スピリチュアルインド雑貨SitaRama

雑記帳

ガネーシャ・チャトゥルティー

2007年9月15日は、ガネーシャ・チャトゥルティーと呼ばれる、ガネーシャ誕生祭の日です。
人々は、土でガネーシャ像を造ったり、露天で買ったりしたものを、数日間家でお祀りし、最終日には、水の中に沈め、その年の家内安全を祈願します。
ガネーシャは、さまざまな別名でも示されているように、智慧と幸運を支配するインドの神様です。そして、ガネーシャは、自身が最高の師であるため、師を持ちません。ガナ(群衆)のイーシャ(主)を意味するガネーシャは、師の中の師と呼ばれる存在です。
ガネーシャは、ねずみを乗り物としていますが、どうしてこのような小さなねずみを乗り物としているか不思議に思うかもしれません。
ねずみは、無知と暗黒の象徴です。ガネーシャは、ねずみに乗ることによって、ねずみが象徴している、無知と暗黒を支配することを示しています。
無知と暗黒を克服するために、以下のガネーシャ・マントラを唱えるのも良いでしょう。
「ヴァックラトゥンダ・マハー・カーヤ
スーリヤ・コーティ・サマップラバ
ニル・ヴィッグナム・クルメー・デーヴァ
サルヴァ・カーリェーシュ・サルヴァダ」
Vakratunda Maha Kaya
Surya Koti Samaprabha
Nir Vighnam Kurumey Deva
Sarva Karyeshu Sarvada
意味:
曲がった鼻の、大きな身体をした
太陽の数億倍もの輝きを放つ主よ
どうか我らに叡智を授け、障害から常に
自由になりますように
当日は、午前4時〜午前8時のブラフマムフルタと呼ばれる神聖な時間帯に、ガネーシャについて瞑想します。
それから、沐浴をして、寺院にいき、ガネーシャ神をお参りします。
ガネーシャ神への捧げものとしては、ココナッツや甘いお菓子が好まれます。
心からの祈りを捧げることで、霊性に関する障害、そして直面しているさまざまな現実的な問題を、ガネーシャ神が取り除いてくれるでしょう。
もちろん、ガネーシャ神の存在を肌で感じながら、自宅でお祈りしても構いません。
ところで、ガネーシャ・チャトゥルティーの期間中は、月を見てはいけないと言われています
月を見ることは、ガネーシャを侮辱することになると考えられているからです(※[1]参照)。
しかし、この行為の真意は、この日から、あなたの信じる神や師匠、宗教などを侮辱する悪い仲間とは付き合わないようにしなさいと解釈されています。
ガネーシャ誕生祭を機に、心新たに、仕事、勉強、家事に取り組むことで、ガネーシャ神の恵みとして、精神的に、肉体的に充実した日々を送ることができるでしょう。
参照
[1] 天竺迦羅倶利庵 http://plaza.rakuten.co.jp/jagannatha/diary/200509070000/

コメント

この記事へのコメントはありません。

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3

RECOMMEND

RELATED

PAGE TOP