スピリチュアルインド雑貨SitaRama

ガネーシャ・ギリ

いよいよ月食

日本では今年唯一の「食」の日がいよいよ来ます。
今回は皆既月食ですね。
食の時間帯は、おおよそ東京では11月8日の18時9分から21時50分くらいまでです。

世紀の天体ショー、と呼ばれるようなこともあったりするこの天体現象ですが、何度も書かせていただいているようにインドの伝統文化や占星術からみれば「大凶」です。
それを見たり、その光を浴びることによって大きく運気が落ちると言われています。

もちろん、そのような非科学的なことは信じない、という態度も否定はできません。
何を信じるのかは、個人よって違いますし自由ですから。

私ガネーシャギリは、2012年の「千年に一度の金環日食」の時から「食」を避けることをお勧めしてきましたが、今も、それは間違っていないという確信を持っております。

インドでは伝統的に何時間も前から、家を閉め切り籠り始めます。
霊的にエネルギーを観察して、そのやり方は正しいと思います。
しかし現代日本に住む私たちにとって、平日にそのような時間を取ることは難しい方が多く、現実的ではないでしょう。

ですので「食」の時間帯だけははカーテンを閉め切り家に籠る、ということを個人的にお勧めしたいと思います。
しかし「食」の始まりの時間は平日の帰宅時間帯にもあたり、これも一般的ではないかもしれません。
ですから、「食」の時間帯はカーテンを閉め切った状態になっているように工夫し、食が始まってから帰宅される方は家に帰ったらすぐにシャワーを浴びるようになさったらいかがでしょうか?

祭壇をお持ちの方は祭壇を布で覆うのがよいでしょう。
マントラを唱えることは、逆にその威力が増幅するため「吉」です。

ベストの対応は望めなくても次善の策を行うのは大切だと思います。
今回の月食は、世界的に大きな影響を及ぼすかもしれません。
なるべく運気を下げない対策をお勧めいたします。

(文章:ガネーシャ・ギリ)

ガネーシャギリと行く 東南アジア ヒンドゥーの神々巡礼ツアー (peraichi.com)

‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥
ガネーシャ・ギリ氏共著 『インド占星術と運命改善法』

ガネーシャ・ギリによるインド占星術鑑定

ガネーシャ・ギリによるヨーガクラス
‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥

コメント

この記事へのコメントはありません。

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3

RECOMMEND

RELATED

PAGE TOP