スピリチュアルインド雑貨SitaRama

雑記帳

神聖な空間へ至る道

日本を出発し、デリーに到着したのは元旦の夜でした。新しいデリーの空港には、巨大なムドラー(手印)が壁一面に掲げられ、そのあまりのきれいさと大きさに驚き、ここは本当にインドだろうかと戻って来たことを実感するのにずいぶん時間がかかりました。それでも、ムドラーに迎えられた半年ぶりのインドの香りは、長時間のフライトの疲れも吹っ飛ぶくらい、懐かしく、そして嬉しく、半年分の荷物が詰まったバックパックの重みさえ忘れるほどでした。
デリーからは、すぐにリシケシを目指します。新しい空港に降り立つのは初めてだったので、何人もの人にISBT(バススタンド)行きのバスを尋ねてまわります。インドでは度々あるのでもう慣れたものなのですが、何故か返ってくる答えがみな違うのです。分からないなら分からないと言ってくれれば済むのに、みんなが適当な場所を告げるので迷いに迷い、やっとバスを見つけ乗車。到着したISBTでは騙されないように注意しながら、どうにかリシケシ行きのデラックスバスのチケットを手にしました。深夜のバスに乗り込んでデリーを出発し、大好きなこの場所、リシケシに到着したのは翌朝のこと。変わらない神聖さに長旅の緊張がほどけていきます。
半年振りのリシケシは、凍てつくような寒さに包まれていました。早朝の濃い霧の中に浮かぶ寺院がそれはもう幻想的で、この場所が醸し出すその神々しさに体も心もすーっと引き込まれていきます。真冬のガンジス川はまさにエメラルドグリーン。アシュラムからはマントラが聞こえ、お香の香りが漂い、寺院の鐘が鳴り響きます。祈りの儀式に火が灯され、街中が光に包まれていました。牛たちがゆっくりと歩み、修行僧が瞑想を続けています。
 私がここを訪れるようになったのは、ヨガがきっかけでした。インドには以前からちょくちょく遊びに来てはいたものの、本来のヨガがどういうものなのかを知るべく、なんとなく訪れたこの場所に惹きつけられ、今では一年のうち半年をここで過ごしています。いつの間にか自分の部屋ができ、いつも母親のように世話をしてくれる友人ができました。精神的な豊かさがあふれているこの場所だからこそ、物がなくても何の不安も感じず、物がないからこそ身軽に、ここの生活を楽しんでいます。
インドの生活は、本当に面白い。一瞬一瞬を逃したくないくらい、毎日に起こる出来事に踊らされながら、今ここにいられることに感謝をする毎日です。ここでの生活は始まったばかり。これからの半年が楽しみで仕方ありません。
(文章:ひるま)

コメント

この記事へのコメントはありません。

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3

RECOMMEND

RELATED

PAGE TOP