スピリチュアルインド雑貨SitaRama

アンナダーナ活動報告

新型コロナウィルス緊急アンナダーナ活動報告(その46)

新型コロナウィルス緊急アンナダーナにご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

昨年の3月25日に始まった新型コロナウィルス感染拡大防止のためのインド全土の封鎖は、6月以降、段階的な措置の緩和が行われています。
インド全体では感染拡大のピークを過ぎるも、これまでに累計感染者数は1147万人、死者数は16.1万人を超えました。

食事の奉仕は、3月13日に500皿(第83回目)、3月16日に500皿(第84回目)を配ることができました。
メニューはどちらもダール・チャーワル(豆のカレーとご飯、1皿45ルピー)です。
引き続き週2回のペースで、経済的に困窮する人々が暮らす地域を中心に、車両で移動しながらの奉仕となっています。

インド全体では、昨年の9月に感染拡大のピークを迎えた後は減少傾向が続き、1日の新規感染者数が1万人を下回る日があるなど、一部の地域で集団免疫を獲得したのではないかとの見方もありました。
しかし、再び感染拡大の兆候が見られ始め、ムンバイのあるマハーラーシュトラ州では、1日の新規感染者数が2万人を超えました。
食事の奉仕を行う首都のデリーでも、100人台の日が続いていた1日の新規感染者数は、400人を超える日が続いています。
インド全体では、これから第2波が来るとの見方もあり、予断を許さない状況です。

食事の奉仕は、感染拡大を防ぐために日時や場所を事前に決めずに、車両で移動しながらの奉仕が続いていますが、配膳を始めれば500食はあっという間に配り終えてしまいます。
今後もしばらくはこの形態での奉仕を予定していますが、大変な状況の中でも、こうして思う合う気持ちが社会を包み込み、明るい方向に進むように活動をしていきたいと思います。

あっという間に春を迎えた北インドでは、35度近い気温になる日も出てきています。
すっかり暑くなり、例年であれば、この陽気の中で色粉や色水をかけ合うホーリー・フェスティバル(今年は3月28日、29日)が祝福されます。
昨年に続き、今年も控え目なお祝いになりそうですが、日々にある喜びを見失うことのないように、食事の奉仕を通じて喜びを共有できればと思います。

この度の温かいご協力に、心より御礼申し上げます。
次回の奉仕後、改めて、ご報告をさせていただきます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

コメント

この記事へのコメントはありません。

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3

RECOMMEND

RELATED

PAGE TOP