スピリチュアルインド雑貨SitaRama

お知らせ

新型コロナウィルス支援募金活動報告(その34)

新型コロナウィルス支援募金にご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

7月10日に、身寄りのない高齢者や孤児が暮らす福祉施設へ、第20回目の物資の支援を行うことができました。
もっとも消費される食料品や生活必需品を中心に物資を集め、配送料を含めた合計は、Rs.33555(約50000円)です。

福祉施設への支援には、皆様からたくさんのお気持ちをいただいていましたが、都市封鎖が続いていたこともあり、物資の支援が滞っていました。
まだ感染状況が落ち着いていない地域もありますが、首都のデリーではだいぶ状況が改善し、都市封鎖の緩和が行われています。
今回は、前回から約2週間でお届けすることができました。

今回お届けした物資はこれまでとほぼ同様の生活必需品になりますが、定番となった甘いお菓子のラッドゥーも手配しています。
現在、福祉施設は安定した運営を行うことができ、700名を超える入居者がいますが、コロナ禍により、入居を希望する人が絶えない状況が続いています。
家族と一緒に暮らすことができない高齢者や子ども、精神的な病を抱える方など、入居の理由はさまざまです。
お届けする物資は数日で無くなってしまいますが、この厳しい状況の中、皆様の温かいお気持ちが何よりも支えになっています。

政府からは、新型コロナにより家族を亡くした子どもたちへの支援や遺族への支援が行われることが発表されています。
しかし、こうした支援を受けることができる人は少なく、路上で生活することを余儀なくされる人も多くいます。
必要とする人々へ皆様の温かいお気持ちが届き、明るい社会に向かうように、今後も福祉施設への支援を継続しながら、前向きな活動に取り組んでいきたいと思います。

この度の温かいご協力に、心より御礼申し上げます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3

RECOMMEND

RELATED

PAGE TOP