように混迷する社会に、心の落ち着かない時が続いています。
思い悩むことも少なくない今、5月の満月には、インドの地で深い苦悩を経験し、悟りを得た仏陀の降誕祭を迎えます。
静謐を湛える仏陀の表情には、苦難の先にある美しい平和を学ぶ瞬間が多くあります。

仏陀が見せるさまざまな姿のひとつに、ディヤーナ・ムドラーを示す姿があります。
ディヤーナ・ムドラーは、瞑想のムドラーと呼ばれる高尚なムドラーです。

このムドラーを実践するには、まず落ち着いた姿勢で座ります。
そして、手の平を上向きに、左手の上に右手を重ね、左右の親指の先端を合わせます。
合わせた左右の親指は上に伸ばし、そこに3角形のような空間を作ります。
この手の形を、足の上でゆったりと組むのがディヤーナ・ムドラーです。

右手と左手は、相反するものの象徴です。
それは、清浄と不浄、陽と陰、男性と女性、または自分と他者、さらには梵と我とも伝えられてきました。
ディヤーナ・ムドラーでは、悟りを象徴する右手が、幻影を象徴する左手の上にあります。
悟りが幻影を抑える形を示すこのムドラーは、何よりもまず、心身に調和をもたらすムドラーとして実践されてきました。

ディヤーナ・ムドラーにおいて合わせた左右の親指は、身体の左右を巡るエネルギーの通り道、イダーとピンガラの2つを結びつけます。
そこで呼吸の調整を行えば、左右の鼻孔を通じた呼気の流れが左脳と右脳に均衡を生み出します。
それぞれ異なる働きをする左右の脳の均衡が図られる時、私たちの心身は調和すると信じられてきました。
そうして生まれる調和の中で、悟りのエネルギーを高めるとき、真実を覆い隠す幻影は静まり、心に動揺のない瞑想状態が訪れます。

そして一説に、このムドラーで作られた3角形の空間は、仏教における3宝を象徴するといわれることがあります。
仏・法・僧の3宝は、私たちを幸せに導く働きをするものです。
このムドラーの中に、深い苦悩を経て悟りを得た仏陀の教えが秘められています。

私たちも、苦難が究極の悟りを得る機会となるように、この与えられた時に学びを深める必要があります。
古代から受け継がれるこうした叡智と向き合いながら、ひとりひとりの心が平和を得る時、社会には美しい蓮の花のような真の平和が広がるに違いありません。

(文章:ひるま)

※ディヤーナ・ムドラーは法界定印ともいわれ、宗派によって左右の手の置き方が異なる場合があります。
また、足の組み方によって、左右の手の置き方を変える場合もあります。

新型コロナウィルス緊急アンナダーナ活動報告(その52)

新型コロナウイルス緊急アンナダーナにご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

昨年の3月25日に始まった新型コロナウイルス感染拡大防止のためのインド全土の封鎖は、段階的な緩和が行われ、9月に第1波の感染拡大のピークを迎えました。
9月以降は減少傾向が続いていましたが、今年の3月以降に急速な勢いで感染の再拡大が進み、現在は第2波が深刻となっています。
これまでに累計感染者数は1798万人、死者数は20.1万人を超えました。

食事の奉仕は、4月24日に500皿(第95回目)、4月27日に500皿(第96回目)を配ることができました。
メニューはどちらもダール・チャーワル(豆のカレーとご飯、1皿45ルピー)です。
4月27日の実施では、食材が足りなくなってしまったため、カレーとチャパティーのセットを加えて500皿の奉仕を行っています。

食事の奉仕を行う首都のデリーでは、4月19日から6日間の予定で都市封鎖に突入しましたが、状況は改善せず、封鎖は延長されています。
現在は許可がなければ外出できない状況ですが、奉仕を行うチームは通行許可(外出許可)を得ているため、奉仕を継続することができています。
食材の確保に困難が生じていますが、これまでと同様、週2回のペースで、経済的に困窮する人々が暮らす地域を中心に、車両で移動しながらの奉仕を行っています。

第2波により危機的な状況に陥っているインドでは、1日の新規感染者数が連日30万人を超えています。
感染拡大を抑えるために、多くの地域が外出禁止や封鎖の措置を行っており、日銭を稼ぐ仕事で日々をつないでいる人々が仕事をすることができない状況に、とりわけ厳しい状況が伺えます。
医療崩壊に直面するデリーでは、行動することに恐怖を感じることも少なくありませんが、皆様から祈りとともにいただく温かいお気持ちに、大きな力をいただいています。
多くの人がとりわけ厳しい困難に直面する中、許可を取得し行動することができる今は、やるべきことに集中し活動を続けています。

この状況に萎縮し、何もできないような気持ちに駆られますが、特に祈りを通じては、その行為の結果として、必ず良い変化が生まれます。
古くから受け継がれてきた祈りが廃れることのないように、こういった時だからこそ、いつも以上に強く祈りを捧げたいと感じます。

