英雄のアーサナ

ヨーガには、英雄のポーズと呼ばれる座位のアーサナがあります。
ゆったりと座るこの姿勢が、なぜ英雄のポーズと呼ばれるのか。
その意味を探る時、このポーズは英雄と呼ばれる人物の姿勢について気づかせてくれます。
それは、勇気を持って困難に立ち向かう人物を意味します。

英雄のポーズは、ヴィーラ・アーサナと呼ばれます。
割座ともいわれるように、まずは正座で座り、かかとがお尻の脇に来るように、足を左右に開きます。
そして、膝は合わせたまま、お尻を床につけて座ります。
このポーズにはさまざまなバリエーションがあり、この姿勢が難しい場合は、片膝を立てて座ることもあります。

このポーズの意味は、ハヌマーン神の姿勢を通して学んだことがありました。
ハヌマーン神には、偉大な勇士という意味のマハーヴィーラという別名があります。
愛するラーマ神のために、山を持ち上げ海を飛び越え、困難を次々に乗り越えるハヌマーン神は、まさに英雄です。
そんなハヌマーン神は、ラーマ神のためにいつでも立ち上がることができるよう、片膝をついて座る姿勢がよく見られます。

ヴィーラ・アーサナは、そんなハヌマーン神の姿勢に似たポーズです。
瞑想や呼吸法において勧められるポーズでもあり、簡単そうに見えますが、関節の柔軟性を必要とする難しいポーズに数えられます。
特に膝や足首に感じる強張りは、お尻を床につけて座ることや、長い時間しっかりと座ることをとりわけ困難にさせます。
安定した座位のポーズでありながら、どこか不安定さを感じるポーズです。

その困難と向き合いながら実践するヴィーラ・アーサナを通じては、脊椎の基底に位置し、土の要素を持つムーラーダーラ・チャクラが活性化すると伝えられてきました。
ムーラーダーラ・チャクラが活性化すると、地にしっかりと足がついた、確かな安定を得ることができると伝えられます。

ハヌマーン神は、片膝をついた不安定な状態にありながら、その姿勢が揺らぐことはありませんでした。
そこには、ラーマ神という真実に安住した心から溢れる、どんな困難にも立ち向かう勇気があったからです。

そんなハヌマーン神の姿勢は、私たちが日々の生活を送る中で努めるべき姿勢でもあります。
ヨーガを通じて意識的にその姿勢に取り組むことで、私たちは確かな安定を得て、いかなる困難にも立ち向かう勇気を奮うことができるに違いありません。
そうして英雄として生きる時、一日一日を強く歩むことができるはずです。

(文章:ひるま)

第93回グループ・ホーマ(ラーマ・ナヴァミー)無事終了のお知らせ

第93回グループ・ホーマ(ラーマ・ナヴァミー)にお申込みいただきました皆様、誠にありがとうございました。

ラーマ神を礼拝する第93回グループ・ホーマは、4月21日に無事に終了いたしました。

プージャーの写真を以下に掲載させていただきます。

神々の祝福と、より良い体験がありますよう、心よりお祈り申し上げます。
第93回グループ・ホーマの実施内容はこちらよりご覧いただけます。

新型コロナウィルス緊急アンナダーナ活動報告(その51)

新型コロナウイルス緊急アンナダーナにご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

昨年の3月25日に始まった新型コロナウイルス感染拡大防止のためのインド全土の封鎖は、段階的な緩和が行われ、9月に感染拡大のピークを迎えました。
9月以降は減少傾向が続いていましたが、今年の3月以降に急速な勢いで感染の再拡大が進み、現在は第2波を迎えています。
これまでに累計感染者数は1588万人、死者数は18.4万人を超えました。

食事の奉仕は、4月17日に500皿(第93回目)、4月20日に500皿(第94回目)を配ることができました。
メニューはどちらもダール・チャーワル(豆のカレーとご飯、1皿45ルピー)です。
引き続き週2回のペースで、経済的に困窮する人々が暮らす地域を中心に、車両で移動しながらの奉仕となっています。

第2波が深刻となっているインドでは、1日の新規感染者数が連日過去最多を更新、現在は30万人を超えています。
食事の奉仕を行う首都のデリーでも、100人台で推移していた新規感染者数は2万8千人を超え、都市封鎖に突入しました。
都市封鎖は6日間の予定で発表されましたが、長引く可能性が大きく、出稼ぎ労働者たちは故郷へ戻ろうと主要駅に殺到するなど、昨年に見られた混乱が再び生じています。

