チャンダン・ティラカの力

インドの生活の中で欠かすことのできない行いに、ティラカ(印)を塗布する行いがあります。主に額に塗布されるこのティラカは吉兆の印とも言われ、インドでは現代社会でも多くの人々がティラカを塗布し、日常を過ごしています。

体の重要なポイントに塗布されるティラカの中でも、特に眉間は重要視されています。眉間は真実を見るための第3の目がある場であり、それは第6のチャクラとしても知られます。イダー、ピンガラ、スシュムナーの3つの主要なナーディ(管)はここで集結するため、解脱の三合流点(ムクタ・トリヴェーニー)と呼ばれます。第3の目のチャクラのバランスは、英知、識別力、啓発を授けます。一方、この領域が不調和であることは、精神錯乱、無感覚、幻視などの原因となります。

この眉間に塗布するティラカで重要なのが、チャンダン・ペースト(サンダルウッド・ペースト)です。チャンダンは、神々が最も愛する神聖な香りと共に、その冷却作用が広く知られています。額がひんやりとする感覚は、緊張や高ぶる感情を静め、そして感じ取る神聖な香りは、心身を深く落ち着かせてくれるものです。その状態は、私たちの内に大きな平安を生み出し、霊性の向上へと導いてくれるものとされます。

チャンダン・ペーストは、両手を使って準備します。この時、イダー・ナーディとピンガラ・ナーディが混ざり合います。イダー・ナーディとピンガラ・ナーディは、それぞれシャクティとシヴァあり、月と太陽であり、それぞれが調和しながら活性化することで、人としての成長が助長されると信じられます。

一方、右手のみで準備されたチャンダン・ペーストは、ピンガラ・ナーディのみに働きかけ、亡くなった人に対して塗布されます。これにより、ピンガラ・ナーディのみが活性化し、遺体の分解が進むとともに、より早く自然に還ることができると伝えられます。

神像や神々の絵を礼拝する際にも、その眉間にチャンダン・ペーストを塗布します。これによりピンガラ・ナーディが目覚め、その神格のエネルギーが周囲に充満すると信じられます。

チャンダンはサットヴァのエネルギーを持つため、霊性を向上させる目的で使用する場合は、何も混ぜずに、聖水のみで作ることが勧められます。クムクム(朱粉)、ハルディ(ターメリック)、サフランなどはラジャスのエネルギーを持つため、日々の生活においてその2要素のエネルギーを活用したい場合は、クムクム、ハルディ(ターメリック)、サフランなどと混ぜて使用することができます。

参照:K V Singh, “Hindu Rites and Rituals: Origins and Meanings”, Penguin

ピトリ・ガーヤトリー・マントラ


・ॐ पितृगणाय विद्महे जगतधारिणे धीमहि ।
तन्नो पित्रो प्रचोदयात् ॥
・om pitṛgaṇāya vidmahe jagatadhāriṇe dhīmahi |
tanno pitro pracodayāt ||

・オーム ピトリガナーヤ ヴィッドゥマヘー ジャガタダーリネー ディーマヒ
タンノー ピトロー プラチョーダヤートゥ
・意味:我らがすべての先祖を知り、母なる大地を瞑想できるように
先人よ、我らを導き給え

先祖を讃えるガーヤトリー・マントラです。
インド古代のヴェーダ聖典では、すべての家庭において、彼らの先祖の影響は避けられないと述べています。
これらの聖典では、先祖は、私たちと血縁関係で結ばれているというだけでなく、今生そして前世で、私たちの幸福な生活に関わった教師、指導者、模範的な人、友人であると明かしています。
したがって、恩恵、英知、守護、愛で私たちの生活を見守る先駆者であった無数の魂を、私たちは感謝の念をもって認識しなければなりません。
ヒンドゥー教では、私たちの先祖を供養する方法を定めており、瞑想、マントラの詠唱、祈りのような霊的実践を捧げることによって、先祖の繁栄祈願と供養を行います。