この度の温かいご協力に、心より御礼申し上げます。
次回の奉仕後、改めて、ご報告をさせていただきます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

ブッダ・プールニマー(ウエサク祭)2021

2021年5月26日の満月は、ブッダ・プールニマーです。ブッダ・プールニマーは、仏陀降誕の日として世界中で祝われている盛大なお祭りです。

以下に、Wikipediaよりブッダ・プールニマー(ヴェーサーカ)の記事をご紹介します[1]。

ヴェーサーカ(パーリ語;サンスクリット語ではヴァイシャーカ)は、ネパール、シンガポール、ベトナム、タイ、カンボジア、スリランカ、ミャンマー、バングラデシュ、インドネシア、インドなどの南アジア、東南アジアの仏教徒による伝統的な年間行事です。
通常は、仏陀の降誕日とされていますが、実際には仏陀の降誕日、悟りの日(ニルヴァーナ)、成仏を包括する日とされています。
ヴェーサーカの正確な日にちは、各国に伝統的な太陰暦によって変化します。テーラワーダ(上座部仏教)の国々では、満月のウポーサタ日(仏教徒の安息日;不浄な心を清める日)に行われます。中国のヴェーサーカ日は、中国の太陰暦における第4月の8日目に行われます。西洋のグレゴリオ暦では、年によって異なりますが、毎年4月か5月に行われます。

●歴史
ヴェーサーカを仏陀の降誕会とする決議は、1950年にスリランカで行われた第一回世界仏教徒連盟(WFB)の会議で採択されましたが、仏教国における当時の祭典は、各国の古い伝統に基づいて行われていました。
ヴェーサーカにおいては、世界中の仏教徒は、仏陀の誕生日、悟りの日、成仏日を含む重要な行事として祝します。インドから仏教が伝来して、多くの外国文化に同化したように、ヴェーサーカは世界各国において独自の方法で祝されています。

●ヴェーサーカの祭典
ヴェーサーカにおいては、敬虔な仏教徒や信奉者たちは、祝典のために夜明け前に各地の寺院に集合し、仏旗を掲げ、仏・法・僧の三宝を讃える讃歌を歌います。帰依者たちは、師の御御足に捧げるための花、ろうそくや線香を持参します。これらの象徴的な捧げ物は、美しい花はすぐに萎れ、ろうそくや線香はすぐに燃え尽きるように、人生は儚く短いことを意味しています。帰依者たちは、あらゆるものの殺傷を避けるために、特別な努力を行い、この日は精進料理(ベジタリアン・フード)を摂ることが勧められています。特にスリランカなどのいくつかの国では、ヴェーサーカを祝するための2日間は、酒屋や食肉処理施設は、閉店するように政府の法令によって定められています。また、意に反して捕らわれていたおびただしい数の鳥、昆虫、動物が自由の象徴として放たれます。敬虔な仏教徒の中には、簡素な白装束をまとい、八正道に対する新たな決意を胸に、一日中寺院で過ごす人もいます。
敬虔な仏教徒は、教えに基づく五戒を遵守する誓約をし、高潔な日々を過ごしていますが、特に新月と満月の特別な日には、道徳、簡素、謙虚を実践するために八正道を遵守します。
またある寺院では、小さな幼児の仏陀像を祭壇の前にまつり、花で飾りつけられた小さなたらいに水を張り、帰依者が像に水をそそぐことができるようにしています。これは、悪い業(カルマ)を洗い清め、神々や精霊の祝福のもと、仏陀の降誕を再現する象徴的な行為になります。
帰依者たちは、僧侶による説法を聴きます。この日は、国や国民の繁栄と平和を願い、僧侶たちは仏陀によって語られた詩句を詠唱します。仏教徒たちは、仏陀が説いたように、他人を信頼し、他人の信条を尊敬し、調和を持って生活することを思い起こされます。

●他の人々に幸せを運ぶ
ヴェーサーカの祝日は、高齢者、障がい者、病人のような人々に幸せを運ぶ特別な努力をする日を意味します。この日には、仏教徒は贈り物を贈ったり、奉仕活動をしたりします。ヴェーサーカは、大きな幸せや喜びの時であり、自分の欲望を満たすのではなく、寺院での奉仕活動や、仏陀の教えを世間に示すために専念する時でもあります。また、敬虔な仏教徒たちは、仏陀を礼拝するために寺院に足を運んだ信奉者たちに、軽食や精進料理(ベジタリアン・フード)を提供する腕を競い合います。

ブッダ・プールニマー(ヴェーサーカ)は、日本ではウエサク祭(または花祭り、降誕会など)として親しまれています。京都の鞍馬寺では、5月26日にウエサク祭の行事が行われます。新型コロナウイルスの影響により、今年も昨年と同様、一般参加は取りやめ(関係者のみで行う)となっておりますが、仏陀の教えを学び、瞑想する良い機会にするとよいでしょう。

