スピリチュアルインド雑貨SitaRama

フェスティバル

ラマー・エーカーダシー2023

2023年11月9日はエーカーダシーの吉日です。
月の満ち欠けのそれぞれ11日目に訪れるエーカーダシーは、ヴィシュヌ神に捧げられる日となり、断食や瞑想を行うことが勧められます。

このエーカーダシーは、ラマー・エーカーダシーといわれます。
ラマー・エーカーダシーは、カールッティカ月(10月~11月)のクリシュナ・パクシャ(満月から新月へ向かう半月)の11日目にあたり、最大の罪を即座に根絶し、崇高な住居への道を与えられると伝えられる吉日です。
一説に、以下のような神話が伝わります。

かつて、ヴィシュヌ神を心から崇めるムチュクンダという有名な王が暮らしていました。
ムチュクンダ王には、ショーバナと呼ばれる若王と結婚したチャンドラバーガーという名前の娘がいました。
ある縁起の良い日に、ショーバナとチャンドラバーガーがムチュクンダ王を訪ねます。
その日は、ラマー・エーカーダシーの吉日でした。

ムチュクンダ王は戒律に従う敬虔な王であり、エーカーダシーにおいては日頃から周囲の誰もが断食を行なっていました。
その日も断食を行うべき日でしたが、ショーバナは体が弱く、断食ができないことをチャンドラバーガーも理解していました。
それでも、戒律に従い断食を行なったショーバナは、夜中に命を落としています。

すると、エーカーダシーの間に亡くなった恩寵により、ショーバナは美しい王国を与えられます。
しかし、ショーバナは信仰心からエーカーダシーの断食を行なったわけではなかったため、王国の美しさは一時的なものに過ぎませんでした。
それを永遠のものとするには、子どもの頃から信仰心のもとでエーカーダシーを努めていた妻のチャンドラバーガーの力が必要でした。

その事実を耳にしたチャンドラバーガーは、聖仙の力をかりて愛するショーバナに会いに行き、得ていた功徳をショーバナに与えます。
これにより、ショーバナの王国の美しさは永遠となり、そこで二人は幸せに暮らしたと伝えられます。

ラマー・エーカーダシーは、ヴィシュヌ神の妻であるラクシュミー女神の降誕祭、ディーワーリーの4日前にあたります。
そのため、このエーカーダシーを通じては、ラクシュミー女神の恩寵も授けられるといわれます。
ラマーはラクシュミー女神の別名であり、最愛の人や配偶者を意味する言葉であるとともに、幸運や喜びといった意味があります。

エーカーダシーは、神々に祈りながら断食によって感覚器官を統制し、体と心を清める吉日です。
エーカーダシーを通じ、皆様も充実した時をお過ごしください。

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3

RECOMMEND

RELATED

PAGE TOP