常夏のインドのちょっと不思議で怖い思い出

先日、唐突に思い出したのですが、初めてインドに行ったときに、不思議なちょっと怖い体験をした記憶があります。今日はこの話をご披露させていただきます。
1994年12月、ヨーガの師のツアーで、南インドのコーチ(当時はコーチン)のホテルに泊まった時のこと。
今も交流のある同室の仲間とホテルの部屋に入った時に、とてもざわざわしていることに気付いたのです。
ホテルの壁にはカーテンがかけてあるのですが、その向こう側がとてもざわざわしているのです。
角部屋でそのカーテンの方向には部屋が無かったので、窓かと思い、カーテンを開けるとただの壁でした。
なんだかとてもゾッとしたのを覚えております。
その後、レストランで夕食をとった後に部屋に戻っても、ざわざわは収まっていませんでした。
何やら音楽のようなものまで聞こえてきて(外部の音ではなく、なんだかこの世ならざる不思議な調べでした。)
薄気味悪くなって、同室者と相談し、枕元にグルの写真を置いて就寝しました。
結局何も起こらなかったのですが、ざわざわは部屋をチェックアウトするまで続いていました。
今であればそれが何であるかわかりますし、対処の仕方もわかるでしょう。
ただそれは今から25年以上も前の話ですし、私もまだ今ほど修行を積んでいませんでした。
若き日ちょっと怖かった思い出です。
この世の中は目に見えるものだけでなく、様々なエネルギーで構成されています。
中には人間に対し良くない作用をもたらすものもあります。
サーダナを積むことは、副次的な効果として身の回りにある様々エネルギーの干渉に対しても、解析し防御する能力も身に着けます。
こういうことがきっかけでヨーガやサーダナを始めるものありかもしれませんね。

(文章:ガネーシャ・ギリ)

‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥
ガネーシャ・ギリ氏共著 『インド占星術と運命改善法』

ガネーシャ・ギリによるインド占星術鑑定

ガネーシャ・ギリによるヨーガクラス
‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥

新型コロナウィルス支援募金活動報告(その15)

新型コロナウィルス支援募金にご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

3月25日に始まった新型コロナウィルス感染拡大防止のためのインド全土の封鎖は、経済状況の悪化を受け、6月以降、段階的な措置の緩和が行われています。
この措置の緩和により感染拡大が続いていますが、9月1日からはUnlock4.0と呼ばれる封鎖の更なる緩和が行われています。

段階的な封鎖の緩和により、飲食店が開き始め、地域の動物たちの多くは、十分な食事を得られている状況が見られるようになりました。
感染の拡大は続いていますが、社会経済活動の多くが再開されるようになったことから、動物への餌食は9月5日をもって、一旦終了とさせていただく予定です。

4月の中旬に始まった動物の餌食は、これまでに、20kg入りのドッグフードを12袋、与えることができました。
ドッグフードの合計は、Rs.29500(約43000円)となっています。
ミルクはまだ集計ができていない分がありますが、これまでにRs.25415(約37000円)を与えることができました。
嬉しそうに尻尾を振ってミルクを欲しがる姿が目に焼き付き、いざ餌食を終えるとなると、寂しい気持ちです。

一時期は、先の見えない状況に大きな不安を感じましたが、こうして餌食を終えることができ安堵しています。
しかし、半年近く餌食を行っていた地域の犬の中には、最近になって怪我をするようになった犬がいます。
封鎖の影響により、飼育できなくなった動物の放棄が増えたせいか、縄張り争いで怪我をする動物が多いといわれます。
今後は、こうした動物を保護する施設への医療物資の支援を継続していきたく、寄付ページは継続する予定です。

動物への餌食は終えますが、感染拡大は続いており、今後さまざまな面に封鎖の影響が出てくるとされています。
より良い形で皆様のお気持ちを届けることができるよう、今後も計画の上、支援を実施していきたいと思います。

