スピリチュアルインド雑貨SitaRama

雑記帳

ラーマ降誕祭

2011年4月12日(火)は、ラーマ・ナヴァミといわれる世界中で祝われるラーマの降誕祭です。
「ナヴァミ」は、サンスクリット語で、新月あるいは満月から9日目という意味があります。ラーマは、チャイトラ月(3月〜4月)の新月から9日目に生まれたといわれています。(日本国内では、4月12日〜13日にかけて、月齢が9日目となります)
この吉兆の日は、占星術では、すべての罪を滅ぼすよい影響があると信じられています。そのため、繁栄、健康、幸福、成就を願い、世界中の人々がこの聖なる日を祝福します。
ラーマ・ナヴァミの前身は、夏の到来を告げるこの時期に、豊作祈願のため、太陽に礼拝することが起源であるともいわれます。
ラーマはしばしば太陽の象徴とされますが、世界の言語を見ると、「ラ」の音が太陽や放射をあらわしている例をよく見ることができます。
・「ラー」 古代エジプトの太陽神(Ra)
・「アラー」 ユダヤ教・キリスト教・イスラーム教の唯一神(ラーにアクセント)
・「ラヴィ」 サンスクリット語の太陽(ravi)
・「ラディエンス」 英語の光輝(radiance)
・「ラジウム」 放射性物質(ラテン語の放射性(radius)から由来)
・「ラドン」 放射線源
など
古代の賢者たちは、天啓によって、自然界の目に見えるものから、目に見えないものまで、音として表現することができたといわれ、その最も顕著な例がサンスクリット語のマントラといわれています。
ラーマの御名は、罪を浄める大きな力があると、古くから言い伝えられています。
太陽の象徴であり、人々に光明をもたらすラーマの御名を、この聖なる祝日に唱えてみましょう。
参照:Rama Navami, http://en.wikipedia.org/wiki/Rama_Navami

コメント

この記事へのコメントはありません。

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3

RECOMMEND

RELATED

PAGE TOP