スタッフ日記:フードサービス

チャイルドスポンサーシップ、そしてフード・サービス・プログラムにご支援をいただいている皆様、本当にありがとうございます。

今日はフードサービスについてご紹介いたします。病院の配給は、毎日13:00頃から食事作りがスタートします。作るのはだいたい200食分。病気が蔓延する雨季などは、特別に配給量も多くなります。年中暑いケララなので、煮えたぎる大きな鍋を世話するのは本当に大仕事です。熱々の食事を小鍋に分けて、17:30ころにリキシャで病院へ。

15年前に初めてこの病院を訪れた時の写真が出てきました。病院の周りには新しい建物がたくさんできて、おしゃれなカフェもできました。15年経って、インドは本当に発展しました。でも、この病院での配給は何も変わりません。この15年間、一日も休むことなく、いつも同じ時間に、配給が行われています。

今日も、明日も、明後日も、毎日配給は続きます。

(スタッフ:ひるま)