スピリチュアルインド雑貨SitaRama

雑記帳

行いの意味

ありとあらゆるものが溢れ混在するインドの世界は、必然的にこの心をその中心へと定めてくれるように感じます。美しいものもそうでないものも、容赦なく飛び込んでくる日々の生活が、その瞬間に見るべくものを提示してくれているからかもしれません。
そんなインドにも、物質主義の波はそれまで以上にしっかりと押し寄せ、訪れる度に生活は便利になり、物事は容易く進むようになりました。しかし、富は一方に溢れ、貧はそのままに存在しています。俗の物が蔓延りながら、聖は変わらずに在り続け、物質と精神の境目がくっきりと目に入りこんできます。しかし、そんな世界の中に不思議なほどに測られた均衡を感じることがあります。
この極端な世界の中で過ごす日々が自分自身の心の波をくっきりと映し出す時、その波を宥めるように中心の存在を想いながら過ごす瞬間が、驚くほどに寂静を与えてくれるのです。静けさの中でその揺るがない安定を得た時、起こりうるあらゆる物事が気づきを得るための糧となることを実感し、日々の生活を丁寧に過ごさせてくれるのだと強く思います。クリシュナ神は述べています。
誰であっても 信愛によって
一枚の葉 一輪の花 一つの果物 あるいは水を捧げるならば
清い心によって為されたその供物を わたしは喜んで受けよう
何をしても 何を食べても 何を供え 何を施しても 
またどのような苦行を行っても
アルジュナよ 全てはわたしへの捧げものとするのだ
(バガヴァッド・ギーター9章26−27節)
この究極の世界の中での暮らしは、ただ、自分とこの世界全体である至上者との繋がりを深く認識させていきます。その気づきの中では、どんな行いも雑にすることはできません。「あらゆる行いをヨーガとしなさい」そう述べた師の言葉のように、一つ一つの行いが自分と至上者を繋ぐ大切な術となることを、ここでは片時も忘れることができないのです。
生きることは真実を理解するための行いに他ならないのだとこの世界での暮らしが教えてくれるように思います。ここでまたその行いに集中する日々を過ごすことができることに、ただただ感謝をし、日々の行いを努めています。
(文章:ひるま)

コメント

この記事へのコメントはありません。

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3

RECOMMEND

RELATED

PAGE TOP