スピリチュアルインド雑貨SitaRama

雑記帳

神様からの贈り物

インドのゆったりとした時間に流されて部屋の外を眺めていると、スクーターの両脇にドラム缶のようなものを括りつけて颯爽とやってくる人が見えます。遠くの方でも、ラッパを鳴らしながらやってくるので、すぐにそれが牛乳売りのおじさんだと分かります。お店などでももちろん買えますが、このように毎日売りに来てくれるので、空いている容器を見つけて急いでおじさんを追いかけます。
 菜食のインドの人々にとって、乳製品は栄養価のある大切な食材です。インドの生活に欠かせないチャイだけではなく、ヨーグルトやパニールなど乳製品を使った料理が豊富で、そのアレンジの仕方もさまざま、飽きることがありません。そして牛は神聖な生き物として崇められているため、そのお乳は神様からの贈り物のように大切にされています。中でも、よく耳にするのが「ギー」。大量の牛乳を精製して精製して、さらに精製した後にできあがる、不純物が完全に取り除かれた純度の高いバターです。それ故、アーユルヴェーダでは薬としても使用され、アールティやプージャなどの儀式では、このギーが神様へと捧げられます。ギーへの賛歌もあるほどです。
 アーユルヴェーダのパンチャカルマ(5つのステップで体を浄化していく療法)を受けていた時のこと、「ギーは混じり気のない純粋なエネルギーで、それは私たちの生命エネルギーと同じである」と、あるドクターに言われたことがありました。私たちの体は、食物を代謝しながら血や肉や骨を生み出し、最後に生命=エネルギーを生み出します。それはギーの精製過程と一緒で、代謝が上手く行われれば体に不純物は残らず、純粋なエネルギーが生まれると言うのです。
 生き生きとしたエネルギーが溢れるよう、自分の体は常にきれいにしておきなさい、それは神様が宿る場所でもあるとパンチャカルマの最後にドクターは言いました。全ては自分の中にあると言うのです。
 話好きの優しいドクターはよく、ギーの入ったチャイを飲みながらそんな深い話をしてくれました。神様からの贈り物で、尚且つ純粋なこのエネルギーを体に入れることは、インドの人々にとってとても大切なことのようです。
(文章:ひるま)

コメント

この記事へのコメントはありません。

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3

RECOMMEND

RELATED

PAGE TOP