これまでに温かいご支援に、改めて心より御礼申し上げます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

ティールタのあるところ

神々が住まうインドの4大聖地のひとつに数えられる南のラーメーシュワラム。
その周辺には、64の聖なるティールタが存在するといわれます。
ティールタは、主に水辺に関係する聖地を意味します。
中でも、とりわけ有名なジャターティールタは、ラーマ神がラーヴァナを倒した後、シヴァ神を礼拝するために身を清めようと、髪の毛(ジャター)を洗った場所として崇められる聖地です。

ラーメーシュワラムだけでなく、インドの寺院の多くには、大きな池などの水辺が存在します。
寺院に備わる池にはさまざまな呼び名がありますが、その多くは、ティールタと呼ばれ崇められています。
寺院を包み込む静寂を映し出すかのように備わるティールタには、言葉では言い表せないほどの美しさを垣間見る瞬間があります。

ラーマ神がその髪を清めたように、ティールタは寺院を訪れた人々が神に謁見する前に身を清める場所として重要視されていました。
また、寺院で唱えられるマントラの波動を吸収する池の水は、聖水としての恩恵をもたらすと信じられます。
その他、寺院の維持や供物の調理などにも、池の水は欠かすことのできないものであったとされています。

インドでは、約4ヶ月のモンスーンの間に、1年の75%の雨が降るといわれ、乾季にはまったく雨が降らないことも少なくありません。
寺院に備わる大きな池は、生活に欠かすことのできない水を供給する貯水池としての大きな役割を担い、周辺地域の水位の改善にも役立っていたと伝えられます。

信仰に基づいて受け継がれてきた池は、人々の生活に安定と繁栄をもたらしました。
しかし、文明とともに物質的に生活が豊かになった現在は、さまざまな理由により、池を備えない寺院が増えているといわれます。
かつてあった池も、手入れがされず、水の問題に直面している地域もあると伝えられています。

心身の穢れを清める聖地としてのティールタは、精神的にも物質的にも、人々の拠り所となる場所です。
持続可能で真に豊かな生活を受け継いでいくためにも、こうした叡智の価値を常に心に留めておきたいと感じます。
そして、それが明るい未来への渡し場となることを心より願っています。

(文章:ひるま)

カッター・ミーター・カッドゥーのレシピ

インドでは先祖供養の期間であるピトリ・パクシャが始まっています。ピトリ・パクシャの期間中は、贅沢は控え、菜食を努めることが勧められます。この間は、心身に刺激を与える玉ねぎとにんにくの使用も控えることが多くあります。

インド料理は、玉ねぎとにんにくをふんだんに使用した香り豊かな料理が多くありますが、玉ねぎとにんにくを使用しない美味しい料理も多くあります。その一つが、カッター・ミーター・カッドゥーです。カッター(खट्टा)は酸味、ミーター(मीठा)は甘味、カッドゥー( कद्दू )は南瓜を意味し、南瓜を用いた甘酸っぱいサブジー(सब्जी、野菜の料理)です。

カッター・ミーター・カッドゥーは、ナヴァラートリーやエーカーダシーなど、ヴラタ(誓願)の際にも多く食されます。

★カッター・ミーター・カッドゥー★

【材料】
・南瓜:500グラム
・油:大さじ2〜3
・フェヌグリーク・シード:小さじ1/2
・ヒーング:1つまみ(あれば)
・ターメリック・パウダー:小さじ1/4
・生姜:小さじ1(ペーストにする)
・グリーンチリ:2本(細かく刻む)
・コリアンダー・パウダー:小さじ1
・塩:小さじ1
・レッドチリ・パウダー:小さじ1/2
・ガラムマサラ:小さじ1/4
・マンゴー・パウダー:小さじ1/2
・砂糖:小さじ2
・コリアンダーの葉:大さじ2〜3(細かく刻む)