[1]Vesak, http://en.wikipedia.org/wiki/Vesak

2021年5月の主な祝祭

2021年5月の主な祝祭日をご紹介いたします。

5月〜6月は、インドの各地において酷暑期ともいわれる長く暑い夏が続きます。気温が45度を超える地域も出るほどの暑い夏が続く中で、1年の大吉日といわれるアクシャヤ・トリティーヤーや、世界中で祝福されるブッダ・プールニマー(仏陀降誕の日)など、5月には多くの祝祭が祝福されます。

5月7日 エーカーダシー
5月9日 プラドーシャ
5月10日 シヴァラートリー
5月12日 新月
5月14日 パラシュラーマ・ジャヤンティ
5月15日 アクシャヤ・トリティーヤー/マータンギー・ジャヤンティ/ヴリシャバ(牡牛座)・サンクラーンティ
5月16日 ヴィナーヤカ・チャトゥルティー
5月17日 アーディ・シャンカラーチャリヤ生誕祭
5月19日 ガンガー・サプタミー
5月20日 バガラームキー・ジャヤンティ
5月21日 シーター・ナヴァミー
5月23日 エーカーダシー
5月24日 プラドーシャ
5月25日 ナラシンハ(ヌリシンハ)・ジャヤンティ/チンナマスター・ジャヤンティ
5月26日 満月/ブッダ・プールニマー/クールマ・ジャヤンティ
5月27日 ナーラダ・ジャヤンティ
5月29日 サンカタハラ・チャトゥルティー

*地域や慣習によって、祝祭の日にちには差異が生じることがあります。

1年を通じた祝祭、またその詳細について、インド暦カレンダーでご紹介しております。

参照:Month Panchang

英雄のアーサナ

ヨーガには、英雄のポーズと呼ばれる座位のアーサナがあります。
ゆったりと座るこの姿勢が、なぜ英雄のポーズと呼ばれるのか。
その意味を探る時、このポーズは英雄と呼ばれる人物の姿勢について気づかせてくれます。
それは、勇気を持って困難に立ち向かう人物を意味します。

英雄のポーズは、ヴィーラ・アーサナと呼ばれます。
割座ともいわれるように、まずは正座で座り、かかとがお尻の脇に来るように、足を左右に開きます。
そして、膝は合わせたまま、お尻を床につけて座ります。
このポーズにはさまざまなバリエーションがあり、この姿勢が難しい場合は、片膝を立てて座ることもあります。

このポーズの意味は、ハヌマーン神の姿勢を通して学んだことがありました。
ハヌマーン神には、偉大な勇士という意味のマハーヴィーラという別名があります。
愛するラーマ神のために、山を持ち上げ海を飛び越え、困難を次々に乗り越えるハヌマーン神は、まさに英雄です。
そんなハヌマーン神は、ラーマ神のためにいつでも立ち上がることができるよう、片膝をついて座る姿勢がよく見られます。

ヴィーラ・アーサナは、そんなハヌマーン神の姿勢に似たポーズです。
瞑想や呼吸法において勧められるポーズでもあり、簡単そうに見えますが、関節の柔軟性を必要とする難しいポーズに数えられます。
特に膝や足首に感じる強張りは、お尻を床につけて座ることや、長い時間しっかりと座ることをとりわけ困難にさせます。
安定した座位のポーズでありながら、どこか不安定さを感じるポーズです。

その困難と向き合いながら実践するヴィーラ・アーサナを通じては、脊椎の基底に位置し、土の要素を持つムーラーダーラ・チャクラが活性化すると伝えられてきました。
ムーラーダーラ・チャクラが活性化すると、地にしっかりと足がついた、確かな安定を得ることができると伝えられます。

ハヌマーン神は、片膝をついた不安定な状態にありながら、その姿勢が揺らぐことはありませんでした。
そこには、ラーマ神という真実に安住した心から溢れる、どんな困難にも立ち向かう勇気があったからです。

そんなハヌマーン神の姿勢は、私たちが日々の生活を送る中で努めるべき姿勢でもあります。
ヨーガを通じて意識的にその姿勢に取り組むことで、私たちは確かな安定を得て、いかなる困難にも立ち向かう勇気を奮うことができるに違いありません。
そうして英雄として生きる時、一日一日を強く歩むことができるはずです。

(文章:ひるま)

第93回グループ・ホーマ(ラーマ・ナヴァミー)無事終了のお知らせ

第93回グループ・ホーマ(ラーマ・ナヴァミー)にお申込みいただきました皆様、誠にありがとうございました。

ラーマ神を礼拝する第93回グループ・ホーマは、4月21日に無事に終了いたしました。

プージャーの写真を以下に掲載させていただきます。

神々の祝福と、より良い体験がありますよう、心よりお祈り申し上げます。
第93回グループ・ホーマの実施内容はこちらよりご覧いただけます。