サンスクリット語の子音 その5

Background with ancient sanskrit text etched into a stone tablet
サンスクリット語の子音の続きです。

今回の発音/文字は次の5つです。

唇音

デーヴァナーガリー

カタカナ

IAST

音声記号

備考

無気音

「パ」

pa

pə

有気音

pha

pʰə

無気音

「バ」

ba

有気音

bha

bʱə

鼻音

「マ」

ma

このグループは唇音(しんおん)と言われ、
上唇と下唇を接触させて発する音です。

パ、バ、マは日本語とほぼ同じ発音ですので、特に難しくはないですね。
カタカナではパ、、バ、、マと便宜的に書き(太字は息を強く出しながら発音)
ローマ字(IAST)では、pa、pha、ba、bha、maを使います。

唇音が入っている単語の例

पाप pāpa パーパ (悪、罪)の「パ」(無気音)
कफ kapha カ (粘液:アーユルヴェーダに基づく三つの体質のうちの一つ)の「」(有気音)
ただし現代語の発音では「カファ」と聞こえます
बल bala バラ (ちから)の「バ」(無気音)
महाभारत  mahābhārata (マハーーラタ、叙事詩の名前)の「マ」(鼻音)、「」(有気音)
ちなみに、ヒンディー語でのインドの国名は
भारत गणरज्य bhārata gaṇarajya (現代語読み ーラト・ガナラジャ)です。
मकर makara マカラ (伝説上の怪魚。ワニ、サメ、イルカ等と同一視される。占星術では山羊座に相当)
の「マ」(鼻音)

ここまで、25の子音を紹介しました。

次回は子音のなかで半母音(あるいは中間音、接近音)と呼ばれるグループを紹介します。

(文章:prthivii)