サンスクリット語 現在形 1類動詞パラスマイパダ

サンスクリット

前回の記事では、サンスクリット語の動詞には
パラスマイパダ(能動態)とアートマネーパダ(反射態)という
区別がある、という話をしました。
 
パラスマイパダとはサンスクリット語で「他者のための語」を意味する文法用語で、
動作主以外の何かのために行為を行うときの活用。
 
アートマネーパダとは「自分のための語」を意味する文法用語で、
動作主自身のために行為を行なうときの活用。
 
ヴェーダ聖典ではそれぞれ意味の区別がはっきりありましたが、
時代が下るにつれてその違いは曖昧になっていき、
パラスマイパダだけで活用する動詞、
アートマネーパダだけで活用する動詞、
(文脈や韻律に合わせて)両方で活用する動詞
と、固定化されていきました。
 
今回は、現在形パラスマイパダの例として
√bhū (~なる、~ある)の活用を紹介します。
この動詞は、いわゆる「be動詞」と考えればよいでしょう。
また、bhū-(大地)、bhuvana-(世界)、などの語根でもあります。
 
もともとの「語根」√bhū が、
実際に活用するときには、bhava-という「語幹」に変身し、
その後に「語尾」がくっつきます。
 
サンスクリット語の文法家は、動詞を語幹の形によって10種類に分けました。
√bhū- は「1類」の動詞です。
 
「1類」の動詞は
 
1.語根の最後に-a-を添えた形が語幹になる。
2.最後に母音がくる語根(例:√bhū-、√ji-)、または、
最後が1個の子音でその前が短母音の語根(例:√ruh-)は、その母音はグナになる。
 
と説明ができます。
 
グナというのは母音の段階的な種類のこと。
サンスクリット語 グナとヴリッディ(以前投稿した表を参照してください)
√bhūの母音-ū-のグナは-o-なのですが、
最後に幹母音-a-がつくために、-av-a-、結果的にbhava-となります。
 
その他の動詞の語幹の例を見て、母音の変化に注目してください。

√bhū- (~なる)→ bhava-

√nī- (導く) → naya-

√ji- (勝つ) → jaya-

√pat- (落ちる)→      pata- (aのグナはaなので母音の変化は無し)

√ruh- (登る) →      roha-

 

このように形を変化させた「語幹」の後に付くのが「語尾」。
現在形パラスマイパダの語尾は、次のようなものです。

単数 両数 複数
1人称 -mi* -vaḥ* -maḥ*
2人称 -si -thaḥ -tha
3人称 -ti -taḥ -anti+

 
*語幹母音-a-は、m、vの前で長母音になります。
+語幹母音-a-は消滅します。

 

これらの語尾を、さきほどの√bhū -の語幹bhava-にくっつけてみましょう。

√bhū(~なる)の現在形パラスマイパダ
単数 両数 複数
1人称 bhavāmi
(私は~なる)
bhavāvaḥ
(私たち二人は~なる)
bhavāmaḥ
(私たちは~なる)
2人称 bhavasi
(あなたは~なる)
bhavathaḥ
(あなたたち二人は~なる)
bhavatha
(あなたたちは~なる)
3人称 bhavati
(彼は~なる)
bhavataḥ
(彼ら二人は~なる)
bhavanti
(彼らは~なる)

 

例文:

(1)देवाः असुरान् जयन्ति।
devāḥ asurān jayanti|
「神々はアスラたちに勝つ。」
(2)गजः गिरेः पतति।
gajaḥ gireḥ patati|
「象が山から落ちる。」
(3)कृष्ण त्वम् मनुष्यान् देवलोकम् नयसि।
kṛṣṇa tvam manuṣyān devalokam nayasi|
「クリシュナよ!あなたは人間たちを天界に導く。」
(4)मम पतिः वने भवति।
mama patiḥ vane bhavati|
「私の夫は森にいる。」

(文章:prthivii)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です