【作り方】
・南瓜の皮を剥き種を取り、小さめに切る。
・鍋に油を加え熱する。
・油が熱くなったら、フェヌグリーク・シードとヒーング(あれば)を入れて香りが出るまで炒める。
・ターメリック・パウダー、生姜、グリーンチリ、コリアンダー・パウダーを加え、さらに炒める。
・切った南瓜を加え、塩とレッド・チリ・パウダーを加える。
・2分ほど炒め、南瓜にスパイスをよく絡める。
・1/4カップの水を加え、蓋をして4〜5分ほど弱火で火を通す。
・一度蓋を開け、よく混ぜたら、再び4〜5分ほど弱火で火を加える。
・南瓜が少し柔らかくなり、水分が無くなったら、さらに1/4カップの水を加え、再び5〜6分ほど弱火で火を加える。
・南瓜が完全に柔らかくなったら、ガラムマサラ、マンゴー・パウダー、砂糖、コリアンダー・パウダーを加えよく混ぜる。
・炒めながら、さらに1分ほど火を通して出来上がり。15分以内で、美味しいサブジーが出来上がります。

※南瓜は皮付きのまま調理することも可能です。
※マンゴー・パウダーはアムチュール・パウダーと呼ばれ、熟す前の青いマンゴーを乾燥させ粉末にした酸味の強いパウダーです。入手できない場合は、少量のレモン汁などで代用できます。

カッター・ミーター・カッドゥーの作り方は、以下の動画が参考になります。

新型コロナウィルス緊急アンナダーナ活動報告(その18)

新型コロナウィルス緊急アンナダーナにご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

3月25日に始まった新型コロナウィルス感染拡大防止のためのインド全土の封鎖は、経済状況の悪化を受け、6月以降、段階的な措置の緩和が行われています。
この措置の緩和により感染拡大が続き、1日の新規感染者数が8万人を超える日があるとともに、累計感染者数は370万人を超えました。

この感染拡大が続く中、9月1日からはUnlock4.0と呼ばれる封鎖の更なる緩和が発表されています。
アンナダーナを実施しているデリー準州では、落ち着いていた感染者数が増加傾向にありますが、これまで閉鎖されていたメトロ(地下鉄)が9月7日から条件付きで再開されます。
教育機関はまだ閉鎖が続きますが、9月21日から、必要であれば学校へ赴き教師から指導を得ることができます。
また、対策を講じた上で、100人以下の集会も許可されるようになります。

食事の奉仕は、8月29日に500皿(第27回目)、9月1日に500皿(第28回目)を配ることができました。
メニューはどちらもダール・チャーワル(豆のカレーとご飯、1皿45ルピー)です。
続いていたガネーシャ降誕祭の期間中の実施となり、第28回目は、9月1日のガネーシャ降誕祭の最終日の実施となりました。
不安定な状況が続く中、ガネーシャ降誕祭の期間中に合計で3回の食事の奉仕を実施でき、食事を通じて喜びを共有できたことをとても嬉しく思います。
ガネーシャ神の恩寵を感じる時となりました。

高温多湿が続いていましたが、9月に入り、デリーでも少しずつ過ごしやすい気候になってきています。
感染拡大が続く中、社会経済活動の再開が行われていますが、仕事の機会を奪われた経済的に困窮する人々の生活は厳しい状況が続きます。
今後もより良い形で皆様のお気持ちを届けることができるよう、計画し実施していきたいと思います。

この度の温かいご協力に、心より御礼申し上げます。
次回の配給後、改めて、ご報告をさせていただきます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

ピトリ・パクシャ(先祖供養)の期間中の心得

2020年9月3日から17日まで、インドではピトリ・パクシャと呼ばれる先祖供養の期間が続きます。この間は、先祖が地上にもっとも近づくと言われ、熱心な先祖供養の行いが執り行われます。この間に心がける事柄についてご紹介いたします。