デリーは先週末の外出禁止に続き、19日22時から都市封鎖のため外出することは禁じられていますが、食事の奉仕を行うチームは通行許可(外出許可)を得ているため、奉仕を継続することができています。
外出している人はほとんど見られませんが、経済的に困窮する人々が暮らす地域や労働者が集まりそうな場所で配膳を始めると、あっという間に食事を配り終えてしまう状況です。

現在、デリーの各地では食事の奉仕が行われています。
広大な土地に、多様な文化や思想、言葉、慣習が生きるインドでは、誰もが平等に受けられる細やかな社会福祉制度の実施は容易ではありません。
こうした危機の時、アンナダーナのような他者を思いやる伝統によって動く社会には、学ぶことが多くあります。
日本でも不安定な状況に憂苦する時が続きますが、こうした時は、思いやりの気持ちが社会に何よりも強いエネルギーを生み出すはずです。
皆様のお気持ちを通じて、社会に平和が広まるように、今後も可能な限り奉仕を続けていきたいと思います。

この度の温かいご協力に、心より御礼申し上げます。
次回の奉仕後、改めて、ご報告をさせていただきます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

新型コロナウィルス支援募金活動報告(その29)

新型コロナウィルス支援募金にご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

皆様からたくさんの温かいお気持ちをいただき、動物支援のご寄付が集まりましたことから、4月19日にデリーで動物を保護する施設へ医療物資を届けることができました。
医療物資の支援は、前回から約3ヶ月ぶり、第7回目となります。

獣医師の指導のもと、今回はRs.54650(約79000円)の医療物資を手配しました。
薬局にて8%の割引をいただいたため、配送料を含め、支払った金額はRs.50778(約73000円)となっています。
医療物資は、怪我をした動物や衰弱した動物のための治療薬が主なものとなっています。

医療物資は先週の週末にお届けする予定でいましたが、デリーでは感染が急拡大し、週末の外出禁止令が出されたことにより、お届けすることができずにいました。
そして週明けの月曜日、準備をしていたところで飛び込んできたのがデリーの都市封鎖のニュースです。
その日の夜から封鎖が始まることになったため、さまざまな対応に追われ、医療物資をお届けできたのは夜になってしまいました。
デリーの都市封鎖は6日間の予定ですが、感染状況から長引く可能性もあり、この時にお届けすることができ安堵しています。

インドでは、新型コロナウイルス感染の第2波が深刻になっています。
各地で外出禁止や封鎖の対策が取り入れられ、飲食店の残った食材が頼りであった地域の動物は、再び飢え始める可能性があります。
昨年、長く続いた封鎖においても、社会の中で弱い立場の存在がとりわけ大きな影響を被りました。
動物たちも同じで、保護施設では捨てられた動物を始め、地域でひどい怪我を負ったり衰弱している動物を中心に、可能な限り動物の保護を続けています。
救える命は限られ、医療物資はいくらあっても足りません。
少しでも痛みなく穏やかに過ごすことができるようにと、保護動物の治療を行っています。

動物支援へは皆様からたくさんの温かいお気持ちをいただいていることから、今後も支援を継続していく予定です。
この度の温かいご協力に、心より御礼申し上げます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

サラスワティー・ガーヤトリー・マントラ


・ॐ वाग्देव्यै च विद्महे ब्रह्मपत्न्यै च धीमहि ।
तन्नो वाणी प्रचोदयात्‌ ॥
・om vāgdevyai ca vidmahe brahmapatnyai ca dhīmahi |
tanno vāṇī pracodayāt ||

・オーム ヴァーグデーヴィヤイ チャ ヴィッドゥマヘー ブラフマパットニャイ チャ ディーマヒ
タンノー ヴァーニー プラチョーダヤートゥ
・意味:我らが言葉の女神(ヴァーグデーヴィー)を知り、ブラフマーの妃(ブラフマパトニ)を瞑想できるように
ヴァーニーよ、我らを導き給え

