バガヴァッド・ギーター第8章第27節

インド古典中もっとも有名なバガヴァッド・ギーターの原典講読です。
インドの霊的文化の支柱となる本書を、サンスクリット語の学習をしながらお楽しみください。

ती पार्थ जानन्
naite sṛtī pārtha jānan
ナイテー スリティー パールタ ジャーナン
この二つの道を知り、アルジュナよ

na【否定辞】〜でない
ete【女性・両数・主格、指示代名詞 etad】[〜は、〜が]これ
sṛtī【女性・両数・主格 sṛti】[〜は、〜が]道路、道;徘徊すること、輪廻
pārtha【男性・単数・呼格 pārtha】[〜よ]プリターの息子。アルジュナのこと。
jānan【男性・単数・主格・現在分詞 √jñā】[〜している]知る;〜を察知する、〜の知識を有する、(具格)によって認識する;悟る;覚える、経験する、確かめる、調べる;是認する;〜と考える、〜と仮定する、〜と推測する;認める、証す、許す

योगी मुह्यति कश्चन ।
yogī muhyati kaścana |
ヨーギー ムッヒャティ カシュチャナ
ヨーガ行者は誰も迷わ(ない)

yogī【男性・単数・主格 yogin】[〜は、〜が]ヨーガ行者、修行者、実践者
muhyati【三人称・単数・パラスマイパダ・現在 √muh】[彼は〜、それは〜]迷う、困惑する、混乱する;誤る、欺かれる、惑わされる
kaścana【男性・単数・主格、不定代名詞、kim + cana】[〜は、〜が]誰か、誰かある人、何か、何かあるもの)

तस्मात् सर्वेषु कालेषु
tasmāt sarveṣu kāleṣu
タスマート サルヴェーシュ カーレーシュ
したがって、あらゆる時において

tasmāt【男性・単数・従格、指示代名詞 tad】それ故に、そのために、したがって、だから、その結果
sarveṣu【男性・複数・処格 sarva】[〜らにおいて、〜らのなかで]すべての、一切の、各々の;全体の
kāleṣu【男性・複数・処格 kāla】[〜らにおいて、〜らのなかで]時;機会;季節;食事;時間;年、時代;音律;運命;死;死の神

योगयुक्तो भवार्जुन ॥
yogayukto bhavārjuna ||
ヨーガユクトー バヴァールジュナ
ヨーガに専心した者であれ、アルジュナよ

yogayuktas【男性・単数・主格、限定複合語 yogayukta】[〜は、〜が]瞑想に専心した、ヨーガを行ずる
bhavati【三人称・単数・パラスマイパダ・命令法 √bhū】[それは〜せよ、彼は〜せよ]ある、存在する、〜となる;生じる
arjuna【男性・単数・呼格 arjuna】[〜よ]アルジュナ

नैते सृती पार्थ जानन्योगी मुह्यति कश्चन ।
तस्मात्सर्वेषु कालेषु योगयुक्तो भवार्जुन ॥२७॥

naite sṛtī pārtha jānanyogī muhyati kaścana |
tasmātsarveṣu kāleṣu yogayukto bhavārjuna ||27||
アルジュナよ、この二つの道を知れば、ヨーガ行者は決して迷うことはない。
したがって、あらゆる時において、ヨーガに専心した者でありなさい。