スピリチュアルインド雑貨SitaRama

雑記帳

マンガル・ガウリー・ヴラタ~幸せな結婚のために

126

シュラヴァナ月の月曜日はシヴァ神を礼拝するとりわけ吉兆な時となり、多くの人々が断食や瞑想を行います。この行いは、シュラヴァナ・ソーマヴァーラ・ヴラタと呼ばれます。

一方でシュラヴァナ月の火曜日は、マンガル・ガウリー・ヴラタと呼ばれる、シヴァ神の妃パールヴァティー女神への礼拝が行われます。これは主に、幸せな結婚を願う既婚・未婚の女性たちによって行われるもので、この間に断食や瞑想を行うことで、パールヴァティー女神が喜び、幸せな結婚が授けられると信じられています。この行いは、シュラヴァナ月の火曜日から続けて16週間行われる慣習もあります。

結婚生活に大きな影響を与える占星術的な影響として、マンガル・ドーシャが広く知られています。これは、行動を象徴する惑星である火星がもたらす悪影響であり、結婚の遅れや不協和を引き起こすと信じられてきました。

マンガル・ガウリー・ヴラタを行うことで、結婚に関するさまざまな障壁が取り除かれると伝えられます。未婚の女性たちは婚期が早まり、より良い人生のパートナーを獲得し、既婚の女性たちには夫の健康と、幸せな結婚生活が授けられると信じられます。

パールヴァティー女神は、シヴァ神と結婚をするために、大変な苦行を行いました。それ故、シヴァ神を礼拝するもっとも神聖な時と伝えられるシュラヴァナ月にパールヴァティー女神を崇拝することにより、幸せな結婚生活が授けられる恩恵が与えられると信じられています。

コメント

この記事へのコメントはありません。

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3

RECOMMEND

RELATED

PAGE TOP