サンスクリット語 īで終わる単音節の女性名詞

Om symbol clouds shaped on sky.

新年あけましておめでとうございます。

नववर्षे भवद्भ्यः सर्वेभ्योऽपि शुभाशयाः सन्तु।
navavarṣe bhavadbhyaḥ sarvebhyo’pi śubhāśayāḥ santu|
「新しき年に、皆様すべてに吉祥がありますように」

サンスクリット語という言語の魅力は
高度かつ精緻なその文法にこそあります。
それらの知識が積み重なっていった末に、
ただの記号や音でしかなかった文のなかから
意味を理解できたときの至福の喜びは
まさに神からの賜物かもしれません。

文法の説明は無味乾燥になりがちなので、
サンスクリット語を学ぶシリーズとは別に
今年はサンスクリット語にちなんだ
くだけた話も交えていきたいと思います。
よろしくお願いいたします。

 

新年最初のテーマは
ガーヤトリーマントラにも出てくる単語dhī-(思慮、知性)を例に、
īで終わる女性名詞のうち「単音節」といわれる名詞の格変化についてです。

単音節、というのは、母音を一つだけ含む語幹。
単音節のdhī-(思慮、知性)と
以前紹介したkālī-(カーリー女神)を比べてみましょう。

 dhī- (女性名詞、思慮) 単音節の例
 単数  両数  複数
 主格  dhīḥ  dhiyau  dhiyaḥ
 対格  dhiyam  dhiyau  dhiyaḥ
 具格  dhiyā  dhībhyām  dhībhiḥ
 為格  dhiye/dhiyai  dhībhyām  dhībhyaḥ
 奪格  dhiyaḥ/dhiyāḥ  dhībhyām  dhībhyaḥ
 属格  dhiyaḥ/dhiyāḥ  dhiyoḥ  dhiyām/dhīnām
 処格  dhiyi/dhiyām  dhiyoḥ  dhīṣu
 呼格  dhīḥ  dhiyau  dhiyaḥ

 

 kālī- (女性名詞、カーリー女神) 多音節の例
 単数  両数  複数
 主格  kālī  kālyau  kālyaḥ
 対格  kālīm  kālyau  kālīḥ
 具格  kālyā  kālībhyām  kālībhiḥ
 為格  kālyai  kālībhyām  kālībhyaḥ
 奪格  kālyāḥ  kālībhyām  kālībhyaḥ
 属格  kālyāḥ  kālyoḥ  kālīnām
 処格  kālyām  kālyoḥ  kālīṣu
 呼格  kāli  kālyau  kālyaḥ

 

dhī-という単語は、
ガーヤトリーマントラの中にも出てきます。

ॐ भूर्भुव: स्व:  om bhūr bhuvaḥ svaḥ
तत्सवितुर्वरेण्यम्  tatsaviturvareṇyam
भर्गो देवस्य धीमहि  bhargo devasya dhīmahi
धीयो यो न: प्रचोदयात् ।।  dhiyo yo naḥ pracodayāt.

最後の行、一番最初のdhiyoはdhiyaḥというのが元の形で、
後ろに子音で始まる単語が来るためdhiyoに変化しています。
dhiyaḥ という形は、dhī- の表で探すと
単数の奪格「知性のために」、単数の属格「知性の」、そして
複数の主格「知性たちは」、複数の対格「知性たちを」、複数の呼格「知性たちよ」、
すべて同じ形です。

はたして、どう意味を考えればよいのでしょうか?

ヒントは最後のpracodayāt。

これは「~を促したまえ」という動詞です。
dhiyaḥはその目的語になるので、複数、対格であり、
「知性を促したまえ」、と理解することができます。

(文章:prthivii)