・ピトリ・パクシャの期間中は、祖先が何らかの形でその存在を私たちに知らせに来ると考えられています。したがって、自分の周囲にやってくる動物、鳥、虫を傷つけないことが勧められます。

・ピトリ・パクシャの期間中は、家の外に水や食べ物を置き、動物、鳥、虫がいつでも食せるようにすることが勧められます。

・ピトリ・パクシャの期間中は、助けを必要としている人に、進んで手を差し伸べることが勧められ、貧しい人には寄付を行うことが勧められます。

・ピトリ・パクシャの期間中は、贅沢を控え、食事は菜食に、飲酒や喫煙は避けることが勧められます。贅沢品を購入することも勧められません。

・ピトリ・パクシャの期間中は、祝賀行事は避けるべきであるとされ、何らかの朗報があった場合は、ピトリ・パクシャの期間を終えた後に祝賀を行うことが勧められます。

・ピトリ・パクシャの期間中は、カラスに水や餌を与えることが勧められます。カラスは死の神であるヤマ神の使いであると信じられる一方、祖先そのものであると信じられることがあります。

・ピトリ・パクシャの期間中は、悔い改める期間でもあるため、言葉や行動で人を傷つけないようにすることが勧められます。議論や争いに巻き込まれないようにし、嘘をつかないように注意します。

参照:5 Important things to do during Pitru Paksha
Pitru Paksha 2020 Shradh rules: Check out the dos and don’ts

物事を受け入れる強さを得るためのガネーシャ・マントラ

ガネーシャ神は、突き出たお腹を意味するラムボーダラというという名前で崇められることがあります。
ガネーシャ神の大きなお腹には、さまざまな神話が伝わります。

その一つにおいて、ガネーシャ神の大きなお腹は、この全宇宙をあらわすと伝えられます。
悲しいこと、そして嬉しいこと、それらすべてを受け入れる(消化できる)のが、このガネーシャ神のお腹です。
それは、あらゆる物事を受け入れる大きな受容の力を象徴します。
私たちは、物事をあるがままに受け入れる代わりに、抵抗し執着をするために、さまざまに悩み苦しむといわれます。
全宇宙が抱合された、大きなお腹のガネーシャ神の姿を瞑想し祈ることで、あらゆる物事をあるがままに受け入れ、幸せに生きる力を手にすることができるといわれます。

・ॐ लम्बोदराय नमः
・om lambodarāya namaḥ
・オーム ラムボーダラーヤ ナマハ
・意味:突き出たお腹をもつ神に帰依いたします。

物事は全て、常に変化を続けています。
その事実を深く理解すれば、私たちは物事に執着せず、ただ受け入れ、その物事を超えた本質へと繋がることが可能となります。
このマントラは、その事実を理解する力を与えてくれるとともに、それを見つめる真の自分に気づくためのマントラでもあります。

ヴィシュヴァカルマン・プージャー2020

vishwakarma

2020年9月16日はヴィシュヴァカルマン・プージャーの吉日です。

ヴィシュヴァカルマン・プージャーは、北インドや東インドにて行われる祝祭です。

ヴィシュヴァカルマンは、インド神話においてあらゆるものを設計した神として知られています。現在でも、物造りや技術の神様として、工場などにおいて広く祀られ崇められています。

ヴィシュヴァカルマン・プージャーはヴィシュヴァカルマンの生誕日だとする説もありますが、あらゆるものを設計し、創造したとされるヴィシュヴァカルマンは全ての起源であるとされることから、生誕日が存在することはつじつまが合わないとする信仰もあります。

それでもこの日は特に、物造りに関わる人々にとってはとりわけ吉兆な時であり、ヴィシュヴァカルマンへのプージャーが熱心に執り行われます。

※ヴィシュヴァカルマン・プージャーは、ガネーシャ降誕祭の最終日であったり、カニャー・サンクラーンティ(太陽が乙女座に変遷する時)であったり、地域や慣習によって異なります。

参照:2020 Vishwakarma Puja