スピリチュアルインド雑貨SitaRama

バガヴァッド・ギーター第2章

バガヴァッド・ギーター第2章第49節

दूरेण ह्यवरं कर्म
dūreṇa hyavaraṁ karma
ドゥーレーナ ヒヤヴァラン カルマ
実に、行為は遙かに劣る

d√reṇa【中性・単数・具格、d√ra】遙かに離れて;遠く隔たって;遙かに
hi【不変化辞】なぜならば、〜のために;真に、確かに、実に
avaram【中性・単数・主格】より低い、下位の、重要でない;低い、卑しい;次の、後の、より若い;より近い;西の
karma【中性・単数・主格】行為、作業;作用、職業;儀式;結果;運命(前世に行った行為の結果)、業

बुद्धियोगाद् धनंजय ।
buddhiyogād dhanaṁjaya |
ブッディヨーガード ダナンジャヤ
知性のヨーガより、アルジュナよ

buddhiyog√t【男性・単数・従格、限定複合語】知性のヨーガより、心の修練より、心の実修より
※行為と誠信の実修に必要な心的態度を指し、結果を期待しない行為をいう。すなわち、前述の成功・不成功に対して心を平等に保つ心統一を意味する。(宇野惇注)
dhanaṁjaya【男性・単数・呼格】ダナンジャヤよ。アルジュナの別名。名前は「富の征服者」の意。

बुद्धौ शरणम् अन्विच्छ
buddhau śaraṇam anviccha
ブッダウ シャラナム アンヴィッチャ
知性に庇護を求めよ

buddhau【女性・単数・処格、buddhi】知性において、精神において、心において、理性において
√araṇam【中性・単数・対格】庇護物、小屋、住み家;保護、避難;〜の許に避難すること、〜を求めて避難すること、庇護を求めて
anviccha【二人称・単数・パラスマイパダ・命令 anu√iṣ】[あなたは]探せ、捜索せよ、見抜け;試みよ;求めよ

कृपणाः फलहेतवः ॥
kṛpaṇāḥ phalahetavaḥ ||
クリパナーハ パラヘータヴァハ
結果を動機とする者は哀れである

kṛpaṇ√s【男性・複数・主格】哀しい;哀れな、憐れむべき;欲深い
phala【中性】果実;(果実の)核;結果;報い、報酬、利益、果報;報復、罰、損失、不利益;利得、享受;代償
hetavas【男性・複数・主格、hetu】〜の原因・動機・理由
→phalahetavas【男性・複数・主格、所有複合語】結果を動機とする者たちは、果報を動機とする者たちは

दूरेण ह्यवरं कर्म बुद्धियोगाद्धनंजय ।
बुद्धौ शरणमन्विच्छ कृपणाः फलहेतवः ॥ ४९ ॥

dūreṇa hyavaraṁ karma buddhiyogāddhanaṁjaya |
buddhau śaraṇamanviccha kṛpaṇāḥ phalahetavaḥ || 49 ||
アルジュナよ、実に、単なる行為は、知性のヨーガよりも遙かに劣る。
知性を拠り所としなさい。結果を動機とする者は哀れである。

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3

RECOMMEND

RELATED

PAGE TOP