ヨーニ・ムドラー

目まぐるしく変化をする現代社会において、休むことなく動き続ける私たちは、多くのストレスを抱えています。
溢れる情報の中で、大切なものを見失うことも少なくありません。
そんな社会を生きる時、古代から伝えられる叡智の実践が大きな力を発揮します。
その一つが、ヨーニ・ムドラーです。

ヨーニは、シヴァリンガムの土台として崇められることが多くあります。
シヴァリンガム(男性エネルギー)と結合したヨーニ(女性エネルギー)は、誕生や調和の象徴です。

ヨーニという言葉には、子宮、陰門、母胎、起源、貯蔵所などといった意味があります。
ヨーニ・ムドラーは、母親の子宮の中で守られる胎児のように、外界から完全に自分自身を切り離す象徴があります。
それは、自分自身の起源に戻ることを意味します。

ヨーニ・ムドラーでは、両手で胎児が包まれるような形を作ります。
まず、両手の親指の先、また、両手の人差し指の先を合わせます。
そして、中指、薬指、小指の3本の指の背をくっつけるように、内側に曲げ込みます。
子宮の中で胎児が眠るようなこの手の形を、親指がお臍に向くように、お腹のあたりで組むのがヨーニ・ムドラーです。

親指は大宇宙である梵、人差し指は小宇宙である我をあらわします。
これが結びついた輪の中に、自分自身が繋がります。
このムドラーを通じては、外側に向いていた意識が内側へ向き始めます。
そうして自分自身の源に繋がることで、心身は落ち着き、深い安らぎがもたらされると伝えられます。

何よりも、こうして意識的に外界から自分自身を切り離すことで、私たちは離欲を実践することが可能となります。
あらゆる物事に対し中立を保つ離欲は、万物の源に安住することでもあります。
その平安の中で自分自身の本質を理解するとき、あらゆる苦悩は消えていくに違いありません。

忙しない日々の一瞬においても実践できるムドラーは、私たちの意識を磨き、より豊かな日々へと導いてくれるはずです。
時を超えて受け継がれるこうした叡智を通じて、変わることのない幸福を見出したいと感じます。

(文章:ひるま)

※ヨーニ・ムドラーは、指で両目と両耳と鼻と口の6つを塞ぐ、シャンムキ・ムドラーとされることがあります。