スピリチュアルインド雑貨SitaRama

雑記帳

神秘の力

生と死の根源として、そしてその喜びと痛みを究極なまでに経験する女性の体と心は、悟りという境地に非常に近い存在であると言われています。それは、痛みや苦しみと言うものが大きく深いほど解放を求めて強く突き動かされるのと同様に、その強さを兼ね備えた存在である女性の内なるエネルギーは、時にとてつもなく大きなものとして捉えられます。
大都市を除き、女性が家に残る慣習が深く根付くインドでは、一日中家を離れずにあらゆる仕事をこなす女性の存在が家庭を守るためには欠かすことができません。一方で古い風習は、月経中の女性は台所に立ち入らない、寺院にも近づかず、神様にも触れないなど、多くの厳しい規則を伝えています。それが時に、女性の存在が不浄のものであると解釈を与えてしまう中、生と死を司る女性が持つ力は凄まじいものであり、その神秘的なエネルギーを制御するために数々の風習が存在するとも言われています。
例えば、インドの家庭の玄関先で目にする、空間を浄化する役割を持つトゥルシー(ホーリーバジル)は、陰のエネルギーが強い月経中の女性が水やりを続けると枯れてしまうことがあると言われます。また、月経中の敏感な体温に刺激を与えないよう体を洗うことも避けるべき、などと、一つ一つの行いが神と女性の関係に深く結び付き、そして女性の持つ神秘なエネルギーが乱されないように守られていることに気づかされます。
それはインドの神々を見ていても分かります。ラーダー・クリシュナ、シーター・ラーマなどのように男女の神々は度々女性の名前が先に示され、女性神の存在は大きく尊重され大切にされています。このナヴァラートリの間にも、家々では近所の愛らしい女神、幼い女の子たちを集めたプージャが欠かせません。
今、人々は真摯に女神たちに祈りを捧げています。痛みと苦しみ、そして喜びと至福を経験しながら生み出されるその確かなエネルギーは、神秘的でありながらもこの季節の変わり目を穏やかに包み混み、人々の祈りによって、いつも以上に生き生きと辺りを渦巻いているように感じます。
一つ一つの小さな事柄に見て取れるここでの生きる術は、何にも代わらない、ただ自分自身の神聖さを磨くものなのだと、そう感じてなりません。ナヴァラートリの今、女神の恩寵が世界中に与えられることをここで祈っています。
(文章:ひるま)

コメント

この記事へのコメントはありません。

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3

RECOMMEND

RELATED

PAGE TOP