学問や芸術の女神として崇められる、サラスワティー女神のガーヤトリー・マントラのひとつです。
サラスワティー女神には、言葉の女神を意味するヴァーグデーヴィーという別名があります。
また、サラスワティー女神はブラフマー神の妃として崇められる存在です。
ブラフマー神は、ヒンドゥー教の三大神に数えられ、創造を司る神として崇められます。
言い伝えでは、ブラフマー神が世界を創造する際、無秩序で混沌とした状態が続いていたといわれます。
世界に平安をもたらすにはどうしたらいいかブラフマー神が考えると、それには正しい知識が必要であると女神が答え、その象徴であるサラスワティー女神が生まれたと伝えられます。
サラスワティー女神への礼拝によって、私たち自身の内なる世界には正しい知識や知性が生まれ、真に豊かな日々を築くことができると信じられます。

>

チトラ・プールニマー2021

インド南部のタミルナードゥ州では、4月26日に、チトラ・プールニマーが祝福されます。

チトラ・プールニマーは、タミル暦チッティライ月(4~5月)の満月に祝福されます。
この満月は、チトラ・プールニマーとして、チトラグプタへの礼拝が行われる時です。

チトラグプタは、死の神であるヤマに関連があるといわれます。
人は死す時、まずはその魂が死神ヤマのもとへ行くと信じられ、チトラグプタはそこで人々の行為の善悪の記録を読み上げ、死神ヤマに伝えると信じられます。
チトラ・プールニマーはこのチトラグプタの降誕日であると信じられ、この満月にチトラグプタへの礼拝を行うことで、過去の罪が清められると信じられています。

参照:https://en.wikipedia.org/wiki/Chitra_Pournami_(festival)

SNS上の振舞いは、肉体を離れた時の姿

インド人の多くが信じる輪廻転生ですが、日本人でもそれを信じている方は多いと思います。
インドにルーツを持つと言われるこの考えは、人間の魂は古くなった肉体を脱ぎ捨て(死をむかえ)、しばらくしてまた新たな肉体を纏って(人間とは限らないそうですね)、生まれてくるというものです。

長年瞑想をしておりますと、この考えはあながち与太話ではない、ということを感じるようになってきます。
肉体を持つ、という制限を設けることにより、よりたくさん魂を磨く修行をする、というのがその本質なのかもしれません。

ところで、SNSをやられている方も多いと思いますが、匿名性の高いSNS上では、中には傍若無人な振舞い(ネガティブな書き込みや誹謗中傷など)をする方も居る、というのはよく聞く話ではあります。

実はこれらの行為は、まさに肉体を失った魂がどのような行動をとるべきかのヒントになり得るかもしれません。
ネット上では、肉体は無く思考だけが存在するようなものですからあたかも肉体を離れた意識体だけの状態に近い、とも考えられるからです。

SNS上での振舞いは死後の自分の魂(意識体)の振舞いの相似形かもしれない、そう思うと色々考えさせられるものがありますね。
節度ある言動を心がけたいものですね。

(文章:ガネーシャ・ギリ)

‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥
ガネーシャ・ギリ氏共著 『インド占星術と運命改善法』

ガネーシャ・ギリによるインド占星術鑑定

ガネーシャ・ギリによるヨーガクラス
‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥

富が溢れる方角

財宝の神として崇められるクベーラ神がその地位を得たのは、一年の大吉日といわれるアクシャヤ・トリティーヤーであったと伝えられます。
クベーラ神は、鬼神であるヤクシャの主とされ、魔王のラーヴァナとは異母兄弟にあたります。
そんなクベーラ神が財宝の神として崇められるようになったのは、シヴァ神への苦行を熱心に行ったからでした。

クベーラ神は、かつて南のランカー島を支配していたことがあります。
しかし、ラーヴァナと対立した際にランカー島を奪われると、世界を放浪し始め、シヴァ神が住まう北のカイラーサ山に辿り着きました。
そこでシヴァ神への苦行を熱心に行うと、シヴァ神は喜び、財宝の神としての地位と、シヴァ神自身が住まう北の方角を守る重要な役割を与えたといわれます。

北の方角を守る役割を担うクベーラ神は、10の方角を守るダシャ・ディクパーラの1柱に数えられます。
インドでは、北向きに開く金庫を置いておくと、クベーラ神が富をいっぱいに満たしてくれるといわれることがあります。
そして、より多くの富が流入するように、住居の北側には広い空間を設け、流れを遮る物は置かないようにすることもあります。

