マンガル・ドーシャ解消のためのマントラ


ॐ क्रां क्रीं क्रौं सः भौमाय नमः
om krāṁ krīṁ krauṁ saḥ bhaumāya namaḥ

オーム・クラーン・クリーン・クラウン・サハ・バウマーヤ・ナマハ

男女の出会いにおいて、大きな問題となる原因としてマンガル・ドーシャがよく知られています。
結婚生活における問題や、その他吉兆なイベントや仕事の障壁となる原因は、マンガル・ドーシャによるものと考えられています。
特に、結婚に関する問題は、このドーシャが非常に大きな影響を与えるといわれます。

火星(マンガル)は行動を象徴する惑星であり、ホロスコープで重要な役割を持ちますが、火星のエネルギーが正しいバランスで保たれている人々は、非常に少ないといわれています。
火星の良い面では、活力、意志、自信、モチベーションなどの特性が挙げられますが、逆にこれらは、対立、競争、支配などに繋がる可能性があります。
火星が特に「クジャ・ドーシャ」の影響を受ける時は、早すぎる死、パートナーの死などの象徴となることがあります。

チャート上で火星が傷ついているホロスコープは、マンガリック・ホロスコープとして知られています。
これは、火星がナタル・チャート(出生時の天宮図)において、1, 4, 7, 8, 12室のいずれかに配置される場合に当たります。
特に、結婚において良くない影響を与える配置として知られ、不快、苦痛、緊張関係、別居、離婚の原因と考えられています。
ただし、マンガリック・ホロスコープを持つ2人が結婚した場合は、これらの影響はキャンセルされるといわれています。

このマンガル・ドーシャ解消のためのマントラは、これらのマンガル・ドーシャを解消するためのビージャ・マントラからなる祈りです。
毎週火曜日に、レッドコーラルの数珠を用いて、このマントラを少なくとも108回唱えることが勧められます。
また、ハヌマーン神の礼拝を行うこともマンガル・ドーシャ解消のために役立つとされています。