スピリチュアルインド雑貨SitaRama

アンナダーナ活動報告

新型コロナウィルス緊急アンナダーナ活動報告(その113)

新型コロナウイルス緊急アンナダーナにご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

今週の食事の奉仕は、7月5日に500皿(第181回目)を配ることができました。
メニューはダール・チャーワル(豆のカレーとご飯、1皿45ルピー)です。
奉仕は引き続き、経済的に困窮する人々が暮らす地域を中心に、車両で移動しながら行っています。

特に北インドで記録的な厳しい暑さが続いていた今年は、7月3日に、全インドがモンスーンに入ったと伝えられました。
平年より6日早いとされていましたが、これからおよそ4ヶ月にわたる本格的な雨季の季節となります。
これまでのところ雨の少ない状況が続いていますが、7月に入ると大雨による災害が相次ぐため、穏やかなモンスーンとなるように心から願ってなりません。

一方で、新型コロナウイルスの感染状況は落ち着いており、社会経済活動が戻っていますが、他の国々と同様にインドでもインフレが深刻になっています。
奉仕を行う地域に暮らす人々は、その日をやっと暮らす経済的に困窮する人々が多く、1kgあたりのお米や小麦の値段が1ルピーでも上がると、日々の暮らしは大変な影響を受けます。
加えて、天候に左右される外での労働に従事している場合がほとんどであり、本格的な雨季の季節となった今、多くの不安が尽きません。

長きに渡るコロナ禍の影響を乗り越え、生活の再建に励む時を迎えていますが、追い打ちをかけるように困難が続きます。
皆様の温かなお気持ちを通じて、少しでも社会に安心を届けられるように、今後も食事の奉仕を継続していく計画です。

いつも温かいご協力をいただき、誠にありがとうございます。
次回の奉仕後、改めて、ご報告をさせていただきます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3

RECOMMEND

RELATED

PAGE TOP