アバヤ・フリダヤ・ムドラー

先行きが不透明な状況に、何かと不安を感じることが多い日々が続いています。
心にはさまざまな疑いや迷いが生まれ、重苦しい気持ちがなかなか晴れないことも少なくありません。
ヨーガには、そんな心を打破するためのムドラーの実践があります。

そのムドラーは、アバヤ・フリダヤ・ムドラーと呼ばれます。
アバヤには「恐れを知らない」、フリダヤには「心」という意味があります。
「恐れを知らない心」を意味するこのムドラーは、困難において恐れを払拭し、強く歩むための力を呼び覚ますとされるムドラーです。

このムドラーの実践では、まず、胸の中心で左右の手首を交差させます。
そして、左右の手の甲を合わせ、左右の小指、中指、人差し指を交差させて伸ばします。
右手の薬指と親指、左手の薬指と親指は、それぞれ先端を合わせて輪を作ります。
この手の形がアバヤ・フリダヤ・ムドラーです。

親指は火、人差し指は風、中指は空、薬指は地、小指は水というように、5本の指にはそれぞれ5元素の象徴があります。
このムドラーで薬指と親指が触れる時、地の要素が活性化すると伝えられてきました。
地の要素は、大地のようなどっしりと落ち着いた安定を生み出すとされる要素です。

そして、このムドラーを胸のあたりで組むことで、そこから生まれる安定は、心の座ともいわれるアナーハタ・チャクラのバランスを整えるとされます。
その心から生まれるバランスの取れたエネルギーの流れは、絡み合う他の指のように、身体をくまなく巡っていきます。
その過程で根深い不安が払拭されるとともに、閉塞感が解放され、日々を強く歩む力を得ることが可能になると伝えられます。

思うように動くことができない現在の状況においては、積み重なるストレスを感じることが少なくありません。
しかし、私たちはこうして与えられた状況に学び、外界の変化に揺さぶられることのない心を育む機会として、それらを生かすことができます。
何より、古代から時を超えて受け継がれる叡智は、どんな時でもその教えを示してくれています。
それらとともに歩む時、私たちは必ず光のある方に導かれるに違いありません。

(文章:ひるま)