スタッフ日記:第7回アンナダーナ終了しました!

第7回アンナダーナにお気持ちを寄せていただきました皆さま、本当にありがとうございます。今回も滞りなく無事に終えることができました。

先日のホーリー祭は色水を投げるには少し肌寒いくらいでしたが、デリーあたりはもうすっかり夏の陽気になりました。今回もたくさんの方にお気持ちをお寄せいただき、予定通りのメニューにデザートのハルワー(ハルヴァ)を加え、1,000人以上の方々へ奉仕することができました。

今回はもうだいぶ暑くなり、準備も整ったので、裏ではまだプーリーを揚げたりしていましたが、11時半頃には配り始め、15時頃には配り終えてしまいました。今回も時間的にたくさんの人が殺到してしまう時があり、少しパニック。「アーラーム・セー!アーラーム・セー!(落ち着いて!落ち着いて!)」の連呼でした。

準備時間も冬の間より早まって、7時過ぎにスタート。「調理の作業は日本のように衛生的でないから、日本の皆さん、写真を見たらびっくりしない?」と心配をされてしまいましたが、インドをご存知の方も多いと思うので、ご理解をいただけると思います。第7回目となりましたが、扱う食材等を注意してくれているので、ここまで何の問題もなく実施できています。これから酷暑期に入るので、細心の注意を払っていきたいと思います。

いつも準備をしてくださるケータリングの皆さん。ありがとうございます。

13時頃。人がたくさん集まり始めます。

あっという間に大行列。

大混雑でした。

今回もたくさんの子どもたちに喜んでもらえようです。

(写真を掲載しきれなかったので、Facebookにアップロードしました。こちらからもっとたくさんの写真をご覧いただけます。)

皆様の温かいお気持ち、改めまして心より御礼申し上げます。ケータリング・スタッフの都合もあり、現在のところ一度に奉仕できる量が限られてしまう状況ですが、ご寄付がたくさん集まっているので、来月は孤児院や病院でのアンナダーナを計画しています。計画が整い次第、またご案内をさせていただきたいと思います。

アンナダーナを通じ、皆様にも大きな恩寵がありますように。

(スタッフ:ひるま)