鬼神であるヤクシャは、もともとは自然に住まう神霊とされ、特に水に関連すると伝えられてきました。
古代より、水のあったところには繁栄がありました。
肥沃な大地をもたらす水辺では文明が栄えただけでなく、心身の穢れを清める聖地として、精神的にも人々の拠り所となる場所になりました。

そして、クベーラ神が守る北の方角は、水の要素を持つ方角です。
また、磁場の関係から、北極がある北の方角からは豊かな流れが入るとも伝えられてきました。
ヴァーストゥにおいては、豊かな富が流入するように、北の方角に循環する水の流れを生み出すことが重要視されます。
例えば、北の方角に噴水を設けたり、水槽を置いたりして、清らかで豊かな流れを生み出すことが勧められます。

日々を豊かに過ごすには、何よりもこうして自然の恵みを敬う姿勢が欠かせません。
私たちを育むその偉大な力との調和なしに、真に豊かな日々を送ることはできないはずです。
クベーラ神は、シヴァ神への礼拝によって、財宝の神としての地位を獲得しました。
私たちも、自然への敬意を通じてクベーラ神を礼拝することで、クベーラ神は豊かな富を授けてくれるに違いありません。

(文章:ひるま)

新型コロナウィルス緊急アンナダーナ活動報告(その50)

新型コロナウイルス緊急アンナダーナにご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

昨年の3月25日に始まった新型コロナウイルス感染拡大防止のためのインド全土の封鎖は、段階的な緩和が行われ、9月に感染拡大のピークを迎えました。
9月以降は減少傾向が続いていましたが、今年の3月以降に急速な勢いで感染の再拡大が進み、現在は第2波を迎えています。
これまでに累計感染者数は1403万人、死者数は17.4万人を超えました。

食事の奉仕は、4月10日に500皿(第91回目)、4月13日に500皿(第92回目)を配ることができました。
メニューはどちらもダール・チャーワル(豆のカレーとご飯、1皿45ルピー)です。
引き続き週2回のペースで、経済的に困窮する人々が暮らす地域を中心に、車両で移動しながらの奉仕となっています。

新型コロナウイルス感染の第2波が深刻となっているインドでは、1日の新規感染者数が20万人を超え、過去最多を更新しています。
食事の奉仕を行う首都のデリーでも、100人台で推移していた新規感染者数は一気に増え、1万7千人を超えました。
とりわけ深刻なムンバイのあるマハーラーシュトラ州では、ロックダウンという言葉は使われませんでしたが、4月14日から15日間、それに近い対策が行われることが発表されています。

昨年、インドでは全土封鎖が突如として始まり、大都市で身動きの取れなくなった出稼ぎ労働者たちの帰郷による混乱が生じました。
今回も、再び厳しい全土封鎖が行われるのではないかと、帰郷を始める出稼ぎ労働者たちの姿が見られます。
食事の奉仕は、経済的に困窮する人々が暮らす地域に加え、労働者が集まりそうな場所を中心に行っています。
毎回、子どもたちの健気な姿に喜びを感じますが、5月から予定されていたCBSEの統一試験(日本の共通テストのようなもの)は、感染拡大に伴い中止や延期が発表されました。
1日も早く状況が落ち着き、子どもたちが健やかに学びを再開できることを願ってなりません。

インドでは4月13日から春のナヴァラートリーが始まり、また、新しい1年が始まった地域も少なくありません。
太陽の光が満ちるこれからの時は、大きな祝祭が続き、特にナヴァラートリーの9日間は、女神たちへの真摯な祈りが捧げられる時です。
不安定な状況が続く今、深く祈りを捧げ、世界の平安を心より願いたいと感じます。

食事の奉仕を行うデリーでは感染状況が深刻になっているため、状況を見ながら、今後も可能な限り、食事の奉仕を継続していく予定です。
この度の温かいご協力に、心より御礼申し上げます。

次回の奉仕後、改めて、ご報告をさせていただきます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

第92回グループ・ホーマ(ナヴァラートリー)無事終了のお知らせ

第92回グループ・ホーマ(ナヴァラートリー)にお申込みいただきました皆様、誠にありがとうございました。

ドゥルガー神を礼拝する第92回グループ・ホーマは、4月13日に無事に終了いたしました。

プージャーの写真を以下に掲載させていただきます。

神々の祝福と、より良い体験がありますよう、心よりお祈り申し上げます。
第92回グループ・ホーマの実施内容はこちらよりご覧いただけます。