スピリチュアルインド雑貨SitaRama

フェスティバル

ディーワーリー2023:闇を破る神々の光

2023年11月12日(日本時間では13日)は、ヒンドゥー教の三大祭のひとつに数えられるディーワーリーの祝日です。

ディーワーリーは「光の祭典」として知られ、その名の通り、インド全国の街路や家々が、ろうそくや美しいイルミネーションで埋め尽くされる美しい祭典です。
この光の海は、単なる美しい風景ではなく、心の中にある闇、すなわち無知や欲望、悲しみや疑念を破り、真理や愛、希望へと導く力を象徴しています。

この祭典はカールッティカ月(10月~11月)の新月を中心に、前後約5日間にわたり行われます。
それぞれの日には、異なる神話や伝統に基づく祝福が行われます。

ディーワーリーは、サンスクリット語で「光の列」や「夜のイルミネーション」を意味する"ディーパーヴァリー"から名付けられました。
この名前の背後には、ヒンドゥー教の多くの神話や伝説が結びついています。

  • ラーマ神の凱旋: 14年間の亡命生活の中で、ラーマ神は誘拐された妃であるシーター女神を悪しきラーヴァナから救い出し、光に満ちたアヨーディヤーへと帰還しました。その帰還を祝い、人々は光を灯すことで、神々の勝利と人々への愛を讃えます。

  • ラクシュミー女神の降誕: 繁栄や幸運をもたらすラクシュミー女神は、ディーワーリーにおいて、乳海撹拌の中から誕生したと伝えられます。ディーワーリーはラクシュミー・プージャーが行われる時でもあります。

  • アルダナーリーシュヴァラの顕現: シャクティは、シヴァ神と完全に一体化するために21日間の苦行を行いました。その完成の瞬間、二人はアルダナーリーシュヴァラとして一つになり、その神聖な結合はディーワーリーの日に祝われます。

  • ナラカースラに対する勝利: 地獄のアスラを意味する悪鬼のナラカースラが、クリシュナ神またはカーリー女神によってディーワーリーの日に倒されました。ディーワーリーは、善が悪を常に克服するという宇宙の法則を表しています。

ディーワーリーは、ヒンドゥー教徒だけでなく、ジャイナ教徒やシク教徒にとっても非常に重要な祝祭です。
それぞれがこの日を祝う背景や理由は異なるかもしれませんが、共通の価値観や教え、すなわち正義、繁栄、調和、そして霊的な目覚めの大切さを共有しています。

多くの人々が新しい服を着て、美味しいお菓子を作り、家族や友人と楽しい時を過ごすこの特別な時期には、私たちの心にも新しい光が灯ることを祈ります。
そして、この祭典が、私たちの生活の中での善行や霊的な目覚めの大切さを再認識する機会となることを願います。

ディーワーリーは商業的な側面も持っています。
北インドの経済界では、新しい事業年度がこの日に始まり、新しい帳簿もこの日から始まるとされています。
これは、新しい年が成功と繁栄をもたらすことを願う象徴としての意味があります。

ディーワーリーの祭典が、皆様の人生に光と喜び、そして霊的な目覚めをもたらすことを心よりお祈り申し上げます。

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3

RECOMMEND

RELATED

PAGE TOP